喜多方市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福島県 > 喜多方市

喜多方市でのバッテリー上がり救援サービス

喜多方市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
喜多方市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

喜多方市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。喜多方市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

喜多方市全域および喜多方市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

喜多方市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
喜多方市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

喜多方市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

喜多方市のバッテリー上がり救援対応情報

喜多方市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

喜多方市のバッテリー上がり救援対応エリア

喜多方市のバッテリー上がり対応情報
  • 塩川/山都/熱塩加納/関柴/豊川/松山/岩月/熊倉/押切/高郷/山都/上三宮/花園/西四ツ谷/青葉台/慶徳/桜ガ丘/諏訪/清水台/一丁目/永久/屋敷免など

※喜多方市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

喜多方市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 喜多方市役所/喜多方市郷土民俗館/喜多方市立図書館/喜多方市美術館/喜多方蔵の里/喜多方プラザ文化センター/ひめさゆりの丘/喜多方蔵の里/日中温泉
  • 大和川酒蔵北方風土館/新宮熊野神社長床/喜多方市三ノ倉スキー場/熱塩温泉/喜多方市化石資料館/甲斐本家蔵座敷/そでやま夢交流館/山都体育館/山都森林スポーツ公園
  • 高郷体育館/福島県営荻野漕艇/喜多方市ラーメン館/御殿場公園/旧熱塩駅(鉄道公園)/蔵の里/蔵のまち美術館/新宮城跡/ふれあいランド高郷/喜多方市塩川体育館
  • 喜多方市エアパーク三ノ倉高原/喜多方市熱塩加納体育館/喜多方市熱塩加納運動場/喜多方市堂島屋内運動場/福島県営荻野漕艇場/日中線記念館・・・他

喜多方市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 塩川/姥堂/山都/荻野/会津豊川/喜多方駅

参考情報:喜多方市の警察署・市役所の連絡先

  • 喜多方警察署:喜多方市関柴町上高額字宮越537-10「TEL:0241-22-5111」
  • 喜多方市役所:喜多方市字御清水東7244-2「TEL:0241-24-5206」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー容量アップのデメリット

喜多方市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーを容量アップする場合、電力に余裕ができることによるメリットがありますが、メリットだけでなく以下のようなデメリットもあります。

購入価格が高くなる

性能が高いバッテリーに交換することになりますので、バッテリー本体の購入価格は高くなります。標準のものと比べて価格が2~3倍以上高くなることもあります。

重量が重くなる

容量アップするとバッテリー本体の重量が重くなる傾向があります。バッテリーにもよりますが数百グラム以上は重くなります。

自分で交換する場合

バッテリーはJIS規格に適合した汎用品になりますが、自分の車に適合するかどうかは良く調べてバッテリーを選ぶ必要があります。適合表にないバッテリーに交換する場合は、十分調べてから新しいバッテリーを選ばなければいけません。間違って買ってしまうと、せっかく購入したバッテリーが無駄になってしまいます。

電力を大量に消費する状況

バッテリー上がりが起きやすい状況とは、充電効率が悪く過放電が起きやすい状況です。夏場はエアコンの使用で消費電力が多いのにもかかわらず、エンジンがあまり回転しない状況が起きやすいと言えます。この状況に当てはまるのが夏場の渋滞です。

夏場は行楽シーズンで海や山などへドライブしたり、お盆の帰省などで交通量が増えて渋滞が起きやすいですが、車内の温度が高くなりますのでエアコンをフルに稼働して走行することが多くなります。そして渋滞時の走行は停止している時間が長く、走れたとしてもゆっくりですのでエンジン回転数も低い状態が続くため、バッテリーの充電効率も悪くなります。

また、渋滞中はブレーキも頻繁にかけなければいけませんので、ブレーキランプもそれなりに電力を消費しています。スマホも一人一台持っていることも多く、車内でスマホを充電する機会も多くなっています。この様に夏の渋滞は、バッテリーにとって過酷な状況となり負担が多くなります。

さらに駐車中に車内が暑くなるのを防ぐために、駐車中でもアイドリング状態でエアコンをかけっ放しにする方もいらっしゃいます。駐車中のエアコン利用も渋滞時と同様で、バッテリーにはかなりの負担をかけてしまいます。

※小さな子どもやペットだけが車内にいる状態で、駐車中にエアコンをかけたままにすると大変危険です。バッテリー上がりの影響などでエンジンが停止した場合、エアコンも停止して車内が蒸し風呂状態になる可能性があります。

性能低下によるバッテリーの寿命

一般的な運転をしている状態で、バッテリーの寿命は2~3年と言われることが多いです。長期間車に乗る機会がなかったり、短い距離の繰り返しばかりが続く運転や、渋滞などでアイドリング状態ばかりが続く運転の仕方をしている場合は、十分な充電が行なえませんのでバッテリーの寿命を早めてしまいます。

喜多方市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
喜多方市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→