二本松市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福島県 > 二本松市

二本松市でのバッテリー上がり救援サービス

二本松市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
二本松市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

二本松市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。二本松市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

二本松市全域および二本松市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

二本松市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
二本松市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

二本松市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

二本松市のバッテリー上がり救援対応情報

二本松市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

二本松市のバッテリー上がり救援対応エリア

二本松市のバッテリー上がり対応情報
  • 二本松/安達/岩代/東和地域
  • 二本松/塩沢/岳下/杉田/大平/油井/渋川/上川崎/下川崎/小浜/新殿/旭/上太田/針道/木幡/太田/戸沢など

※二本松市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

二本松市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 二本松市役所/二本松文化センター/二本松市民会館/霞ケ城公園/オートキャンプいわしろ高原/道の駅安達/道の駅ふくしま東和/岳温泉/霞ヶ城跡/東北サファリパーク
  • 安達太良山/安達ケ原公園/エビスサーキット/あだたら渓谷奥岳自然遊歩道/あだたらエクスプレス/二本松城/あだたら高原リゾート/安達太良カントリークラブ/二本松神社
  • 二本松歴史資料館/あだたら高原スキー場/二本松塩沢スキー場/あだたら高原美術館/塩沢温泉/小浜城跡/東和ロードレース/阿武隈競艇場/名目津温泉/夏無沼自然公園・・・他

二本松市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 二本松駅/杉田駅/安達駅

参考情報:二本松市の警察署・市役所の連絡先

  • 二本松警察署:二本松市若宮2丁目163-5「TEL:0243-23-1212」
  • 二本松市役所:二本松市金色403番地1「TEL:0243-23-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりでエンジンがかからない時

二本松市(バッテリー上がりトピックス)

車のエンジンがかからない原因として、よくバッテリー上がりがあげられます。バッテリ上がりは、車のトラブルで一番多いですが、バッテリー上がりの原因として多いのは、ライト類の消し忘れです。夜中に運転した後にライトを消し忘れてしまうと、ほとんどの場合は次の日にはバッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。

満充電の状態だったり新しく交換したばかりのバッテリーであれば、ギリギリの状態でスターターモーターが回ってエンジンが始動できるかもしれませんが、あまり期待はできないでしょう。

また、ドアが開いた時に点灯するように、ルームライトのスイッチを「DOOR」のに設定している方が多いと思います。そのため、半ドアでルームライトが点灯したままになり、バッテリー上がりになるケースも多いです。最近の車はドアを完全に閉めても、一定時間はルームライトが点灯している車種も多いですので中止が必要です。

どちらの場合も、エンジンがかかっていない状態でバッテリーの電気を消費する時間が長く続いてしまうため、バッテリーの残量が減ってしまい、バッテリー上がりでエンジンが始動できなくなります。

走行中に長時間ライトを点灯してもバッテリーが上がらないのは、エンジンがかかっている間はオルタネーターが発電しているからです。エンジンが動いている最中は、オルタネータによって発電された電力でライトを点灯したり、その他の電装品を動かしています。また、走行中はエンジンの回転数も発電量も上がるので、余った電力はバッテリーの充電に使われます。

バッテリーの寿命が間近に迫っている場合は、しっかりと充電されなくなりますので、ライト類の消し忘れなどをしていなくてもバッテリー上がりになります。これはバッテリーの経年劣化によるバッテリー上がりのパターンです。

自治体ではバッテリーを回収しない

ほとんどの自治体ではゴミ置き場にバッテリーを置いても回収してくれません。ゴミ置き場にバッテリーを置くことは不法投棄になります。また、ゴミ置き場にバッテリーを置いてあるのを他の人が見て、バッテリーを自治体が回収してくれると勘違いして真似してしまうこともあります。

バッテリーを不法投棄してしまうと、やがてバッテリー液が漏れたり漏電したりして事故が起きる危険性があります。バッテリー液は薄められていますが有害な希硫酸です。危険で有害な液体ですので手で触れたりすると皮膚がただれてしまいます。衣類に付着すると衣類がボロボロに溶けてしまい危険です。もし、小さな子供が不法投棄されたバッテリーに触って被害を受けてしまったら大問題になる可能性もあります。

バッテリー上がりをしない

ヘッドライトやルームランプの消し忘れ、半ドアによるドアの閉め忘れはバッテリー上がりの原因になります。バッテリー上がりになってしまうと、回復させるためにバッテリーに大きな負荷がかかりバッテリーの寿命が短くなります。また、完全放電してバッテリーの電気が空になってしまうと回復できないこともあります。
うっかりミスでバッテリー上がりになることもありますが、バッテリー上がりはバッテリーの寿命を短くすることになりますので注意が必要です。

二本松市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
二本松市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→