須賀川市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福島県 > 須賀川市

須賀川市でのバッテリー上がり救援サービス

須賀川市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
須賀川市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

須賀川市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。須賀川市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

須賀川市全域および須賀川市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

須賀川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
須賀川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

須賀川市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

須賀川市のバッテリー上がり救援対応情報

須賀川市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

須賀川市のバッテリー上がり救援対応エリア

須賀川市のバッテリー上がり対応情報
  • 須賀川/浜田/西袋/稲田/小塩江/仁井田/大東/長沼/岩瀬地区
  • 森宿/大町/東作/長沼/滑川/あおば町/仁井田/和田/堀底/小作田/狸森/西川/向陽/雨田/上小山田/塩田/浜尾/前田川/松塚/季の郷/虹の台/北横田/旭町/芦田塚/岩渕/大桑原/小倉/栄町/桜岡/下小山田など

※須賀川市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

須賀川市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 須賀川市役所/須賀川市文化センター/須賀川市立博物館/ふくしま森の科学体験センター/須賀川フラワーセンター/須賀川市歴史民俗資料館/須賀川市芭蕉記念館
  • 須賀川市産業会館/長沼城址/翠ケ丘公園/須賀川牡丹園/福島空港公園/藤沼湖自然公園/いわせ悠久の里/須賀川アリーナ/藤沼ダム/須賀川市民温泉/大滝川公園・・・他

須賀川市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 小塩江駅/川東駅/須賀川駅

参考情報:須賀川市の警察署・市役所の連絡先

  • 須賀川警察署:須賀川市八幡町19-7「TEL:0248-75-2121」
  • 須賀川市役所:須賀川市八幡町135番地「TEL:0248-75-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーは車の乗り方で寿命が変わる

須賀川市(バッテリー上がりトピックス)

車のバッテリーのメーカー保証期間を考慮した一般的な寿命は2~3年ですが、日頃の車の乗り方によっては3~4年以上もバッテリー交換をしないで使い続けられます。車のバッテリーは消耗品ですので、いずれ寿命が来て機能を果たせなくなりますが、安価な部品ではありませんので、どうせなら長く使えた方が良いと思う方が大半だと思います。

バッテリーは充電と放電を繰り返していますが、毎日短い距離しか走らなかったり、たまにしか車を乗らず久しぶりに車に乗っても短い距離しか走らないと、バッテリーの寿命はかなり短くなります。車をあまり乗っていないので、バッテリーも長く持つと間違った解釈をしている方もいらっしゃると思いますが、それは間違った解釈です。

車のバッテリーは、エンジンがかかってる時に充電装置によって充電が行われます。走行距離が短くエンジンがかかっている時間も短かいと充電量よりも放電量の方が多くなってしまいます。これはエンジン始動時に多くの電力が必要なためですが、エンジンを始動して少し走っただけでエンジンを停止するような乗り方の繰り返しばかりだと、エンジン始動で消費した電力を充電で補えないからです。この様な乗り方を繰り返していると、バッテリーに負担がかかってしまい、寿命も縮まってしまいます。

バッテリー交換時期の判断

テスターやバッテリーチェッカーなどを使って数値的にバッテリーの状態を点検する方法もありますが、テスターなどの測定器を使わなくても、感覚的なものでバッテリーの交換時期を判断することもできます。

エンジン回転数によってヘッドライトの明るさが変化する

バッテリーの状態が良好であれば、エンジン回転数によってオルタネーターの発電電流が変化しても、ヘッドライトなどの電装品に大きな変化が現れることはほとんどありません。しかし、バッテリーの状態が弱まった状態ではオルタネーターの発電電圧の方が高くなるため、バッテリーの充電に使われる電気が多く必要になります。そのため、発電量に応じて流れる電気量の変化がヘッドライトなどの明るさに影響してきます。

アイドリング時にヘッドライトが暗く、エンジンの回転数が上がると明るくなる症状が現れる様になった場合は、バッテリーがかなり弱っています。

バッテリー液の減り方が早い

メンテナンスフリーのバッテリーもありますが、液補充式のバッテリーでバッテリー液の減りが早くなった場合は、バッテリーが弱ってきています。バッテリーの充電と放電は、電気分解を繰り返すことで行われていますが、その時の熱などで電気分解中に水分が減少します。バッテリーが寿命を迎えて極板が劣化すると、充電効率が悪くなり頻繁に充電と放電が行われるため、バッテリー液の減り方が早くなります。

エンジンのかかりが悪くなる

エンジンを始動する時にはバッテリーからの電力を使ってセルモーターを回しますが、その時にたくさんの電力を消費します。バッテリーからの電力が弱いとセルモーターの動きも鈍くなりますので、エンジンがかかりにくくなります。エンジンをかける時にはセルモーターが回る音がしますが、いつもの音と比べた時に弱々しい音になっている場合は、エンジンがかかりにくくなります。

充電してもすぐにバッテリーが上がる

バッテリーが経年劣化して寿命を迎えている場合は、充電しても極板の劣化などによって化学反応が起こしにくくなるため、十分に電気を蓄えられませんので、すぐにバッテリー上がりになってしまいます。

使用期間による判断

車のバッテリーの寿命は、一般的に2~3年と言われていますが、車の使用状況によっては5年以上も使える場合もあります。月に数回程度しか車を使わなかったり、短距離の繰り返しばかりの場合は、急なバッテリー上がりで困らないためにも、一般的な寿命と言われる2~3年でバッテリー交換するのも、バッテリー交換時期を判断するひとつの方法です。

測定器を使った数値的な判断

テスターや比重計、バッテリーチェッカーなどの測定器を使って数値的にバッテリーの交換時期を判断します。ご自分で測定器を購入して調べることもできますが、ガソリンスタンドや整備工場などでも測定してくれます。ただし、少しでも数値が悪ければバッテリー交換を勧められると思います。

須賀川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
須賀川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→