会津若松市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福島県 > 会津若松市

会津若松市でのレッカー移動サービスに24時間対応

会津若松市のレッカー業者

会津若松市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

会津若松市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、城北/行仁/日新/謹教/鶴城/城西/神指/町北/高野/門田/大戸/東山/一箕/北会津/河東/湊地区など会津若松市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

会津若松市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

会津若松市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
会津若松市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

会津若松市のレッカー移動サービス対応情報

城北/行仁/日新/謹教/鶴城/城西/神指/町北/高野/門田/大戸/東山/一箕/北会津/河東/湊地区など、会津若松市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

会津若松市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

会津若松市でのロードサービス(レッカー)対応事例

会津若松市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

会津若松市南千石町:縁石乗り上げ車両を救援

出張場所:会津若松市南千石町内の道路の路肩

車種:トヨタ・プリウス(平成25年式)

作業内容:助手席側前輪を縁石に乗り上げたプリウスを救援(救出後は自走可能)

コメント:自分の車の前に急に割り込んできた車がありました。冬用のスタッドレスタイヤを履いているのですが、衝突しそうになったので歩道側に避ける時に急ハンドルと急ブレーキをしてしまったため、タイヤが滑ってコントロールを失い、道路脇の縁石に乗り上げてしまいました。

他の車や歩行者にはぶつからなかったのですが、助手席側のタイヤが地面から浮いた状態で脱出することができません。割り込んできた車はそのまま走り去ってしまいました。自分だけが被害を受けて非常にムカついています。周囲のドライバーや歩行者からは、物珍しそうに見られるし早く車を動かして、この場を離れたいと思っていました。

ここから車を動かそうとしましたが、タイヤが空回りするだけでどうにもならず、持っていたスマホで助けに来てくれるロードサービスを検索して探しました。今日は作業が混んでいるということで、到着するまでに1時間半以上かかると電話で言われましたが、思ったよりも早く来てくれて良かったです。

車の後ろに三角表示板を置いて外で待っていましたが寒くて大変でした。待っている時に縁石に乗り上げたタイヤ付近を確認していましたが、幸いどこも壊れてはいないみたいです。引き出してもらってからも確認してみますが、どこか壊れていて走行しない方が良い場合は、家の近くのディーラーまでレッカー搬送していただきたいと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のメンテナンスの3つのポイント

車のメンテナンス

車には様々な部品が使われていますが、メンテナンスを怠ると早く故障してしまったり、メンテナンスしていれば修理の必要のないところまで壊れて修理代が高くなってしまうことがあります。車を毎日乗っていても、あまり乗らなくてもメンテナンスは必要です。

特にエンジンオイルとタイヤは重要です。また、手洗い洗車することで車に生じている異常に早く気付くことができます。

エンジンオイルのメンテナンス

エンジンオイルは熱が加わることで劣化していきます。また、空気に触れることで酸化していきますので早め早めの交換が理想的です。走行距離や使用期間が交換時期の判断基準になりますが、最低でも年に1回は新しいエンジンオイルに交換した方が良いでしょう。

エンジンオイルの交換はご自分でも出来る作業ですが、エンジンオイルには種類がありますので注意が必要です。主に粘土や耐熱性で種類分けされておりメーカーも様々ですが、車の取扱説明書に記載されているグレードのもので十分です。

エンジンオイルには「10W-30」などの記号が表示されています。「10W」は粘土を表しており数字が小さいほど低温時の状態が柔らかく、「30」は耐熱性を表しており数字が大きいほど熱に強くなります。車のエンジンには適正なグレードが決まっていますので、極端に異なるグレードのものを使ってしまうとエンジン内で油膜が切れたりして、エンジンを壊してしまう可能性があります。交換用のオイル選択で迷った時は、取扱説明書で確認するかお店の人に相談されると良いでしょう。

オイル交換に合わせてオイルフィルターの交換も行う必要があります。交換時期の目安としては、オイルを交換する2回に1回の割合で十分です。オイルもオイルフィルターもいつ交換したか記憶が曖昧になることがありますので、交換した時の「交換日・走行距離」をメモしておいた方が良いでしょう。

タイヤのメンテナンス

タイヤは地面に接している部品ですので、走行中に破裂してしまったら大変です。タイヤのメンテナンスをコマ目にしていれば走行中に破裂することは滅多にないと思いますが、「溝の深さ・表面のひび・空気圧」が主な点検項目になります。

タイヤはゴム製品ですので、空気に触れると酸化して劣化していき、主に溝のすり減り具合や使用期間が交換する時の目安になります。点検時にタイヤが偏摩耗してしまっている時には、ローテーションをしてタイヤの装着位置を変えることでタイヤが長持ちします。

スタッドレスタイヤの場合は、「プラットホームとスリップサイン」があります。プラットホームが出てきた場合は、基本的に冬用のタイヤとしては機能を発揮できなくなります。夏タイヤはプラットホームはありませんので、スリップサインが出てくれば交換時期です。

空気圧はゲージで測定しますがゲージを持っていない場合は、ガソリンスタンドで給油する時に時々空気入れを借りて補充や点検をすると良いでしょう。適正な空気圧は、運転席側のドアを開けたところにステッカーが貼ってありますので確認してください。

手洗い洗車やワックスがけ

普段は車の運転席側しか見ていないドライバーも多いと思います。手洗い洗車やワックスがけをご自分で行なうことで、車の助手席側・フロント・リアなど、ボディ全体の状態を確認できます。もし、ボディにキズがあった場合でもすぐに気付くことができますので、補修や修理もキズが深くならない内に行なうことができます。

車のキズを放置してしまうと、そこから錆が広がって塗装の下まで錆だらけになりなってしまうこともありますので、キズや異常箇所の早期発見が車の維持費を抑えるのに役立つこともあります。

車は故障する前に何らかの症状が起きる場合が多いです。壊れてから修理するのと壊れる前に修理するのでは修理費用もかなり変わってきます。日頃のメンテナンスも大事ですが、走行中におかしいと気付いた時は、車を停車して乗り続けないことも選択肢のひとつです。そして、このまま走行しない方が良いと判断された場合は、レッカー移動のロードサービスをご利用ください。

お急ぎのロードサービスはこちら→