福島市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福島県 > 福島市

福島市でのレッカー移動サービスに24時間対応

福島市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
福島市でのレッカー移動などロードサービス料金
福島市のレッカー業者

福島市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

福島市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、中央/渡利/杉妻/蓬莱/清水/東部/大波/北信/吉井田/土湯温泉町/信陵/立子山/飯坂/茂庭/松川/信夫/吾妻/飯野/西地区など福島市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

福島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

福島市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

福島市のレッカー移動サービス対応情報

中央/渡利/杉妻/蓬莱/清水/東部/大波/北信/吉井田/土湯温泉町/信陵/立子山/飯坂/茂庭/松川/信夫/吾妻/飯野/西地区など、福島市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

福島市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

福島市でのロードサービス(レッカー)対応事例

福島市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

福島市飯坂町:雪道で脱輪した車を引き上げ

出張場所:福島市飯坂町内の道路の路肩

車種:ホンダ・オデッセイ(平成24年式)

作業内容:雪道で助手席側の両輪が道路脇に脱輪したオデッセイを特殊作業とウインチで引き上げ。

コメント:昨日、大雪が降りましたが、慣れない雪道を運転していたため慎重に運転はしていたのですが、前を走っていた車がスリップしたのを見たので、慌てて急ブレーキをかけてしまいました。それで自分の車もスリップしてコントロールを失ったのですが、道路脇の雪だまりに突っ込んでしまいました。

道路脇にはガードレールなどはなかったので車は壊れていないと思いますが、助手席側のタイヤが両輪とも道路からはみ出して脱輪してしまいました。昨日は雪が降ってどうにもならず、脱輪した車をそのままにして歩いて自宅に帰りました。今日は雪も止んだので父親の車で脱輪した車を引き出そうとしたのですが、どうやっても引き出せませんでしたので、ロードサービスの業者さんに救援を頼むことにしました。

大雪の翌日ですのでロードサービスの業者さんはどこも忙しいみたいですね。3箇所ほど電話してみましたが「今日は無理!」と断られてしまいました。それでロードサービスを探す方法を変えてスマホで検索したら、御社のホームページに辿り着くことができました。電話したタイミングも良かったみたいで、80分程待てば来てくれると言うことでしたので、今日中に脱出できれば良いと思いお願いすることにしました。

父親と一緒に脱出しようとした時には、エンジンもかかりタイヤも回りましたので、引き上げてもらえればこの車を運転して自宅に帰れると思います。自分たちで脱出しようとしていたら、昨日脱輪した時よりも車が傾いてしまい、これ以上悪あがきすると車が横転してしまいそうでしたので、救援に来てもらえて本当に助かりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

雪道を走る時に気を付けたいこと

雪道の運転に注意

雪道の運転に慣れている人は、どんな運転をすると危険かを知っていると思いますが、雪道をあまり運転したことがないと、急に道路に積雪してしまった時などに戸惑ってしまうと思います。冬用タイヤを履いていた場合でも、まったくスリップしない訳ではありませんので、雪道や凍結している路面を運転する時は十分注意して運転する必要があります。雪道を走る時になっても慌てないように、基本的な雪道での運転方法を覚えておくと良いでしょう。

ブレーキやアクセルの具合をチェックする

雪質や路面の状態によっても変わりますが、低速の時に少し強めにブレーキを踏んでみて、どれくらいでスリップするか、ブレーキを踏んでから停止するまでにどれくらいの距離が必要かなどを確かめます。また、制動距離の確認も重要ですが、停止した状態でアクセルを踏んでみて、どれくらいの強さでスリップしてしまうかも確認しておくと良いでしょう。

周りに他の車がいない状況で事前にブレーキやアクセルの具合をチェックすることで、実際に運転する時の目安になります。

急ブレーキなど「急」が付く運転を避ける

急ブレーキ、急ハンドル、急発進など、「急」が付く運転をすると必ずと言って良いほどスリップしてしまいます。雪道ではゆっくりとした運転に心掛けるようにします。特にブレーキやハンドル操作、アクセルの踏み具合などには注意しなければいけません。

車間距離を多めにとる

路面がスリップしやすいので、ブレーキをかけてから実際に車が停止するまでの制動距離は、いつもより長くとる必要があります。路面がスリップしやすいことで、フレーキを踏んでも思うように停止できません。また、自分の車が急に停止した場合、後ろから走ってきている車に追突される危険もありますので、車間距離を多めとってゆっくりと停止するのが良いでしょう。

また、いつもより予測運転に気を配り、数台前の車の動きや信号の状況を確認しながら、早めにブレーキを掛けるようにすると、後続車にも親切な運転になり、追突事故の防止にもなります。

フットブレーキよりもエンジンブレーキを多用する

フットブレーキはいつもより軽めに踏むようにしますが、なるべく使わないようにしてエンジンブレーキを多用します。フットブレーキを使用するとタイヤがロックされてスリップする原因になります。スリップしてしまうと車が制御不能になり危険です。ABSが搭載されていても過信してはいけません。

AT車であればドライブギヤだけでなく、2速やローギヤも使って減速すると良いですが、スピードが出ている状態でエンジンブレーキを使うと急ブレーキと同じ状態になることもありますので、フットブレーキは中速域で軽めに使い、エンジンブレーキは低速域で使うようにすると良いでしょう。

幹線道路を走るようにする

幹線道路であれば雪かきもされており交通量も多いですので、路面の積雪が少ない傾向があります。交通量が少ない道は、思った以上に積雪していて立ち往生してしまう場合もあります。

これらの他にも雪道を走る時に気を付けることはたくさんありますが、雪が降ったら車に乗らないことが一番です。どうしても雪道を走らなければ行けない時は、いつもより慎重にゆっくりと、予測しながらの運転で細心の注意を払うことが大切です。

福島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→