南相馬市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福島県 > 南相馬市

南相馬市でのレッカー移動サービスに24時間対応

南相馬市のレッカー業者

南相馬市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

南相馬市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、原町/太田/石神/高平/大甕/小高/金房/福浦/鹿島/真野/八沢/上真野地区など南相馬市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

南相馬市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

南相馬市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
南相馬市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

南相馬市のレッカー移動サービス対応情報

原町/太田/石神/高平/大甕/小高/金房/福浦/鹿島/真野/八沢/上真野地区など、南相馬市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

南相馬市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

南相馬市でのロードサービス(レッカー)対応事例

南相馬市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

南相馬市原町:事故車の預かりとレッカー搬送

出張場所:南相馬市原町内の交差点

車種:トヨタ ヴォクシー

作業内容:事故車を自社までレッカー搬送後に保管して、その後ディーラーまで搬送。

コメント:交差点で信号無視で強引に直進してきた車と接触事故を起こして、運転席側の後ろのタイヤ付近を壊されてしまいました。お巡りさんに来てもらって事故の検証作業などは終わりましたが、タイヤが変形した状態になっていて運転することはできません。

ディーラーで修理してもらうことになりそうですが、夜なので営業は終了しており電話は繋がりませんでした。一晩預かってもらって、明日ディーラーまでレッカー車で運んでもらうことにしました。怪我はしなかたものの車が修理できるのかどうか分かりませんが、事故相手のせいで大変なことになってしまいました。相手の車が軽自動車だったので良かったです。もしもトラックだったらふっ飛ばされていたかも知れません。

明日の10時にディーラーに電話して、事故車の搬送の件を連絡してから電話しますので、それから運んでもらいたいと思います。自分もビックリしましたが、家族が心配して迎えに来ています。念のためこれから病院に行ってきますので、明日まで車の預かりと明日の搬送をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のエンジンがかからない時の自己診断

エンジンスタート

急いでいる時や慌てている時に車のエンジンがかからないと、いつもはすぐに気が付くはずなのにパニックになってしまい簡単なことを見逃してしまうことがあります。まずは落ち着いていつもと同じようにエンジンをかけてみてください。それでもダメな時は冷静になって以下の内容について自己診断してみてください。

ギアとハンドル、ペダル操作の確認

操作ミスでエンジンがかからない時があります。まずはギアとハンドル、ペダルの操作が合っているか確認してください。

ギアの位置はパーキングになっていますか?
AT車はギアがパーキングになっていないと、エンジンが始動できない仕組みになっている車種が多いです。

ハンドルがロックされていないか確認
エンジンを停止してキーを抜いた後にハンドルを回してしまうと、盗難防止用のロック機能によってエンジンがかからなくなります。ギアがパーキングになっている場合は、ハンドルを左右どちらかに回してロックを解除してください。

ブレーキペダルまたはクラッチペダルを踏んでいるか確認
AT車であればブレーキペダル、MT車であればクラッチペダルを踏んでいるか確認してください。AT車の場合は、きちんとブレーキペダルを踏まないと、安全装置によってエンジンがかからない場合があります。

バッテリー上がりの可能性

エンジンを始動する時は、電気の力でセルモーターを回しますが、バッテリーの電圧不足でセルモーターの回りが弱くなっていることがあります。セルモーターを十分回せるだけの電圧がバッテリーにないとエンジンがかかりません、この場合はバッテリーを充電するか、ジャンピングでエンジンを始動することになります。

ライト類を消し忘れた場合などにバッテリー上がりになった場合は、充電やジャンピング後の走行充電を行えば良いのですが、バッテリーが経年劣化で寿命を迎えた状態であればバッテリー交換する必要があります。セルモータが回る音がしなかったり、「カチカチ」という音しかしない場合は、完全にバッテリーが上がっている状態です。

また、バッテリーの端子部分に白い粉が付着していたり、側面が膨らんでいる場合は、バッテリーが寿命を迎えている可能性がありますので、バッテリーの点検を行なって寿命と判断できる場合は早めにバッテリーを新しいものに交換してください。

ガス欠

メーターパネルに燃料計がありますが、ガス欠に気付いていない場合もあります。燃料切れではエンジンは当然かかりません。軽自動車であれば車重も軽い方ですので、車体を揺らしてみることでエンジンがかかる場合もあります。

ガソリンや軽油は揮発性が高いですので、ポリタンクなどで持ち運びできません。専用の金属製タンクを持っていない場合は、ロードサービスに相談してください。10リットルくらいの燃料を運んでくれます。

原因が分からない場合はロードサービスや車屋さんに相談

操作ミスやバッテリー、ガス欠の確認は簡単な自己判断ですが、エンジンがかからなくなる原因は様々です。原因の特定が難しい場合は、素人判断でアレコレいじってしまうと余計に状況が悪くなることがあります。早めにロードサービスやディーラー、整備工場に相談してみるのが良いでしょう。

ギアの位置やペダルの操作忘れでエンジンがかからないと、お悩みになるケースに時々遭遇する場合があります。急いでいたり慌てていると、うっかりしてしまうこともありますのでご注意ください。

お急ぎのロードサービスはこちら→