相馬市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福島県 > 相馬市

相馬市でのレッカー移動サービスに24時間対応

相馬市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
相馬市のレッカー移動などロードサービス料金
相馬市のレッカー業者

相馬市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

相馬市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、中村/大野/飯豊/八幡/山上/日立木/磯部/玉野地域など相馬市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

相馬市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

相馬市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
相馬市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

相馬市のレッカー移動サービス対応情報

中村/大野/飯豊/八幡/山上/日立木/磯部/玉野地域など、相馬市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

相馬市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

相馬市でのロードサービス(レッカー)対応事例

相馬市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

相馬市内県道の路肩:エンスト車両のレッカー搬送

出張場所:相馬市内県道の路肩~トヨタ販売店

車種:トユタ ノア(2007年式)

作業内容:走行中にエンストして路肩に停車した車両を相馬市内のトヨタ販売店までレッカー搬送。

コメント:スピードは約40kmくらい出ていたと思うのですが、突然エンジンが止まってしまったので、そのまま惰性で路肩に停車しました。後続車はいなかったので良かったのですが、路肩に停車してから何度エンジンをかけようとしてもエンジンはかかりませんでした。

走行中にエンジンが止まり、セルモータはいつもの様に動作しているので、明らかにバッテリー上がりではありません。この車を購入した販売店に電話してみたのですが、とりあえず工場で点検してみるということで、自分でロードサービスを探して車を運ぶことになりました。

ロードサービスのお世話になったことは、これまでに一度もなくどうしようかと思いましたが、持っていたスマホで相馬市対応のレッカー搬送してくれるロードサービスを探して電話しました。到着まで1時間ほどとお聞きしていましたが、スマホで車のエンジントラブルについて調べていたら、いつの間にか1時間経っていました。

この車を新車で買ってから8年ほど経ち、走行距離も10万kmを超えました。エンジンがかからなくなるようなトラブルは今回が初めてですが、車も古くなりましたので、これから今日のようなことが度々起きるかもしれないと思うと、少し不安な気持ちになります。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のエンジンがかからない時の確認事項

車のエンジンがかからない時の確認事項

最近の車は品質や性能も向上していますので、定期点検や日常点検をしっかりと行っていれば、故障などのトラブルに見舞われることは少なくなりました。しかし、車は様々な部品を組み合わせて作られていますので、長期間乗り続けたり、走行距離が増えてくれば劣化したり消耗する部品がありますので、故障する可能性も高くなります。

車のトラブルには「エンジンがかからなくなる」という症状もありますが、エンジンがかからない時の主な原因や確認事項を覚えておくと、いざという時に役立つと思います。

ギヤの位置とブレーキ

最近はほとんどの車がオートマチック車ですが、ギアが「PかN」に入っていないとエンジンがかかりません。また、同時にブレーキも踏んでいないとエンジンがかかりません。しかし、突然エンジンがかからないと気が動転してしまい気付かないこともあります。オートマチック車のエンジンがかからない場合は、ギアの位置とブレーキの確認をすると良いでしょう。

バッテリー上がり・セルモーター故障

車のエンジンがかからない原因として一番多いのは「バッテリー上がり」です。エンジンをかける時にはセルモーターが回転しますが、セルモーターの回転音が弱く感じた場合は、バッテリーの電力不足の可能性が高いですので、一度電装品をすべてOFFにした状態してから数分待って、それからエンジンをかけてみてください。運が良ければエンジンが始動できますので、充電もしくはバッテリーが寿命を迎えている場合はバッテリー交換を早めに行ってください。

また、このような状態でエンジンがかからない場合は、他の車から電力を分けてもらう「ジャンピングスタート」でエンジンをかけることができます。(当社ではバッテリー上がりのジャンピングスタートも承っております)

セルモーターがまったく回転しない場合は、バッテリー上がりがかなり進行している可能性が高いですが、メーターパネル内のランプが点灯したり、パワーウインドウなどの電装品がいつもと同じ様に作動する場合は、セルモーター関連のトラブルが考えられます。セルモーターの故障は、ほとんどの場合に整備工場に車を持ち込んで修理する必要がありますのでレッカー搬送をご利用ください。

ガス欠・燃料切れ

車はタンク内の燃料がなくなってしまうと、エンストしてエンジンがかからなくなりますので、早めの給油が予防法になります。うっかり給油を忘れてしまうこともありますが、道に迷ってスタンドまで辿り着けなかったり、高速道路でガス欠になる場合もあります。

運転中に道の真ん中で停車してしまった場合は、安全なところに車を移動しなければいけませんが、一人で車を押しながらハンドルを動かすのは危険ですので、他の人に押してもらうのが良いでしょう。そして、歩いて行ける場所にスタンドがあれば、金属製の携行缶を借りて少し走れるだけのガソリンを購入させてもらえば良いでしょう。近くにスタンドがない場合は、当社の「燃料切れ救援サービス」や「レッカー移動サービス」をご利用ください。

ヒューズ切れ

様々な電装品が車には使われていますが、異常な過電流が何らかの原因で流れると、ヒューズが切れて電気回路を遮断します。過電流が流れた原因を調べないと再発する場合もありますが、ヒューズボックスに予備のヒューズがある車種もありますので、切れたヒューズを調べて予備のヒューズに交換してみると良いでしょう。

切れたヒューズを交換してもすぐにヒューズが切れてしまう場合は、電気系統でトラブルが起きていますので、整備工場で点検と修理が必要です。故障した車はエンジンがかからない状態ですので、車の移動にはレッカー搬送をご利用ください。

お急ぎのロードサービスはこちら→