伊勢崎市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 群馬県 > 伊勢崎市

伊勢崎市でのレッカー移動サービスに24時間対応

伊勢崎市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
伊勢崎市でのレッカー移動などロードサービス料金
伊勢崎市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

伊勢崎市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

伊勢崎市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、伊勢崎市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

伊勢崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
伊勢崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

伊勢崎市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

伊勢崎市のレッカー移動ロードサービス対応情報

伊勢崎市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

伊勢崎市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

伊勢崎市でのロードサービス(レッカー)対応事例

伊勢崎市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

伊勢崎市西上之宮町:運転中に故障した軽自動車のレッカー搬送

出張場所:伊勢崎市西上之宮町の県道24号線道路脇

車種:ダイハツ タント

お客様のコメント:アクセルを踏み込んでも、思った様に加速しない状態になってしまいました。エンジンを一度止めてエンジンをかけ直してみましたが、エンジンはかかるものの加速しない状態は変わりません。普段はやりませんが、アクセルを目一杯踏み込んでもダメです。明らかに故障してしまった様子でしたので、レッカー車を手配して修理工場まで運んでもらうことにしました。

今日は軽井沢まで行く予定があったのですが、車をダイハツの販売店まで運んでもらってから、どこかでレンタカーを借りることにしました。家を出る時には何ともなかったのに、突然加速できなくなったので困ってしまいました。

ダイハツの方からは、A/Tの故障かエンジンか、とりあえず点検してみないと、はっきりしたことは言えないと言われています。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

伊勢崎市の警察署・市役所の連絡先

  • 伊勢崎警察署:伊勢崎市鹿島町534-1「TEL:0270-26-0110」
  • 伊勢崎市役所:伊勢崎市今泉町二丁目410番地「TEL:0270-24-5111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

追突を予防する車の運転について

AT車がエンストする時の原因や症状

前を走っている車に後ろから追突する事故を起こした場合、ほとんどの場合は後ろから追突した車の過失になります。自己の過失側になると大変ですが、追突しない為の運転方法を遵守することで、追突事故の予防になります。

十分な車間距離の確保

前を走っている車との車間距離が不足している状態では、前の車が急ブレーキをかけて減速した時に対応できず、追突事故を起こしてしまう危険性があります。一般的に必要な車間距離は、高速道路を走って入る場合、時速を距離に置き換えた以上の車間距離が必要で、時速100kmであれば100m以上は必要です。高速道路には、車間距離確認区間の基点標識が50mごとに設置されていますので、車間距離の目安として利用されると良いでしょう。

また、一般の道路を走行している場合は、時速から15m引いた車間距離が必要です。時速60kmであれば最低でも45mは必要です。また、雨の日はスリップしやすく、疲れている時などは反応が鈍くなりますので、車間距離を意識的に長めにして運転する必要があります。一般道路であればレーンマークが20m間隔で引かれていますので、車間距離を確かめる時の目安にされると良いでしょう。

前方を走っている車の動きを予測

運転している時は、直前を走っている車だけでなく、2~3台前を走っている車の動きにも注意します。また、複数の車線がある広い道路を走行している時は、自分の走行ラインの車だけでなく、隣接する車線を走っている車の動きにも注意します。

初心者の内は、前を走っている車ばかりに気を取られやすいですが、2~3台前や隣接する車線を走っている車の行動に気を配ることによって、前の車の急な減速などが事前に察知できる様になりますので、早めのブレーキ操作により追突防止が可能となります。

渋滞情報の活用

高速道路ではスピードを出して運転していますので、渋滞などでスピードを緩める時にも十分な車間距離が必要です。道路に設置されてある掲示板の渋滞情報に気を配り、事故や工事による渋滞情報を見た時は減速して、いつでも安全に減速できる体制で運転する様にしましょう。

ヘッドライトの上向きを活用

先行車がいない状態で高速道路で一番先頭を走行している場合、ヘッドライトを下向きにしていると照射できているのが40m位しかありません。そのため、事故や故障で停止している車両や、道路に落ちている危険物の発見が遅れてしまいます。一般道路でも対向車がなく先頭を走っている場合は、ヘッドライトを上向きにして照射距離を長くすることが追突事故の予防になります。


以上は追突しない為の予防策ですが、後続車に追突されない運転も重要です。ブレーキをかけて減速する時に最初はブレーキを軽く踏んで後続車に減速する合図を行うことが大切です。前方が渋滞してスピードを緩める時は、バザードランプを点滅して合図するのも一般的です。また、夕暮れ時は見通しが悪くなり事故が起こりやすいため、早めにライトを点灯することも追突事故の予防になります。

伊勢崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
伊勢崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→