群馬県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 群馬県

群馬県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

群馬県のロードサービス(レッカー業者)

群馬県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

群馬県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、伊勢崎市/桐生市/高崎市/前橋市/太田市などを拠点としております。群馬県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

群馬県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

群馬県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
群馬県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

群馬県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い群馬県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。群馬県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

群馬県のレッカーサービス対応エリア

群馬県対応ロードサービス
  • 【あ】安中市/伊勢崎市/太田市/吾妻郡-草津町・中之条町・長野原町・東吾妻町・高山村・嬬恋村/邑楽郡-邑楽町・板倉町・大泉町・千代田町・明和町
  • 【か】桐生市/甘楽郡-甘楽町・下仁田町・南牧村/北群馬郡-吉岡町・榛東村
  • 【さ】渋川市/佐波郡-玉村町
  • 【た】高崎市/館林市/富岡市/多野郡-神流町・上野村/利根郡-みなかみ町・片品村・川場村・昭和村
  • 【な】沼田市
  • 【は】藤岡市
  • 【ま】前橋市/みどり市

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

オーバーヒートやブレーキ故障の原因や症状と対処方法

オーバーヒートやブレーキ故障の原因や症状と対処方法

車を運転中のトラブルとして、オーバーヒートやブレーキが故障することがありますが、オーバーヒートに気付かずに走行を続けてしまうと、突然の走行停止やエンジンにダメージを与えてしまいます。

また、ブレーキが故障してしまうと、走行中の車を思ったように停止できなくなりますので、大変危険であってはならないことです。

オーバーヒート

エンジンを冷やす冷却水が漏れていたり、詰まって冷却水が流れなくなったりすると、エンジンが異常に過熱してオーバーヒートが起きます。冷却水はラジエーター本体やホース、そして冷却水を循環させているポンプなどの中を通っています。ポンプが回転して冷却水を循環させることでエンジンの熱を取り、その熱をラジエーターで放熱しています。ラジエーター本体やホース、ポンプなどのどこかで異常が発生するとエンジンを冷やせなくなり、オーバーヒートが起きてしまいます。

オーバーヒートの初期症状は、水温計で分かることが多いです。水温計がいつもより高温を示している時は、オーバーヒートになる可能性がありますので、その時点で点検や整備を行えば、オーバーヒートによる走行停止などを予防できます。初期症状に気付かなかったり、そのまま無理して走行を続けてしまうと、エンジンがさらにオーバーヒート状態になり、突然走行できなくなったりエンジンにダメージを与えてしまいます。

車を運転中に水温計やエンジンルームからの白い煙などで、オーバーヒートに気付いた場合は、無理に走行しないで車を安全に停止できるところに速やかに寄せてエンジンを止めてください。オーバーヒートと思ってボンネットをいきなり開けると危険ですので、エンジンが過熱している状態ではボンネットを開けず、エンジンが冷えてから開けてください。不用意にボンネットを開けてしまうと、噴出している熱湯で火傷する危険性があります。

オーバーヒートした場合は、ラジエーターの補助タンクに水を足しながら車を移動する方もいらっしゃいますが、無理して走行するとエンジンに致命的なダメージを与えてしまう可能性があります。無理に車を動かさずにロードサービスを利用して、最寄りの修理工場までレッカー車で搬送してください。もしも、無理して車を動かしてしまいエンジンが焼き付いてしまうと、エンジン交換による修理が必要になり、膨大な修理費用が必要になることがあります。

ブレーキの故障

ブレーキが故障して効かなくなってしまうと大変危険ですので、一番事故につながりやすい気になる車の故障です。ブレーキは構造的にはそれほど壊れやすい部分ではありませんが、ブレーキパッドなどの消耗品を使っている部分ですので、走行距離やブレーキパッドの減り具合によって交換が必要になります。

ブレーキパッドが摩耗の限度を超えてしまうと、ブレーキの効き具合が悪くなったり、踏みしろが変わったりして危険な状態に陥ります。スピードを落としたり、停止したい時にブレーキが効かないと大変危険な状態で車を運転することになります。

ブレーキの故障は、事故に直結する大変重大な車のトラブルです。事前の点検や整備である程度防げる車のトラブルですので、事前の点検や整備で予防して、点検や運転中にブレーキの異常を感じた場合は、無理して車を走らせてはいけません。運転中にブレーキペダルを踏んだ時の違和感や異音を感じた時、そしてメーターパネルのブレーキ警告灯が点灯したままの時は、車を安全な場所に停止してロードサービスを利用し、最寄りの修理工場までレッカー車で搬送してください。安全が第一です。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

群馬県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
群馬県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→