みどり市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 群馬県 > みどり市

みどり市でのレッカー移動サービスに24時間対応

みどり市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
みどり市でのレッカー移動などロードサービス料金
みどり市のロードサービス(レッカー移動業者)

みどり市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

みどり市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、笠懸町/大間々町/東町などみどり市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

みどり市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
みどり市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

みどり市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

みどり市のレッカー移動サービス対応情報

みどり市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

みどり市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

みどり市でのロードサービス(レッカー)対応事例

みどり市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

みどり市笠懸町:パンクしたビッグスクーターの搬送

出張場所:みどり市笠懸町のコンビニ駐車場

車種:ホンダ フォルツァ・Z(ビッグスクーター 250cc)

作業内容:バンク状態のビッグスクーターをバイク屋さんまで搬送。

コメント:250ccのビッグスクーターですが、コンビニの駐車場に一晩置いてもらっていたのですが、タイヤの側面を何かで刺された痕跡がありパンクしていました。釘などを踏みつけてパンクしたのであれば、パンク修理剤などで応急処置もできるかもしれませんが、タイヤの側面を刺されてしまったので、バイク屋さんに修理をお願いするしかありません。

コンビニの駐車場に断って一晩バイクを置いていた訳ではありませんので、警察に届けることもできず泣き寝入りするしかありません。ビッグスクーターは大きくて重いので、何キロもパンクした状態で押し歩くのはとても無理なため、民間のレッカー業者さんをスマホで検索して電話でバイクの搬送をお願いしました。

通勤にも使っているバイクなので、本当に困ってしまいました。しかし、パンク修理をお願いするバイク屋さんに修理の電話をしたら、代車が空いているので修理が完了するまで貸してくれるということでした。交換するタイヤを手配してからタイヤ交換するそうなので、修理には数日かかるそうです。

パンク修理するバイク屋さんまでバイクの搬送をお願いします。また、電話で搬送をお願いする時に伝えるのを忘れてしまったのですが、バイク屋さんまで同乗をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

みどり市の警察署・市役所の連絡先

  • 桐生警察署(管轄)大間々分庁舎:みどり市大間々町桐原1563「TEL:0277-72-0110」
  • みどり市役所:みどり市笠懸町鹿2952「TEL:0277-76-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

安全に直結する車のタイヤ点検

車のタイヤ交換時期の判断

車のタイヤは、車両の重さや積荷、そして車に乗っている人の重さなどを支えながら、走る・止まる・曲がる時などに全荷重がかかりますので、安全に直結する大変重要なパーツです。タイヤは、空気圧、キズやヒビ割れ、溝の深さなどの点検やローテーションなどのメンテナンスを行うことで、事故やトラブルを未然に防ぐための対策にもなります。

なぜタイヤの点検が必要か?

空気圧が低いタイヤやすり減って溝のないタイヤで走行するのは大変危険です。空気圧が低い状態で高速道路を走れば、タイヤがバーストして制御不能になる可能性が高くなります。タイヤの空気圧が低い状態でスピードを出して走行した時に「スタンディングウェーブ現象」が起きて、タイヤが波をうって変形することでバーストしますが、タイヤがバーストしてしまうと、ハンドルが暴れて制御不能になり大変危険です。最悪の場合は、他車を巻き込んで大事故になる場合もあります。

高速道路を運転する場合は、事前にタイヤの空気圧点検を必ず行えば防げるものですので、給油する時などにスタンドで空気圧の点検をされると良いでしょう。

また、すり減った溝のないタイヤも危険です。特に雨降りで路面が濡れていると極端に性能が低下してスリップしやすくなります。路面が濡れている状況では、タイヤの溝を水が通って排水されますが、すり減って溝が浅いタイヤは排水が十分に行われなくなり、タイヤと路面の間に水が入り込んでスリップしやすくなり、ブレーキを踏んだ時の制動距離も長くなります。

雨降りの時の運転では、視界も悪くなりますので危険を察しするのも遅れ気味になります。危険を察知して急ブレーキを踏めば、スリップして車の制御ができなくなり「衝突!」という事態になるかもしれません。

タイヤの点検内容

タイヤの点検は、主に以下のような内容になります。

タイヤの点検は車に詳しい人でなくても簡単にできる内容です。キズやヒビ割れについては判断が難しいと思いますので、タイヤ交換ができるショップや整備工場に相談すれば良いでしょう。もし、小さなキズを発見した場合は、時々キズが大きくなっていないか確認してください。最初は小さなキズであっても走行中にキズが大きくなることもあります。

空気圧は適正か?

タイヤの適正な空気圧は、車によって異なりますので、運転席のドア枠に貼ってあるシールで適正値を確認してください。また、前輪と後輪の適正値が異なるケースも多いですので注意してください。

空気圧の点検は、ガソリンスタンドで簡単に行えます。ほとんどのガソリンスタンドには、持ち運びができる充填器が備えてありますので、空気圧の測定と充填が簡単にできます。空気圧が足りないのも危険ですが、入れ過ぎるとタイヤのグリップ力が低下して危険です。必ず適正値に合わせるようにしてください。

タイヤの点検方法

タイヤの点検は器具を使う項目もありますが、目視チェックで簡単に行なえます。

タイヤの溝の点検

ると性能が落ち始めます。そして、残りの溝の深さが1.6ミリになるとスリップサインと平らになります。溝の深さがスリップサインと平らなった場合は、そのタイヤは使用限度を超えていますので交換が必要になり、車検も通らなくなります。また、その状態で公道を走っていれば法令違反にもなります。

キズやヒビ割れ、何か異物が刺さっていないか?

タイヤはゴム製品ですので、使用期間や状況によって劣化するものです。劣化が進むとヒビ割れができてしまいます。ヒビ割れがあるからダメという訳ではありませんので、判断が難しい場合があります。ヒビ割れがあり判断に困った時は、タイヤを取り扱っているショップや整備工場の専門家に相談してみてください。
特に溝の底にヒビ割れができている場合は、タイヤの厚みが薄い部分のヒビ割れですので、早めに専門家に相談してください。

製造年週の点検

タイヤがいつ製造されたものかは、タイヤ側面に刻印されている数字で判断することができます。例えば「1516」と刻印されている場合は、2016年の15週に製造されたタイヤです。

製造されてから4~5年経過しているタイヤは、いくら溝があっても性能が低下していますので使用は控えた方が良いでしょう。特に中古のタイヤを選ぶ時は、製造年週を確認するようにしてください。

みどり市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
みどり市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→