沼田市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 群馬県 > 沼田市

沼田市でのレッカー移動サービスに24時間対応

沼田市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
沼田市でのレッカー移動などロードサービス料金
沼田市のロードサービス(レッカー移動業者)

沼田市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

沼田市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、沼田/利南/池田/薄根/川田/白沢/利根地区など沼田市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

沼田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
沼田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

沼田市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

沼田市のレッカー移動サービス対応情報

沼田市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

沼田市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

沼田市でのロードサービス(レッカー)対応事例

沼田市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

沼田市:中古車販売店間で車検切れ中古車の搬送

出張場所:沼田市内の中古車販売店

車種:トヨタ ヴェルファイア

作業内容:中古車販売店間で車検切れ中古車の搬送(沼田市から前橋市まで搬送)

コメント:中古車の販売で急な依頼があり、販売する中古車を営業所間で移動することになりました。急な依頼だったため、いつも中古車の搬送に使っている車載車が用意できなかったため、車を搬送してくれる民間の業者さんをネットで検索して連絡しました。

車検が切れている状態の中古車なので、車載専用車で搬送する必要がありましたが、すぐに対応してもらえる業者さんが見つかって良かったです。この中古車の購入を決めたお客様から、盆休み前に車に乗りたいという依頼があったための対応ですが、今日の夕方までに搬送先の中古車販売店に送り届ければ、多少の余裕がある状態で納車の準備ができることになります。

ネットで検索して初めて中古車の搬送をお願いすることになりましたが、すぐに対応していただきありがとうございます。時々、今日のようなケースがありますので、また中古車の搬送をお願いすることがあるかもしれません。よろしくお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

沼田市の警察署・市役所の連絡先

  • 沼田警察署:沼田市上原町1738-1「TEL:0278-22-0110」
  • 沼田市役所:沼田市下之町888番地「TEL:0278-23-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

タイヤは車を支える重要なパーツ

車のタイヤのチェックポイント

エンジンがかかっても車はタイヤがないと走ることはできませんが、タイヤの状態をこまめにチェックしている人は少ないと思います。タイヤは車を支える重要パーツですので、パンクや走行中にバーストしてしまうと大事故につながる危険性があるため、日頃からの点検が必要になります。

タイヤのメンテナンスが必要な理由

タイヤはゴム製品ですので長く年月が経てば経年劣化しますが、タイヤに亀裂や損傷箇所があると、パンクや走行中にバーストする危険性が高まります。また、タイヤは走行していれば地面との摩擦で必ずすり減りますので、すり減ってタイヤの溝が浅くなってくると走行中にスリップしやすくなります。そのため、特に雨降りの中での運転では、急なハンドリングや急ブレーキをした時などに危険が伴います。

また、走行中にタイヤが突然バーストすると、破裂したタイヤの破片が飛び散り、一気にハンドルを取られて制御不能になりなりますので非常に危険な状態に陥ります。

タイヤの亀裂や損傷箇所、すり減り具合の点検などは、目視チェックで簡単に行えますので、日頃からこまめにタイヤの状態をチェックすることが、大事故を未然に防ぐことにもつながります。

タイヤチェックのポイント

タイヤの空気圧点検や空気を入れる時には機器が必要になりますが、亀裂や損傷箇所、すり減り具合の点検は目視チェックで誰でも簡単に行なえます。

亀裂や損傷箇所のチェック

タイヤの表面にキズやひび割れがないか確認します。小さなキズでも走行しているうちに大きなキズになることがありますので、小さなキズを見つけた場合は、そのキズが次第に大きくなっていないかも確認します。

また、キズやひび割れのチェックは、地面との接地面だけでなくサイドウォールも忘れずにチェックするようにします。車を駐車する時や狭い場所で切り返しを行なった時などに、車止めや縁石にサイドウォール部分を擦って損傷していたり、ゴム製品ですので直射日光でゴムが劣化してひび割れている可能性もあります。

キズやひび割れがあった場合、そのまま走行しても大丈夫かどうかの判断は、一般の方では難しいと思いますので、判断に困った場合はタイヤ専門店やカーショップ、そして整備工場で点検してもらうと良いでしょう。走行距離が短くて十分に溝が残っている場合でもタイヤは劣化しますので、キズやひび割れのチェックは大変重要です。

タイヤのすり減り具合や溝のチェック

タイヤのスリップラインは、残り溝(1.6mm)が最低ラインで法令でも規定されています。タイヤが新品の時は溝の深さは8ミリ程度ですが、スリップライン近くまでタイヤがすり減っている場合は大変危険な状態ですので、すぐに交換しなければいけないサインです。スリップラインとの段差がなくなった状態では車検にも通りませんが、そのままの状態で走っていれば整備不良の法令違反にもなります。

給油のついでにタイヤの空気圧チェック

タイヤには適切な空気圧がありますので、空気圧が高過ぎても低過ぎてもいけません。タイヤの空気圧が適切でないと、走行時の安全性が悪くなるばかりでなく燃費にも影響します。

タイヤの空気圧点検や空気の充てんには、専用の測定器や充てんする機械が必要になりますが、わざわざ自分で揃える必要はありません。空気圧の点検や充てんは、給油のついでにガソリンスタンドで簡単に行うことができます。給油はある程度定期的に行うと思いますので、その時に空気圧の点検を行うと良いでしょう。ガソリンスタンドに備え付けてある充てん機の操作は簡単ですが、スタンドのスタッフにお願いすることもできます。

車の使用頻度や走行方法などによってタイヤのすり減り方は異なりますが、一般的にタイヤの交換周期は3万キロくらいと言われています。また、タイヤはゴム製品ですので走行距離が短くても年数が経てば劣化するものです。タイヤは車を支える重要なパーツですので、日頃の点検やメンテナンスは大変重要です。

沼田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
沼田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→