北海道でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 北海道

北海道でのレッカー移動サービスに24時間対応

北海道のレッカー業者

北海道でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

北海道内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、札幌市/江別市/小樽市/石狩市/恵庭市/岩見沢市/北広島市/伊達市/千歳市/石狩郡/虻田郡/空知郡南幌町/夕張郡/余市郡周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

北海道でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

北海道でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
北海道対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

北海道のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い北海道エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。北海道内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

北海道のレッカーサービス対応エリア

北海道対応ロードサービス
  • 【あ】江別市/小樽市/石狩市/恵庭市/岩見沢市/石狩郡-当別町・新篠津村/虻田郡-ニセコ町・喜茂別町・京極町・倶知安町・真狩村・真狩村
  • 【か】北広島市
  • 【さ】札幌市-中央区/北区/東区/白石区/豊平区/南区/西区/厚別区/手稲区/清田区/空知郡-南幌町
  • 【た】伊達市/千歳市
  • 【や】夕張郡-由仁町・長沼町・栗山町/余市郡-仁木町・余市町・赤井川村

※北海道内の札幌市周辺が主なサービスエリアです。

北海道でのロードサービス(レッカー)対応事例

北海道でのロードサービス(レッカー)対応事例

北海道で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

北海道札幌市厚別区:タイヤのボルトが折れた車両のレッカー搬送

出張場所:北海道札幌市厚別区

車種:日産 スカイライン(平成18年式)

作業内容:ナットの締め付け過ぎで、ボルトが折れてしまった車両を修理工場までレッカー搬送。

コメント:タイヤを長持ちさせるために時々タイヤのローテーションをしています。タイヤを交換する作業は初めてではないのですが、ナットを強く締め付けたらボルトが1本折れてしまいました。走行中にタイヤが外れたら大変なので、締め付けレンチを足で踏み付けて思いっ切り力を込めて締めたのが原因だと思います。

タイヤを固定するボルトは5本あるので、このまま4箇所だけ固定した状態で修理工場まで運転していこうかと思いましたが、それはやめておきました。

「ボルトが1本折れた状態で走行しても大丈夫か?」とネットで調べて見たのですが、折れたままの状態で走行すると、折れていない健全なボルトに過剰な負荷がかかって、他のボルトも破損する可能性があり、最悪の場合は脱輪する可能性もあると掲載されていました。

以前、車から外れたタイヤで人が死んでしまった事故のニュースを見たことがありますが、そのことを思い出して無理に運転するのはやめて、レッカー車で修理工場まで運んでもらうことにしました。修理工場で車を引き取りに来てくれることを期待して修理工場に電話してみたのですが、残念ながら車を引き取りには来てくれませんでした。そのため自分でレッカー車で車を運んでくれるロードサービスの業者さんをネットで探して電話しました。

搬送先の修理工場までは10kmくらいだと思います。修理中に代車を貸してもらえるので、修理工場までレッカー車に同乗させてください。

ボルトが折れたのは1本だけです。ボルトが折れてからは車を動かしていないので、ボルトを1本だけ新しいものに交換する修理で済めば良いのですが・・・。

ロードサービス・トピックス:自動車タイヤのパンク原因と修理について

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

タイヤがパンクする原因

自動車タイヤのパンク

タイヤがパンクする原因としては何通りかあります。

①釘やガラス片などの尖ったものがタイヤに刺さる

パンクする原因としては一番多いケースです。走行中に周期的に異音がする場合は、タイヤに何かが刺さっている可能性があります。ほとんどの場合はタイヤの溝に小石が挟まっている異音と思いますが、気になる場合はタイヤに何か刺さっていないか確認した方が良いでしょう。

②縁石などの角にタイヤの側面を擦り付けた。

縁石の角などにタイヤの側面を擦り付けてしまうと、タイヤの側面が傷付いてパンクすることがあります。お店の駐車場などで起きやすいですが、タイヤの側面を傷付けてパンクすると修理ができませんので注意した方が良いでしょう。

③ホイールリムの変形や劣化

タイヤをどこかにぶつけてホイールリムが変形したり、ホイール自体が腐食などで劣化してくると、タイヤとの接触部に隙間ができて空気が抜けてしまいます。

④タイヤの空気圧不足で走行

タイヤの空気圧が少ないまま走行を続けると、無理な負荷がかかりタイヤを痛めてしまいます。ゴムが剥離したり変形して、最悪の場合は走行中に破裂してしまう危険性もあります。1ヶ月に一度は、給油する時にタイヤの空気圧点検をしたり、空気を補充するようにすれば予防できます。

⑤イタヅラ

人の手で故意にタイヤに穴を開けられるケースです。タイヤの側面に刃物や尖ったものを突き刺された形跡がある場合は、イタヅラされた可能性があります。パンクした状態のタイヤを見てイタズラかどうか判断するのは難しいと思いますが、周辺の車もパンクしていたり思い当たることがあるようであれば、警察に相談すると良いでしょう。

パンクした時の対処について

タイヤの空気が抜けていることに気づいて釘が刺さっている場合は、釘を抜き取るとタイヤの空気がすぐに抜けてしまいますので、そのままタイヤのパンク修理をしてくれるところまで走ってしまうのも良いと思います。しかし、タイヤの傷が大きかったり空気が抜け切ってしまった場合は、そのまま走行することはできません。その場合は、路肩や安全な場所に停車するしかありません。

スペアタイヤを積んでいればタイヤ交換することになりますが、スペアタイヤがなかったりパンク修理キットもない場合は、当社のレッカーサービスをご利用ください。タイヤを扱っているお店(タイヤ専門店、ディーラー、カー用品店など)までレッカー移動いたします。

パンクの修理について

パンクの修理方法としては「外面修理・内面修理・焼付修理」などの方法があります。外面修理はタイヤと地面の接地面に釘などが刺さった時の修理方法ですが、タイヤの外側からパンク修理材のプラグなどを用いて修理します。修理キットが販売されていますので、ご自分で修理することも可能です。

しかし、高速道路では時速80kmを超えるスピードで走ることもありますので、もしものことを考えるとタイヤのパンク修理は信頼できるところに頼んだ方が良いでしょう。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

北海道での業者選びは電話品質と安心の適正価格
北海道対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→