札幌市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 北海道 > 札幌市

札幌市でのレッカー移動サービスに24時間対応

札幌市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
札幌市のレッカー移動などロードサービス料金
札幌市のレッカー業者

札幌市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

札幌市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、中央区/北区/東区/白石区/豊平区/南区/西区/厚別区/手稲区/清田区など札幌市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

札幌市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
札幌市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

札幌市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

札幌市のレッカー移動サービス対応情報

中央区/北区/東区/白石区/豊平区/南区/西区/厚別区/手稲区/清田区など、札幌市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

札幌市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

札幌市でのロードサービス(レッカー)対応事例

札幌市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

札幌市白石区:縁石乗り上げ車両救援後にレッカー搬送

出張場所:札幌市白石区の店鋪駐車場出入口付近

車種:トヨタ ルーミー(平成28年式)

作業内容:左側前輪を縁石に乗り上げた車両を引き出し後にタイヤ周辺を点検。走行不能状態のため、お客様ご指定のトヨタ販売店までレッカー搬送。

コメント:道路沿いのお店の駐車場にから出て左折しようとしたのですが、その時に駐車場に入ろうとしてきた車を避けるため、少し早めに左側にハンドルを切ってしまいました。いつもはゆっくりと車道に入っていくのですが、道路が空いていたのでアクセルを踏み込んでしまいました。

結局、ハンドルを早く切り過ぎて縁石に助手席側のタイヤを乗り上げてしまいました。乗り上げた後はタイヤが浮いてしまっているので脱出することができなくなりました。

縁石に乗り上げてしまったタイヤは、どこかが曲がってしまったみたいなので、レッカー車で引き出してもらっても道路を走るのは無理そうです。札幌市内のトヨタ販売店に先程連絡したのですが、事情を説明して車をレッカー車で運んでいくことになりました。

今まで15年ほど車を運転していますが、故障して身動きできなくなったことも事故ったこともなかったので、レッカー車のお世話になるのは初めてでした。駐車違反で勝手にレッカー移動されたことは一度ありますが・・・。

初めてのレッカー利用でしたが、電話してすぐに来てくれて大変助かりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

札幌市の警察署・市役所の連絡先

  • 札幌方面中央警察署:札幌市中央区北1条西5丁目4「TEL:011-242-0110」・・・他
  • 札幌市役所:札幌市中央区北1条西2丁目「TEL:011-211-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

縁石の乗り上げて(ぶつけてしまった)後の点検

車道と歩道を分離して歩行者を保護するために、車道と歩道の間に縁石が設置されています。普通に道路を運転している時には、ほとんど縁石に車のタイヤをぶつけることはないと思います。しかし、歩道の先にお店などの駐車場がある場合や、スリップや事故などでハンドル操作を誤ったり、縁石に気付かなかったり内輪差を考えないでハンドル操作してしまうと、縁石にタイヤを乗り上げたりぶつけてしまうことがあります。

もし、縁石にタイヤを乗り上げたりぶつけてしまった場合は、タイヤやホイールがダメージを受けている可能性がありますので、早めに点検をした方が良いでしょう。点検内容としては、タイヤのホイールのキズの程度、そしてアライメントのズレなどを点検します。

タイヤのキズや空気圧の点検

普通の健全なタイヤであれば、縁石に擦ったくらいではタイヤの表面に擦った跡が付くくらいで、パンクするほどのダメージを受けることはほとんどありません。しかし、長年使っているタイヤで経年劣化によって硬化し、タイヤにひび割れができているタイヤは、ぶつけた時の圧力で押し潰されて裂け目ができ、空気が抜ける場合もありますので注意が必要です。

タイヤは消耗品ですので、経年劣化でひび割れが出ている場合は、早めに交換しておいた方が安全と言えるでしょう。

ホイールが変形していないか点検

縁石へのぶつかり方や強さによって、ホイールが変形してしまう場合があります。軽く擦って表面に擦りキズができた程度であれば、ほとんどの場合は問題ありませんが、タイヤと接触しているホイールの外縁部が変形してしまうと、タイヤの空気が抜ける恐れがあります。リムはタイヤとホイールを密着させて、空気が漏れるのを防いでいますので、リムが変形してしまうと、タイヤの空気圧を維持できずパンクしてしまいます。

リムが変形した場合、すぐに空気漏れが確認できなかった場合でも、走行中に空気漏れが始まることもありますので、スペアタイヤに交換して最寄りのタイヤやホイールを取り扱っているお店や整備工場に相談した方が良いでしょう。

ホイールのリムの修理は難しい場合が多いですが、修理するかそれとも安全を重視してホイールを交換するか、専門家のアドバイスをもらった方が良いでしょう。

アライメントのズレを点検

強く縁石にぶつけたり、走行中に縁石に乗り上げてしまうと、アライメントがズレてしまうことがあります。アライメントは、タイヤの取り付け角のことで、車が真っ直ぐ走行できるように調整されています。ほとんどの場合、縁石にぶつけたり乗り上げるのは前輪ですが、前輪はハンドル操作で車が進む方向が伝わるところですので、アライメントがズレてしまうと、ハンドル操作通りに正しい方向に進めなくなります。

目視でアライメントのズレは確認できませんので、縁石乗り上げなどでタイヤに強い衝撃を与えてしまった場合は、タイヤやホイールにダメージがない場合でも、最初はゆっくり走行してみて真っ直ぐ進めるかどうか確認した方が良いでしょう。もし、真っ直ぐ進むようにハンドル操作しても左右どちらかに曲がってしまう場合は、運転するのはやめて、レッカー車を手配して整備工場に運んだ方が安全です。

タイヤは走行している時に路面と接触している部分です。全車重がかかっていますので、タイヤに不具合が生じていると大変です。そのまま放置してしまうと事故を起こす危険性がありますので、少しでも不安がある場合は、必ず点検を行い、整備または修理した方が良いでしょう。

札幌市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
札幌市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→