鹿児島県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 鹿児島県

鹿児島県でのレッカー移動サービスに24時間対応

鹿児島県でのレッカー移動などロードサービス料金
鹿児島県のレッカー業者

鹿児島県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

鹿児島県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、鹿児島県の鹿児島市・薩摩川内市周辺地域のレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

鹿児島県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカー・ロードサービスの料金詳細はこちら

鹿児島県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
鹿児島県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

鹿児島県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い鹿児島県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。鹿児島県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

鹿児島県のレッカーサービス対応エリア

鹿児島県でのロードサービス対応情報
  • 【あ】姶良市/阿久根市/奄美市/伊佐市/出水市/串木野市/指宿市/姶良郡-湧水町/出水郡-長島町
  • 【か】鹿児島市/鹿屋市/霧島市/肝属郡-錦江町・南大隅町・東串良町・肝付町
  • 【さ】薩摩川内市/志布志市/曽於市/薩摩郡-さつま町/曽於郡-大崎町
  • 【た】垂水市
  • 【な】西之表市
  • 【は】日置市
  • 【ま】枕崎市/南九州市/南さつま市

鹿児島県でのロードサービス(レッカー)対応事例

出張場所:薩摩川内市御陵下町のファミリーレストラン駐車場

車種:日産 セドリック

お客様のコメント:駐車場に戻った時に車が助手席側に少し傾いている様な気がしたのですが、助手席側のタイヤが前後ともパンクしていました。タイヤが2本とも一緒にパンクするのはおかしいですので、何かを刺されたのだと思います。

良く見ないと分かりませんが、タイヤの側面に1箇所ずつ小さな穴が開いているみたいですので、悪意を持ったイタズラによるパンクで間違いないと思います。タイヤ1本であればパンクの応急処置キットで自走することができたかもしれませんが、2本ともパンクしたのではどうにもなりません。

タイヤの側面に穴を開けられたので、パンク修理はできなくてタイヤ交換になると思います。近くにすぐにタイヤ交換できるところがありましたら、そこまでのレッカー移動をお願いします。

トピックス:エンジンオイルランプ(油圧警告灯)の警告灯が点灯した場合

エンジンオイルランプ(油圧警告灯)の警告灯が点灯した場合

メーターパネルの油圧警告灯(エンジンオイルランプ)が、点いたり消えたりし始めた時や点灯した状態を無視して走行を続けてしまうと、エンジンが壊れてしまう恐れがありますので注意が必要です。

エンジンオイルランプは赤色の警告灯ですので、速やかに走行を中止してレッカーの手配を行い整備を受ける必要があります。

エンジンオイルランプが点いたり消えたりする状態

エンジンオイルランプは、エンジン始動後は消えているのが正常な状態です。本来は消えているものが点いたり消えたりするのは、エンジンオイルに何らかの異常が起きていることをドライバーに伝えている状態です。エンジンオイルランプは、エンジンオイルの量が少なくなっている状態で点灯する場合が多いですが、量だけでなくエンジンオイルの管理が悪いと警告灯が点灯します。

エンジンの回転数が上がった瞬間には、多くのエンジンオイルがエンジン内を循環しますが、エンジンオイルの状態が悪くなってくると、警告灯が点いたり消えたりすることから始まることが多いです。そのため、走行中に時々点灯する様になりますが、点いたり消えたりして点滅している状態の内にきちんと整備した方が良いでしょう。

点滅から点灯したままになった場合

エンジンオイルを交換しない状態が続くと、オイルが汚れて量も減っていき、エンジンオイルランプが点灯する頻度も多くなります。最終的にはエンジンオイルが規定量よりも少なくなってしまい、ランプが点灯したまま消えなくなってしまいます。

エンジンオイルランプは、エンジンオイルが規定量入っている場合でも点灯することがあります。エンジンオイルが入っていても、エンジンオイルがエンジン内を正常に流れなくなると点灯することがあります。

エンジン内部を正常にオイルが流れなくなると、エンジンを構成している部品が壊れてしまいます。エンジンオイルは、金属部品同士がお互いに直接触れない様に潤滑する役目がありますが、オイルが正常な状態でないと潤滑できなくなって、金属部品同士の摩擦によってエンジンが焼き付いてしまいます。

エンジンオイルが異常な状態になり、エンジンが滑らかに回転しなくなると、硬いものがぶつかり合う様な大きな異音が聞こえる様になります。そのままの状態で走行を続けてしまうと、異音はさらに大きくなりエンジンは止まってしまいます。そしてエンジンは焼き付いた状態になり、二度とエンジンがかからない状態になるこを覚悟しなければいけなくなることが多いです。

エンジンが焼き付いてしまった場合、エンジンを交換しなければいけない修理は免れないですが、かなり高額な費用が掛かります。車の年式や状態によっては、廃車という選択をしなければいけなくなることもあります。

エンジンオイルランプは、赤色の警告灯ですので点灯状態で走行することはお勧めできません。速やかに安全な場所に車を停車して、当社の様なロードサービスを利用して、整備工場までレッカー移動することをお勧めします。

お急ぎのロードサービスはこちら→