薩摩川内市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 鹿児島県 > 薩摩川内市

薩摩川内市でのレッカー移動サービスに24時間対応

薩摩川内市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
薩摩川内市でのレッカー移動などロードサービス料金
薩摩川内市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

薩摩川内市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

薩摩川内市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、薩摩川内市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

薩摩川内市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
薩摩川内市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

薩摩川内市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

薩摩川内市のレッカー移動ロードサービス対応情報

薩摩川内市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

薩摩川内市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

薩摩川内市でのロードサービス(レッカー)対応事例

薩摩川内市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

薩摩川内市永利町:走行中にエンストした車両をレッカー移動

出張場所:薩摩川内市永利町の空港道路道路脇

車種:マツダ アテンザ

お客様のコメント:運転中に突然エンジンが止まってしまい驚きました。ハンドルやブレーキが驚くほど重くなりましたが、何とか道路脇に車を停めることができました。車のことはそれほど詳しくないのですが、停車してからは二度とエンジンがかからない状態です。

自宅近くで世話になっている整備工場に相談して車の状況を説明したところ、バッテリーやガス欠ではないみたいなので、工場で点検してみないとエンジンがかからない原因は分からないし修理もできないと言われました。

この近くの整備工場で修理するか、それとも自宅近くの整備工場で修理するか考えましたが、電話で相談した自宅近くの整備工場で修理することにしました。30kmくらいのレッカー移動になりますが、レッカー車に同乗でのレッカー移動をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

薩摩川内市の警察署・市役所の連絡先

  • 薩摩川内警察署:薩摩川内市原田町1-1「TEL:0996-20-0110」
  • 薩摩川内市役所:薩摩川内市神田町3番22号「TEL:0996-23-5111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オートマ車で走行中にエンストした時の対処法

オートマ車で走行中にエンストした時の対処法

通常はエンストすることのないオートマ車を運転中にエンストしてしまうと、誰でも慌ててしまう状況に陥ります。走行中のエンストは、ハンドルやブレーキにもエンストの影響が出ますので、どの様な状況になるかを知っておくことも大切です。

安全な場所に停車して再始動を試みる

走行中にエンストしてしまった場合、惰性走行で安全な場所に移動して停車する必要があります。停車できた後は、エンジンを再始動できる場合もありますので再始動を試みます。しかし、この様な状況では慌てている場合もありますので落ち着くことが大事ですが、Dレンジのままでエンジン再始動を試してしまいがちです。

オートマ車の場合は、いつもと同じ様にPレンジに入れてブレーキペダルを踏んでいないとエンジンはかかりません。車に致命的なトラブルが起きていなければ、エンジンが再始動できる可能性がありますので、まずは落ち着いて慌てずにエンジン再始動を試みてください。

エンジンがかかった場合は、少し様子を見た方が良いですので、急に走り出さずにアイドリング状態のままDレンジに入れ、より安全な場所まで移動してください。走行中にエンストしたということは、車に何らかの異常が起きている可能性があります。

走行中にエンストした時の運転操作への影響

走行中のエンストは、エンジンが停止して加速できなくなるだけでなく、ハンドルとブレーキ操作が極端に重くなります。最近の車は、パワーステアリングとブレーキブースターで快適に運転操作ができますが、これらはエンジンのアシストで操作が軽くなっています。

そのため、エンジンが停止してしまうとアシストがなくなってしまうため、ハンドルとブレーキ操作が極端に重くなってしまいます。一度体験すれば分かりますが、いつもの様に正常な操作ができなくなり、安全な場所への停車も非常に困難になります。但し、ハンドルやブレーキが全く操作できなくなる訳ではありませんので、しっかりとハンドルを握ってハンドル操作を行い、ブレーキもいつもより力を込めて踏み込めば、安全な場所まで移動して停車することができます。

エンジンが再始動できない場合はレッカー手配

エンストした原因は様々なことが考えられますが、その場所では点検も修理も行えませんので、レッカー車で整備工場などに車を移動する必要があります。エンジンが再始動できない場合は、キアをPレンジに入れサイドブレーキをかけてレッカー車を手配します。

やむを得ず路肩に停車した場合は、故障して停車していることを周囲の車にアピールして2次被害を防ぐ必要があります。ハザードランプを点灯して、車の後方に三角停車板を設置するなどの安全措置を行ってください。高速道路の場合は、停車している車の50メートル以上後方に三角停車板を置きますが、発煙筒を焚くのも効果的です。

安全措置を行った場合でも、停車中の車に追突される危険性があります。レッカー車の到着を車内で待つのではなく速やかに車外に出て、ガードレールの外側、そして車の後方で待機してください。路側帯で停車していても追突される事故は頻繁に起きており危険です。

薩摩川内市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
薩摩川内市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→