長崎県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 長崎県

長崎県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

長崎県のロードサービス(レッカー業者)

長崎県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

長崎県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、長崎市/諫早市/雲仙市/西海市/佐世保市などを拠点としております。長崎県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

長崎県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

長崎県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
長崎県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

長崎県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い長崎県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。長崎県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

長崎県のレッカーサービス対応エリア

オーバーヒート故障の原因になる冷却水不足
  • 【あ】諫早市/大村市/雲仙市
  • 【か】北松浦郡-佐々町・小値賀町
  • 【さ】佐世保市/西海市/島原市
  • 【な】長崎市/東彼杵郡-川棚町・東彼杵町・波佐見町/西彼杵郡-長与町・時津町
  • 【は】平戸市
  • 【ま】南島原市/松浦市
  • ※対馬市/五島市/北松浦郡/南松浦郡および離島は除く
  • 長崎オランダ村/ハウステンボス/長崎ランタンフェスティバル/長崎バイオパーク/九十九島パールシーリゾート/長崎ペンギン水族館/雲仙天草国立公園/西海国立公園/平戸公園/田平公園/西海橋公園/長崎県立総合運動公園/百花台公園などの観光地やレジャー施設などにも出動します。

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

特に注意が必要なメーターパネルの警告灯の種類や意味

メーターパネルの警告灯の種類や意味

エンジンを始動する時にメーターパネルに様々な警告灯が一時的表示されますが、運転中に点灯した警告灯は車にどのようなトラブルが発生しているかを一目で分かる様に知らせてくれます。せっかく警告灯が点灯してトラブルを教えてくれているのに見逃してしまうと、思わぬ故障や大きなトラブルに繋がることがあります。そのためにも、万が一点灯した場合に適切な対処ができるようにしておく必要があります。

車の異常を教えてくれる警告灯

警告灯は運転中でも気づきやすい様にメーターパネルに配置されています。車に関する故障や異常発生をマークと色で教えてくれます。直観的なマークで教えてくれますが、どの車種でもほぼ同じマークが使われています。

表示色によって異なる危険度

警告灯は3種類の色(赤色・黄色やオレンジ色・青色)で危険度を教えてくれます。

赤色

運転できない深刻な異常がある時に点灯します。直ちに安全な場所に停車して適切な処置を行う必要があります。ディーラーや整備工場に相談して、車はレッカー搬送で移動してください。

黄色やオレンジ色

すぐに運転をやめなければいけないような深刻な異常ではありませんが、できるだけ早く適切な対処をしなければいけない状態です。ディーラーや整備工場に相談して、自走して車を移動するかレッカー搬送で車を移動してください。

青色

水温警告灯はエンジン始動直後は青色に点灯して数分後に消えますが、青色は安全を示していますので特に気にする必要はありません。

警告灯を見逃したり放置してはいけません!

警告灯が点灯しているのに見逃してしまったり、そのまま運転を続けて放置してはいけません。故障の原因になるだけでなく、事故の原因になったり、車に大きなダメージを与えて廃車になってしまうこともあります。警告灯が点灯したら、何の異常が起きているかを知ることも大切ですが、速やかに適切な対処を行って修理や点検を行わなければいけません。

以下の警告灯の点灯には特に注意する必要があります。

水温警告灯

エンジンの冷却水が異常な高温になった時に点灯します。漏れによる冷却水不足や詰まりで点灯するケースもありますが、サーモスタットの故障やラジエーターの故障なども考えられます。いずれにしてもそのまま運転を続けてしまうと、オーバーヒートしてしまう可能性があります。速やかに安全な場所に停車して適切な処置を行わなければいけません。

油圧警告灯

オイル漏れなどでエンジンオイルの量が不足したり、油圧が低下している時に点灯します。点灯したままの状態で運転を続けてしまうと、エンジンに大きなダメージを与えてしまいますので、速やかに安全な場所に停車して、オイルの補充や整備工場にレッカー搬送して、異常が起きた原因を調べて修理する必要があります。

充電警告灯

バッテリーに異常が起きている場合、そしてオルタネーターやベルトなどの発電設備に異常が起きている場合に点灯します。そのまま運転を続けてしまうと、突然エンストしてしまう可能性もありますので、速やかに安全な場所に停車して適切な処置を行わなければいけません。

排気温警告灯

排気ガスやエキゾーストパイプが異常な高温になった時に点灯しますが、温度感知センサーやアンプなどの故障も考えられます。速やかに安全な場所に停車する必要がありますが、枯れ草などの燃えやすいものがある場所を避けて停車してください。何らかの理由で高温の未燃焼ガスが流れ込んでいる可能性もありますので、火気厳禁で引火にも注意してください。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

長崎県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
長崎県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→