倉敷市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 岡山県 > 倉敷市

倉敷市でのレッカー移動サービスに24時間対応

倉敷市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
倉敷市でのレッカー移動などロードサービス料金
倉敷市のロードサービス(レッカー移動業者)

倉敷市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

倉敷市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、倉敷/児島/玉島/水島/茶屋町/船穂/真備/庄地区など倉敷市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

倉敷市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
倉敷市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

倉敷市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

倉敷市のレッカー移動サービス対応情報

倉敷/児島/玉島/水島/茶屋町/船穂/真備/庄地区など倉敷市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

倉敷市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

倉敷市でのロードサービス(レッカー)対応事例

出張場所:倉敷市玉島の給油スタンド

車種:いすゞ ジャーニー マイクロバス 18人乗り

作業内容:倉敷市内のスタンドから修理工場までレッカー搬送。

コメント:自家用車はガソリン車なのですが、セルフスタンドで給油する際に軽油のマイクロバスにガソリンを給油してしまいました。給油する前の燃料計は燃料警告が表示される寸前くらいでしたので、ほぼ満タンのガソリンを軽油のマイクロバスに入れてしまいました。

ガソリンを間違えて給油したことは、燃料キャップを閉める時に自分で気付きましたが、気付いた時は意識がなくなるかと思うほどの衝撃でした。給油したスタンドで燃料の入れ替えができるか頼んでみましたが対応できないと言われてしまい、会社に燃料を間違えて給油してしまったことを報告して、対処方法の指示を待っていました。

しばらく反省しながら指示を待っていましたが、レッカーを手配したので修理工場まで搬送して修理することになったそうです。レッカー業者さんの方が早く到着してくれましたが、会社の担当者ももうすぐここに来ると思います。

お客さんを乗せていなかったのが幸いですが、自分のうっかりミスで大勢の方に迷惑を掛けてしまいました。これからどうなるか・・・。会社に戻ってからかなり叱られると思いますので覚悟しておかないといけないですね。

倉敷市の警察署・市役所の連絡先

  • 倉敷警察署:倉敷市大島451-1「TEL:086-426-0110」
  • 児島警察署:倉敷市児島駅前4丁目83「TEL:086-473-0110」
  • 玉島警察署:倉敷市玉島1354「TEL:086-522-0110」
  • 水島警察署:倉敷市水島南幸町4-1「TEL:086-444-0110」
  • 倉敷市役所:倉敷市西中新田640「TEL:086-426-3030」

ロードサービス・トピックス

エンジンが故障してしまうと修理代も高くなり、廃車にもつながってしまう可能性もあります。ボンネットを開けなければエンジン付近は点検できませんので、一般ユーザーはあまり目にしないところですが、故障を早期に発見できれば修理代も安くなりますので日頃の点検は重要です。

エンジンが故障した時の症状と原因

倉敷市でのロードサービス(レッカー)対応事例

故障してしまった時には症状を悪化させないためにも症状と原因を把握しておく必要があります。エンジンの構造は複雑ですのでどこが故障したのか一般の方では判断するのが難しいですが、ラジエーターやオイル漏れなどは目視で確認できます。また、エンジンの音で故障を判断できる可能性もあります。

オイル漏れ

エンジンオイルが漏れる原因は、何かにぶつけたり衝突などの事故以外であれば部品の劣化によるものが考えられます。部品の劣化などによるオイル漏れは気付くのが遅れる可能性がありますが、エンジンオイルが減ってしまうとエンジンの負担につながります。ピストンやシリンダーなどの摩擦抵抗が大きくなり、最終的にはエンジンが焼き付いてしまう場合もあります。

オイル漏れ警告灯などで発見できることも多いですが、オイル漏れしている状態ではできる限り走行しないでレッカー車などで修理工場に運んだ方が良いでしょう。すぐに適切な対処をすれば大規模な修理にならないで済みます。

ラジエーターの故障

ラジエーターが故障すると、正常に冷却水が機能しなくなりエンジンの温度が次第に高温になってしまいます。そのまま走行していると最終的にはオーバーヒート状態になり、エンジンの焼付き現象を起こしてしまいます。

ラジエーターの故障は、ホースや本体が何らかの原因で破損して内部の冷却水が漏れ出してしまうことで起きますが、水温計などの警告でラジエーターの異常に気付いた時は、走行を停止してエンジンを止めます。そしてボンネットを開けてラジエーター付近を点検して水漏れしていないか確認します。

もし、水漏れが確認できた時は不足している水をミネラルウォーターで補いながら修理工場に持ち込む方法もありますが、エンジンに負担をかけてしまう可能性もありますので、レッカー車を手配して修理工場に搬送した方が良いでしょう。

エンジンの音で故障を判断

エンジンまわりの故障は「音」で判断できる場合もあります。どこかに不具合が出ている時は、いつも聞こえない違和感のある音がします。普段から意識していないとあまり判別できないこともありますが、少なくともエンジン始動時は耳を澄まして「音」を聞くようにすると良いと思います。

例えば、エンジン始動時に空回りするような音がする時はエンジンベルト部分に異常が起きている可能性があります。エンジンオイルに不具合がある場合は、いつもよりエンジンの音が大きく感じることもあります。また、冷却水が漏れている場合もいつもと違う音が聞こえてきます。

エンジンルームの点検

定期的に車の状態を点検することで、エンジンまわりの異常に気づくこともできます。エンジンルームの中は、普段はあまりしない方が多いと思いますが、最低でも1ヶ月に1回程度は確実に点検を行なうことが、不具合や故障の早期発見につながります。

点検項目としては各種液体「エンジンオイル・冷却水・バッテリー液・ブレーキ液・ウォッシャー液」などの量を点検し、液漏れしていないかも確認します。そして、ベルトに亀裂ができていないか、テンションは正常かなども点検すると良いでしょう。

倉敷市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
倉敷市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→