岡山県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 岡山県

岡山県でのレッカー移動サービスに24時間対応

岡山県のレッカー業者

岡山県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

岡山県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、岡山市/倉敷市/総社市/玉野市/笠岡市/瀬戸内市/井原市周辺地域および岡山県全域のレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

岡山県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

岡山県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
岡山県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

岡山県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い岡山県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。岡山県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

岡山県のレッカーサービス対応エリア

岡山県対応ロードサービス
  • 【あ】赤磐市/浅口市/井原市/岡山市
  • 【か】笠岡市/倉敷市/鏡野町(苫田郡)/吉備中央町(加賀郡)/久米南町(久米郡)
  • 【さ】瀬戸内市/総社市/里庄町(浅口郡)/新庄村(真庭郡)
  • 【た】高梁市/玉野市/津山市
  • 【な】奈義町(勝田郡)/新見市/西粟倉村(英田郡)
  • 【は】備前市/早島町(都窪郡)
  • 【ま】真庭市/美作市/美咲町(久米郡)
  • 【わ】和気町(和気郡)

※岡山県内:全域対応です。

岡山県でのロードサービス(レッカー)対応事例

岡山県でのロードサービス(レッカー)対応事例

出張場所:倉敷市玉島乙島:お客様の親戚のご自宅

車種:トヨタ ハリアー

作業内容:倉敷市から岡山市のトヨタディーラーまで、エンジンが掛からなくなった故障車のレッカー搬送。

コメント:倉敷市の親戚の家に来る時にこの車を運転してきましたが、特に変わった様子はまったくありませんでした。用事が終わって岡山市の自宅まで帰ろうとしたのですが、車のエンジンがかからなくなってしまいました。

バッテリー上がりを疑いましたが、昨年バッテリーを交換したばかりでセルモーターもいつもと同じ様に動くのにエンジンが掛かりません。ボンネットを開けてエンジンルームを見ましたが、それほど車のエンジンに詳しい訳ではないので、どこが故障してしまったのかは分かりません。ボンネットを開けてオイルやベルト関係は確認してみましたが、特に問題はなかったしメーターパネルの警告灯なども点灯はしていません。

しかし、故障したのは確実ですので、この近くの修理工場で修理するか、この車を買った家の近くの販売店に持っていくか迷いましたが、自宅近くの販売店に修理を頼んだ方が後で面倒くさくないと思いました。いずれにしろ車を走らせることができないので、レッカー搬送を頼む業者さんをネットで検索して探しました。

倉敷市の親戚の家から岡山市の販売店までは26kmくらいの距離なので、レッカー搬送料金は3万円くらいだったのでお願いすることにしました。ロードサービスは契約しているところはなかったのですが、会員でなくても即日対応してくれるロードサービスの業者さんが見つかって良かったです。

私以外の家族は親戚の車で自宅まで送ってもらえるので、自分だけレッカー搬送車に同乗させてもらって一緒に販売店まで行きます。

ロードサービス・トピックス

岡山県でのロードサービス(レッカー)対応事例

故障や事故でクルマが走行不能になった場合、そのまま故障車や事故車をその場所に放置しておくことはできませんので、レッカー車による移動が必要になります。時々、高速道路の路肩に停車しているクルマを見かけますが、その時に適切な処置をしないで高速道路上に停車しているケースがあります。

故障や事故で困っているのは当然ですが、高速道路の路肩は大変危険です。特に夜間などは眠気でウトウトしたドライバーが、前を走行しているクルマと勘違いして突っ込んでくることもあります。高速道路上で停車する時に二次被害を防ぐためにできることは、非常停止表示板を適切な場所に設置することです。非常停止表示板の赤い三角マークで停車していることを後続車に知らせます。

非常停止表示板はクルマを購入した時に付属品として付いていることは少ないですので、クルマにまだ積んでいない場合は、すぐに購入しておいた方が良いでしょう。安い物を探せば1,000円以下で購入できます。故障や事故で停車する時に使用する非常停止表示板は、道交法でも所持することを義務付けており、高速道路での停車中に使用していなければ違反になってしまいます。

非常停止表示板を置く場所

高速道路でクルマが走行不能になった場合は、路肩に停車することが少なくないと思います。その時は安全を確認しながら、速やかに車の後方50mくらいのところに非常停止表示板を置きます。車のすぐ後ろに置いてしまうと効果が半減してしまいます。50mくらい後方に置いておけば、居眠り運転のクルマが衝突してくる前に非常停止表示板を跳ね飛ばしますので、その音で目を覚ましてくれる効果を期待できます。

レッカー車を待つ時

非常停止表示板を適切な場所に置いた後は、高速道路に設置してある緊急電話や携帯電話で停車していることを知らせ、ロードサービスによるレッカー搬送の手配をします。緊急電話まではガードレールの外を歩かないと危険です。

レッカー車が到着するまでは、クルマの中にいたり周辺をウロウロしていると危険です。車内は後続車の追突の危険性がありますが、停車中の車の周辺も同じです。ガードレールの外の安全な場所でレッカー車の到着をお待ちください。

ガードレールの外側で待つ時も、停車中の車から離れたところにいた方が良いです。追突したクルマや衝撃で破損した部品が飛び込んでくる可能性があります。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→