玉野市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 岡山県 > 玉野市

玉野市でのレッカー移動サービスに24時間対応

玉野市でのレッカー移動などロードサービス料金
玉野市のロードサービス(レッカー移動業者)

玉野市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

玉野市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、宇野/玉/田井/築港/奥玉/玉原/和田/日比/渋川/東児/山田/八浜/荘内など玉野市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

玉野市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

玉野市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
玉野市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

玉野市のレッカー移動サービス対応情報

宇野/玉/田井/築港/奥玉/玉原/和田/日比/渋川/東児/山田/八浜/荘内など、玉野市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

玉野市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

玉野市でのロードサービス(レッカー)対応事例

玉野市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

玉野市宇野:パンク車両のレッカー搬送

出張場所:玉野市宇野のショッピングセンター駐車場~カーショップ

車種:ホンダ N BOX(平成26年式)

作業内容:左後輪がパンクした軽自動車をお客様ご指定のカーショップまでレッカー搬送。

コメント:今日は平日ですが仕事がお休みなので、買い物をするために一人で車を運転して出掛けてきました。運転している途中で何かをタイヤが踏み付けたような音がしました。大きなトラックの後ろを走っていたので、道路に何が落ちていたのかは分かりませんでした。バックミラーでも確認してみましたが、後続車があったのでタイヤで踏み付けてしまったものを確認はできませんでした。

しばらく走っている内に何かがタイヤに絡まっていないか心配になったので、路肩に停車してタイヤを確認してみましたが何ともありませんでした。そして目的地のショッピングセンターに着いて2時間ほど駐車しておきました。

買物が終わって車に戻ったら、車が傾いていて助手席側の後ろのタイヤがパンク状態になっていました。今までパンクしたことなどないので、どうしたら良いか分かりませんでしたし、タイヤ交換など自分で行なったことなどありませんでした。

父親に電話してどうしたら良いか聞いてみましたが、仕事中なので助けには来られずレッカー業者を探して電話番号を教えてくれました。そして、この車はタイヤ交換をして2週間しか経っていないので、タイヤ交換したカーショプにレッカー車で運んでもらう様に伝えられました。

カーショップまでレッカー車で移動してもらうことになりましたが、カーショップがお休みだったら大変なので、営業中かどうかは電話で確認済みで、これからタイヤのパンク修理に行くことも伝えてあります。カーショップまで車と自分を運んでください。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

玉野市の警察署・市役所の連絡先

  • 玉野警察署:玉野市宇野1丁目13-1「TEL:0863-32-0110」
  • 玉野市役所:玉野市宇野1-27-1「TEL:0863-32-5588」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車の日常点検時のエンジンルームの確認について

エンジンルームの点検

車に使われている部品などは、走行距離や経年劣化などの要因で消耗していきますので、劣化した部品や交換時期を迎えている部品は交換しなければいけません。また、ウィンド・ウォッシャー液の様に使ったら補充が必要なものもありますので、その劣化や消耗具合、補充などを車の運転者自身が定期的に日常点検として行わなければいけません。

車の日常点検は、主に「エンジンルームの確認・車のまわりを回って点検・運転席に座って機器を操作して点検」などがありますが、日常点検をきちんと行なうことで整備不良による故障や事故の予防になります。また、故障した場合でも異常を早期に発見できれば、修理費用を抑えることもできます。

車のまわりを回って点検するのは、主にタイヤの状態やヘッドライトなどランプ類の点灯・点滅具合、汚れ、損傷などで、運転席に座って機器を操作して点検するのは、ブレーキ・パーキングブレーキ・ウィンド・ウォッシャー・ワイパーなど、運転時に操作する機器類が正常に動作するか実際に操作して確認します。
エンジンルームの確認は、ボンネットを開けて確認することになりますが、以下のような箇所について点検します。

エンジンルームの確認(液やオイル量)

エンジンルームの確認では、バッテリーやベルト類の点検も大事ですが、「エンジンオイル・バッテリー液・冷却水・ウィンド・ウォッシャー液・ブレーキフルード」などのオイルや液量の点検や補充も行います。

エンジンオイルの量
エンジンオイル量の点検は、平らな場所でエンジンをかける前かエンジンを停止してから10分以上経過後に、オイルの状態が落ち着いてから行います。

オイルレベルゲージを抜き取り、オイルレベルゲージの先端に付着しているオイルの量が規定の範囲(H~L)の間にあるかを点検します。エンジンオイルが不足していたり、オイルレベルゲージに付着したオイルが明らかに黒く汚れている場合は、新しいエンジンオイルに交換する必要があります。

エンジンオイルの交換時期は、走行距離や使用期間で判断することが多いですが、汚れたオイルを交換しないでいると、燃費も悪くなりエンジン故障の要因になる可能性があります。

エンジンオイルが極端に少ない場合は、オイル漏れしている可能性がありますので、エンジンの下回りを確認して、オイル漏れしている箇所がないか確認する必要があります。

バッテリー液の量
バッテリー液の量が規定の範囲(UPPER~LOWER)にあるかを点検します。バッテリーの内部は6箇所に別れていますので、バッテリー液面のバラツキなども点検します。バッテリーの液面が分かりにくい場合は、車を揺らすと液面も揺れますので分かりやすくなります。

バッテリー液が不足していると、バッテリー上がりやバッテリーの破裂などを引き起こしてしまう場合もあります。

冷却水の量
ラジエーターリザーブタンクの冷却水の量が規定の範囲(FULL~LOW)の間にあるかを点検します。リザーブタンクの冷却水が不足しているとオーバーヒートの原因になります。

リザーブタンクの冷却水が極端に少ない場合は、ラジエータータンクやホースから冷却水が漏れている可能性があります。冷却水漏れの可能性がある場合は、整備工場に点検や整備を依頼してください。

ウィンド・ウォッシャー液の量
ウォッシャータンク内のウォッシャー液の量を点検しますが、レベルゲージが付いている場合はレベルゲージで点検します。

ウォッシャー液には、ガラス面に付着した汚れを落としやすくする成分が含まれているだけでなく、凍りつき防止やワイパーによるガラスの傷つきを防ぐ効果もあります。必ず車専用のウォッシャー液を補充してください。

ブレーキフルードの量
ブレーキリザーバータンク内のブレーキフルードが規定の範囲(MAX~MIN)の間にあるかを点検します。ブレーキフルードの量が少な過ぎると、ブレーキの機器具合にも影響しますので大変危険です。

ブレーキリザーバータンク内の量が極端に少ない場合は、漏れている可能性がありますので、整備工場に点検や整備を依頼してください。

お急ぎのロードサービスはこちら→