出雲市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 島根県 > 出雲市

出雲市でのレッカー移動サービスに24時間対応

出雲市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
出雲市でのレッカー移動などロードサービス料金
出雲市のロードサービス(レッカー移動業者)

出雲市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

出雲市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、平田町/佐田町/多伎町/湖陵町/大社町/斐川町など出雲市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

出雲市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
出雲市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

出雲市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

出雲市のレッカー移動サービス対応情報

平田町/佐田町/多伎町/湖陵町/大社町/斐川町など、出雲市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

出雲市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

出雲市でのロードサービス(レッカー)対応事例

出雲市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

出雲市上塩冶町:泥ぬかるみにハマったお客様の車を牽引ロープで救出

出張場所:出雲市上塩冶町

車種:日産ノート

作業内容:牽引ロープを用いて作業車で引っ張り出し、泥ぬかるみにハマったお客様の車を救出。

コメント:大雨が降った後なので農作物の状態が気になり、様子を見に車で出掛けてきました。暗くて見通しが悪かったせいもありますが、道路の端に大雨で出来た泥にタイヤがハマってしまいました。何とか脱出しようとして一人で頑張ってみましたが、タイヤが空回りするばかりで脱出することができなくなってしまいました。

知り合いに助けを呼ぼうと思いましたが、みんな晩酌をしてしまっていると思いましたので電話するのはやめておきました。泥でぬかるみになっているのは、自分の車がスタックしている道路の端のところだけなので、救援の車は問題無く入って来れると思いました。

一晩ここに車を放っておくことも考えましたが、自宅が遠く行ったり来たりが大変なので、スマホで「ぬかるみ 脱出」と検索して救援に来てくれるロードサービスの業者さんを探しました。出雲市も対応エリアになっていて良かったです。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

出雲市の警察署・市役所の連絡先

  • 出雲警察署:出雲市塩冶有原町2丁目19「TEL:0853-24-0110」
  • 出雲市役所:出雲市今市町70「TEL:0853-21-2211」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

雪やぬかるみでスタックした時の脱出方法

泥のぬかるみでスタック

車が雪やぬかるみでスタックして脱出できなくなってしまった場合は、周りに誰も居なければ何とかして自力で脱出を試みなければいけません。スタックした時は焦れば焦るほどタイヤが空転して状況が悪化してしまう場合もあります。

雪やぬかるみでスタックして車が動かせなくなった場合は、スタックしている状態を確認し、後退などよりよい方向への脱出とタイヤの駆動力が路面に伝わるようにすることが必要になります。

タイヤが空転してしまう原因

車にはデフという機構があります。カーブなどで曲がり方向の内側と外側では進む距離に差が出ますが、その進むために回るタイヤの左右の回転差をデフが吸収しています。しかし、ぬかるみなどに片輪がハマッた場合などには、空転している方のタイヤに動力が逃げてしまい、ぬかるみなどから脱出できなくなってしまいます。

スタックした時などに片方のタイヤに駆動力が掛かってしまう状況では、デフによる作用もあり路面に効果的に駆動力を伝えることができなくなり、スタックから自力で脱出できなくなることが多いです。

雪でスタックした場合

乾いた雪よりも溶けた雪の方が滑りますので、タイヤの空転などで熱を帯びてしまうと、雪が解けて状況が更に悪化する場合もあります。また、雪は車が進む方向に溜まっていることが多いので、雪でスタックした場合は後方にゆっくりと脱出する方法もあることを覚えておくと良いでしょう。

もし、雪掻きできるようなスコップなどがある場合は、スタックの原因になっている溜まった雪を取り払えば良いでしょう。また、道路脇に降雪時に使用できる砂が設置されていれば、その砂を撒いて路面の水分を取り、タイヤの駆動力が路面に伝わりやすくするのもよいでしょう。

雪でスタックした場合は「雪を取り除く・路面に砂などを撒く・後退する」など、自力で脱出できる方法を試してみるのも良いでしょう。

泥のぬかるみでスタックした場合

雪のようにタイヤの前方にたくさんの泥が溜まっているという状況は多くありませんので、同乗者などに後ろから車を押してもらえるだけでスタックから脱出できることも少なくありません。但し、押してくれた人が泥まみれになる可能性もあり、脱出中に服や靴が泥まみれになるのを覚悟しなくればいけません。

もし、ダンボールや乾いた土などを調達できるのであれば、スタックしているタイヤの空転対策を行なってから、脱出を試みると良いでしょう。

アクセルの踏み込み過ぎに注意

スタックして脱出する時は、アクセルを踏み込み過ぎてはいけません。アクセルの踏み込み過ぎは状況を悪化させるだけですので、タイヤがゆっくりと回るように加減して脱出を試みます。また、脱出を試みる前にどのような状況でタイヤが空転しているを考えながら対処するようにした方が良いでしょう。

どうしても脱出できない場合は、ロードサービスに救援を依頼してください。生活トラブルSOSのロードサービスは事前契約は不要ですので、困った時にすぐに利用できます。

出雲市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
出雲市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→