松江市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 島根県 > 松江市

松江市でのレッカー移動サービスに24時間対応

松江市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
松江市でのレッカー移動などロードサービス料金
松江市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

松江市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

松江市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、旧松江市・鹿島・島根・美保関・八雲・玉湯・宍道・八束・東出雲など、松江市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

松江市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
松江市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

松江市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

松江市のレッカー移動ロードサービス対応情報

旧松江市・鹿島・島根・美保関・八雲・玉湯・宍道・八束・東出雲など、松江市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

松江市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

松江市でのロードサービス(レッカー)対応事例

松江市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

松江市西浜佐陀町:走行中にエンストしたバイクのレッカー搬送

出張場所:松江市西浜佐陀町の国道431号線道路脇

車種:ヤマハ SR400(オートバイ)

お客様のコメント:一人で日帰りツーリングをしていました。松江城で昼食してから10分くらい走っていたら、突然ガス欠した時の様な「ゴホゴホ」という様な息継ぎがして、エンジンが止まってしまいました。もちろんガス欠ではないと思いましたが、燃料計を見ても半分以上は入っています。また、ガソリンコックもONになっていますので、燃料の問題ではなさそうでした。

年式が古いバイクなので、どこか故障したのだと思うますが、できればいつも世話になっているバイク屋さんに修理をお願いしたいと思いました。バイク屋さんまでは距離があり、突然の修理依頼でしたのでバイクを取りには来てくれませんでした。

そのため、バイク屋さんまでは、自分でレッカー車を探して運ぶことにし、ネットでバイクのレッカー移動をしてくれる方法を探して電話しました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

松江市の警察署・市役所の連絡先

  • 松江警察署:松江市袖師町5-10「TEL:0852-28-0110」
  • 松江市役所:松江市末次町86番地「TEL:0852-55-5555」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

長距離を運転する時のポイント

長距離を運転する時のポイント

レジャー先へ行く時のドライブ、お正月やゴールデンウィーク、夏休みの規制など、長距離を運転する時は、運転疲労や眠気との戦いなどもあり、余裕のある走行計画を立てて事故防止に努める必要があります。

走行計画は余裕をもって

長距離運転をする時は、休憩時間も加味して時間的にも余裕をもった計画を立てることが大切です。また、連休中には必ず渋滞が発生しますので、渋滞を避けるような時間設定も重要になります。

(1)コマ目な休憩が必要

長い時間を運転していると次第に疲れを感じてきて、運転時の集中力や注意力がだんだん低下してきます。長距離を運転する時は、1~2時間に1回は15分以上の休憩が必要と言われています。レジャーや帰省の時は、高速道路を利用することが多いですが、高速道路にはパーキングエリアが約15キロ、サービスエリアが約50キロメートル毎にありますので、予め何処で休憩するか決めておくのも良いでしょう。

休憩する時は、トイレに行ったり飲み物を飲んで水分補給するだけでなく、運転中は狭い車内で同じ様な姿勢でいますので、軽く体操をして体をほぐすと良いです。

(2)眠くなりやすい時間帯の運転をなるべく避ける

深夜から明け方にかけては、いつもは寝ている時間帯ですので、習慣として眠気に襲われやすい時間帯です。特に午前4時~6時くらいまでの早朝は、運転を避けたい時間帯です。

(3)渋滞を避ける走行計画

最近はテレビやインターネットからの情報から、各主要道路の渋滞予想が発表されます。それらの情報を参考にして、渋滞を避けた長距離ドライブの走行計画を立てることもポイントです。

(4)行きよりも帰りが大変

長距離ドライブは、行きよりも帰りの方が疲れが出やすい傾向があります。帰りの走行計画は、行きよりもより一層余裕を持った計画を立てることが大切です。

運転による疲労を防止する

長距離の運転は運転疲労に注意が必要です。疲労が溜まったまま運転を続けてしまうと、最悪の場合は居眠り運転に繋がってしまうため大変危険です。疲れを感じた時は休憩するか仮眠するのが良いですが、疲れを誘発するような運転にも気を付ける必要があります。

強引な追い越しやスピードの出し過ぎは、眠気覚ましにはなりません。返って精神的な緊張を高めて、疲れを早く感じる様になってしまいます。また、渋滞道路でのイライラした状態での運転も疲労を早めてしまいます。常にゆとりを持って運転することが長距離運転のポイントになります。

長距離運転する時は、余裕を持った走行計画が大事ですが、途中で車が故障してしまうと、その対処も大変ですが時間的なロスも発生します。出発前にはタイヤ、エンジンオイル、冷却水、燃料など、ドライブ中に突然の故障で困らない様に車両点検を必ず行うようにしましょう。

松江市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
松江市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→