鳥取県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 鳥取県

鳥取県でのレッカー移動サービスに24時間対応

鳥取県での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
鳥取県でのレッカー移動などロードサービス料金
鳥取県のロードサービス(レッカー移動業者)

鳥取県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

鳥取県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、鳥取県および鳥取県周辺地域のレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

鳥取県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鳥取県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

鳥取県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

鳥取県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い鳥取県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。鳥取県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

鳥取県のレッカーサービス対応エリア

  • 【あ】岩美郡-岩美町
  • 【か】倉吉市
  • 【さ】境港市/西伯郡-大山町・南部町・伯耆町・日吉津村
  • 【た】鳥取市/東伯郡-琴浦町・北栄町・三朝町・湯梨浜町
  • 【は】日野郡-江府町・日南町・日野町
  • 【や】米子市/八頭郡-智頭町・八頭町・若桜町

鳥取県でのロードサービス(レッカー)対応事例

鳥取県でのロードサービス(レッカー)対応事例

鳥取県で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

鳥取県米子市:エンジンオイル漏れした車両をレッカー移動

出張場所:米子市のスーパー駐車場

車種:フォルクスワーゲン ゴルフ

お客様のコメント:前向き駐車の駐車場でしたので、指示通りに前向きで駐車したのですが、バックして駐車場から出ようとした時に、車を駐車したところの地面が濡れているのに気付きました。今日は天気も良く駐車する時は、地面に水溜りはありませんでしので気になりました。

エアコンを使っていると、マフラーから水が垂れて地面が濡れることはありますが、位置的にオイル漏れの疑いがありました。

オイル漏れしていたら大変なので、別の場所に駐車してから確認してみたところ、やはり自分の車からオイルが漏れていました。オイル漏れ状態で走行したらエンジンが壊れてしまうと思いましたので、ロードサービスを利用して、レッカー車で修理工場までレッカー移動してもらうことにしました。

トピックス:車を運転中に必要な安全な車間距離の目安

車を運転中に必要な安全な車間距離の目安

車を運転する時は、十分な車間距離を取って前方で起こる突然の事態に対応して、適切にハンドル操作とブレーキを踏み、事故を防止する必要があります。車両間隔を十分に取らないで走行した場合、事故の危険性も増えますが「車両間隔不保持」などの罰則も適用されます。

高速道路走行時の車間距離

安全に高速道路を走行するために必要な車間距離は、時速100キロメートルで走行時には100メートル、時速80キロメートルであれば80メートルが目安と言われています。速度は車のスピードメーターを確認すれば、時速何キロで走っているかひと目で分かります。車間距離を確認する時は、

●車間距離確認エリアの標識で確認する。
⇒高速道路には「車間距離確認エリア」がありますので、そこで前の車との距離を確認できます。

●車線境界線で確認する。
⇒高速道路の車線境界線は、8メートルの白線が12メートル間隔でマークされていますので、1セットで20メートルになります。時速100キロメートル走行時に5セット、時速80キロメートル走行時に4セットの白線があれば、安全な車間距離と言えます。

一般道路走行時の車間距離

一般道路走行時の速度は、大体時速30~60キロメートルで走る事が多いですが、速度から15をマイナスした車間距離を取るのが適切な目安とされています。

一般道路の車線境界線は、5メートルの白線が5メートル間隔でマークされていますので、1セットで10メートルになります。一般道路走行時は、車線境界線を車間距離の目安とすれば良いでしょう。


安全に必要な車間距離は、前方で何らかのトラブルが発生した時に、必要な停止距離以上の距離が必要となります。停止距離とは、運転者が危険を察知してブレーキを踏み、実際にブレーキが効き始める迄に走行する「空走距離」と、ブレーキが効き始めてから車が停止する迄の「制動距離」を合わせた距離のことです。

その他に時間で速度を計測する方法もありますが、車間距離の目安は「舗装され乾燥した路面・運転者が正常な状態・車の整備状態も良好」という条件での数値です。「雨の日の濡れた路面・運転者が眠気や疲労を感じている・タイヤが摩耗している」などの条件では、いつもより車間距離を多く取る必要があります。前を走っている車両が大型のバスやトラックで、前方の様子や信号、標識が見難い場合は、もっと多めの車間距離を取った方が良いでしょう。

鳥取県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鳥取県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→