境港市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 鳥取県 > 境港市

境港市でのレッカー移動サービスに24時間対応

境港市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
境港市でのレッカー移動などロードサービス料金
境港市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

境港市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

境港市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、境港市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

境港市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
境港市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

境港市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

境港市のレッカー移動ロードサービス対応情報

境港市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

境港市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

境港市でのロードサービス(レッカー)対応事例

境港市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

境港市芝町:パンクでホーイールも変形した車両をレッカー搬送

出張場所:境港市芝町の路上→お客様ご自宅の車庫

車種:ホンダ ストリーム

作業内容:パンクしたまま走行して、ホイールも変形してしまった車両をお客様ご自宅の車庫までレッカー搬送。

お客様のコメント:タイヤがパンクしてしまったのは分かったのですが、何とか安全な場所に移動しようとして走ったら、ホイールが変形してしまいました。スペアタイヤはなくパンク修理キットでタイヤの応急処置もできない状態になってしまいました。

もう、自走不能な状態なので、レッカー車のお世話になるしかありませんでした。夜中なのでカーショップも整備工場も営業していないと思います。しょうがないので自宅の車庫まで車を搬送してください。

タイヤホイールごとタイヤを交換しなければいけないと思いますが、自宅まで車を運んでもらえれば、後は自分でタイヤとホイールを買ってきてタイヤ交換をできると思います。パンクしてからすぐ停車してしまえば良かったのですが、パンクしたまま走ったことで大変なことになってしまいました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

境港市の警察署・市役所の連絡先

  • 境港警察署:境港市上道町1891-3「TEL:0859-44-0110」
  • 境港市役所:境港市上道町3000「TEL:0859-44-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

冬場や寒冷地に出掛ける時に必要な車の安全対策

冬場や寒冷地に出掛ける時に必要な車の安全対策

スキーや帰省で寒冷地に車で出掛ける時や冬場は、気温が低さや雪・凍結の影響を受けますので、注意しなければいけないことが色々とあります。その中でもバッテリー上がりやタイヤ、そして燃料の凍結などは、事前にチェックしておけばトラブルを防げることも多いです。

特にスキーに向かう時や寒冷地に帰省する時には、いつもは走らない道を運転することになります。高速道路の渋滞、そして慣れない積雪や凍結した道路を走ることにもなりますので、バッテリー上がりやタイヤ、そして燃料切れや燃料の凍結など、気をつけなければいけないことがあります。

バッテリー上がり

車のトラブルで最も多いのは、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなることです。気温が低くなるとバッテリーの性能が悪くなり電圧も低下します。一方、暖房やリアデフォッガー(リアウインドーの曇り止めの熱線)などで電力の使用が増えることで、バッテリーへの充電が消費に追い付かなくなり、エンジンを始動するために必要な電力が足りなくなり、バッテリー上がりになってしまいます。

バッテリーの寿命は一般的に2~3年ですが、バッテリーが弱ってきているかどうかを出掛ける前に、販売ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などで事前チェックを行った方が良いでしょう。バッテリーを使用している期間によっては、新しいバッテリーへの交換を勧められることが多いと思いますが、慣れない土地でバッテリー上がりで困るよりは良いと思います。

万が一、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった場合は、ジャンピングスタートや充電でバッテリーを早期に復活させることが必要になります。しかし、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、そのバッテリーは劣化してしまうため、再発防止策として2~3年使っているバッテリーであれば、新品のバッテリーに交換することをお勧めします。

タイヤの空気圧の重要性

車のパーツの中でも唯一、路面に接しているタイヤは、適正な空気圧にしておくことが重要です。タイヤの空気圧が適正でないと燃費が悪くなるだけでなく、最悪の場合は走行時のパンクやバースト(タイヤの破裂)の危険性が高まるだけでなく、他の車も巻き込んだ大事故の要因になる可能性もあります。

冬場に積雪や凍結した道路を走る時には、チェーンやスタッドレスタイヤが必須になりますが、スタッドレスタイヤは、50%以上も磨耗してしまうと冬用タイヤとして十分に機能しなくなりますので、出掛ける前に空気圧だけでなく摩耗状態もチェックしておく必要があります。

車種によって適正なタイヤの空気圧は異なりますが、適正な空気圧は運転席のドアを開けたところに貼ってあるシールで確認することができます。給油の時などに自分で空気を補填する場合は確認してください。

スタッドレスタイヤが純正タイヤと同じサイズであれば、純正タイヤと同じ空気圧で問題ありません。もし、タイヤサイズやインチを変更した場合は、必ずタイヤ交換時に適正な空気圧を確認しておくことが重要です、また、忘れてしまうこともあると思いますので、何かに記録しておくことをお勧めします。

燃料切れや燃料の凍結に注意

スキー場に行く時や帰省する時には、数十キロに及ぶ渋滞を走行する場合もあります。そのため、走行中の燃料切れに注意する必要があります。高速道路のサービスエリアには、スタンドがありますので給油することは可能ですが、渋滞時にはサービスエリアも混み合いますので、燃料切れが近づいてもすぐに給油ができない場合もあります。

また、ガソリン車は凍結する心配はありませんが、ディーゼル車は燃料が経由ですので凍結の危険性があります。軽油には種類がありますが、寒冷地以外で給油した状態で寒冷地に長い時間駐車した時などは、凍結によって軽油の流動性が悪くなり、エンジンが始動できなくなることもあります。もしも、ディーゼルエンジン車でバッテリーには問題がないのにエンジンがかからなくなった場合は、気温が上昇してエンジンが始動できる様になったら、最寄りのガソリンスタンドで寒冷地用の軽油を給油してください。

高速道路の渋滞の中や積雪などで車が走行できなくなった場合、ロードサービスでレッカー移動や搬送しようとしても、あちこちでトラブルが発生して出動できなかったり、渋滞で目的地にすぐに到着できないケースもあります。お出掛け先での車のトラブルで困らないためにも、出掛ける前の車の点検が大変重要です。

境港市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
境港市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→