千種区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 名古屋市千種区

千種区でのレッカー移動サービスに24時間対応

千種区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
千種区でのレッカー移動などロードサービス料金
千種区のロードサービス(レッカー移動業者)

千種区(名古屋市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

千種区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、千種/千石/内山/大和/上野/高見/春岡/田代/東山/見付/星ヶ丘/自由ヶ丘/富士見台/宮根/千代田橋地域など千種区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

千種区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千種区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

千種区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

千種区のレッカー移動サービス対応情報

千種/千石/内山/大和/上野/高見/春岡/田代/東山/見付/星ヶ丘/自由ヶ丘/富士見台/宮根/千代田橋地域など、千種区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

千種区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

千種区でのロードサービス(レッカー)対応事例

千種区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

千種区千種:オーバーヒートで故障した車両を整備工場までレッカー搬送

出張場所:千種区千種の飯田街道上り車線の路肩

車種:日産キューブ

作業内容:オーバーヒートでエンストし路肩に避難した車両をお客様ご指定の整備工場まで搬送。

コメント:50キロくらいの速度で走行中に突然エンストしてしまいました。急にエンジンが止まってしまったので、取り敢えずは路肩に停車しないといけないと思い、ハザードランプを点灯して路肩に停車しました。最初はガス欠かと思って燃料計を確認しましたが、40%くらいはガソリンが残っている表示でした。

燃料計を見た時にすぐに分かりましたが、水温計がレッドゾーンの上の方になっていました。初めて経験したオーバーヒートでしたが、パニックになってどうしたら良いか分からず10分ほど呆然としていました。エンストして路肩に停車した時は、ボンネット付近から蒸気も出ていたように思えます。

オーバーヒートした時にどうしたら良いか、スマホで検索して調べてみましたが、レッカー車で整備工場に運んでもらうのがベストだと判断しました。初めて民間のロードサービスにお世話になることになりましたが、レッカー車を待っている最中に恐る恐るボンネットを開けてみましたが、冷却水のタンクが空っぽになっていましたので、やはりオーバーヒートが原因でエンストしてしまったみたいです。

車検などでお世話になっている整備工場が名古屋市内にありますので、この車をそこまで運んでください。整備工場には、オーバーヒートした車をこれから運び込むことを伝えてあります。整備工場では車を取りに来てくれないということでしたので、民間のロードサービスのお世話になることになりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

千種区の警察署・区役所の連絡先

  • 千種警察署:名古屋市千種区覚王山通8-6「TEL:052-753-0110」
  • 千種区役所:名古屋市千種区覚王山通8-37「TEL:052-762-3111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

夏の暑さが影響する車のトラブル

夏の暑さが影響する車のトラブル

暑い夏の季節になると、熱中症や日射病などの夏場特有の病気に注意する必要がありますが、車にも暑い夏の季節に発生しやすくなるトラブルがあります。エンジンオイルや冷却水、バッテリーなど、日頃の点検を注意深く行うなどすれば、夏特有の車のトラブルを未然に回避できる可能性が高くなります。

また、暑い夏の季節にトラブルを起こしやすい「エアコンの故障、オーバーヒート、バッテリー上がり」などの主な車両トラブルの内容や原因を事前に知っておくことで、トラブルが発生した時でも冷静に対処できるようになると思います。

エアコンの故障

一年中、エアコンをONにして車を運転している人もいれば、夏の暑い季節だけエアコンを使う人もいます。暑い時に車内が冷えなければ、エアコンの調子が悪いことに気づきやすいですが、それほど暑くない時には、エアコンの異常に気付かないままエアコンを使用している場合もあります。夏場の炎天下でエアコンなしで運転するのは過酷ですので、夏本番になる前にエアコンの効き具合を点検しておいた方が良いでしょう。

エアコンの効き具合が悪くなる原因は様々ですが、エアコンガスが不足すると効き具合が悪くなります。エアコンガスは、異常がなければガスが抜けてしまったり、劣化するものではありません。しかし、関係する部品が劣化してしまうと、そこからガスが抜けてしまうこともあります。

エアコンガスの充てんや交換は、自分でできる作業でもありますが、ガスが抜けてしまった原因を直さないと、またガスが抜けてしまう場合もあります。そのため、エアコンガスの充てんや交換は、信頼できる整備工場などで行なってもらった方が良いでしょう。

バッテリー上がり

バッテリーは寒くなると機能が低下しますので、バッテリー上がりは冬に起きやすいと思いがちです。しかし、暑い夏の季節は電気を大量に消費するエアコンをフル稼働しますので、充電不足状態が起きやすくなりバッテリー上がりが発生しやすくなります。

車のバッテリーの寿命は2~3年ですが、車の使用状況によって4年以上使える場合も少なくありません。バッテリーが弱ってくると、電装部品の明るさが暗くなったり動作が鈍くなりますので、その様な症状に気づいた時は、早めにバッテリーを新しいものに交換した方が良いでしょう。

また、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリーの機能が低下してしまいます。充電すればバッテリー上がり後も使えなくはありませんが、再度バッテリー上がりトラブルに見舞われるよりは、早めに交換してしまった方が安心かもしれません。

車内の高温に注意

炎天下に駐車していた車に乗ろうとした時に、ハンドルが熱くなって握れない経験をされた方は少なくないと思います。日差しが直接当たるハンドルやダッシュボードは、素手で触れないほど高温になりますので、ライターや各種スプレー缶、密封された炭酸飲料などを置いておくと爆発する危険があります。

また、スマホやパソコンなどの故障やメガネなどのプラスチック製品の変形なども起きることがあります。炎天下に駐車する時にサンシェードなどで日差し対策することも必要ですが、炎天下に駐車した車の中は灼熱地獄化していますので、車内に置くものと置き場所には十分注意してください。

千種区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千種区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→