名東区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 名古屋市名東区

名東区でのレッカー移動サービスに24時間対応

名東区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
名東区でのレッカー移動などロードサービス料金
名東区のロードサービス(レッカー移動業者)

名東区(名古屋市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

名東区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、名東/猪高/猪子石/引山/梅森坂/香流/上社/北一社/貴船/高針/極楽/西山/藤が丘/平和が丘/本郷/前山/牧の原/豊が丘/蓬来地区など名東区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

名東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

名東区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

名東区のレッカー移動サービス対応情報

名東/猪高/猪子石/引山/梅森坂/香流/上社/北一社/貴船/高針/極楽/西山/藤が丘/平和が丘/本郷/前山/牧の原/豊が丘/蓬来地区など、名東区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

名東区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

名東区でのロードサービス(レッカー)対応事例

名東区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

名東区上社:事故車をディーラーまでレッカー搬送

出張場所:名東区上社の事故現場

車種:ホンダ オデッセイ

作業内容:衝突事故で自走できなくなった事故車をお客様ご指定のホンダ・ディーラーまでレッカー搬送。

お客様のコメント:道幅の狭い十字路で出会い頭に車同士で衝突してしまいました。警察の検証が終わりましたが、相手の車が運転席側のタイヤ付近に衝突してきたため、タイヤの周辺が変形して走れない状態です。

車は道路脇にある空きスペースに置かせてもらっていますが、ディーラーが営業している時間内にレッカー搬送してもらいたいので連絡しました。搬送先のディーラーまでは10kmくらいの距離になりますが、40分ほどで現場に到着できる回答いただき助かりました。

対応内容:現地に到着して状況を確認しました。狭い道幅の十字路での衝突事故とお聞きしましたが、道路脇に空きスペースがありましたので、車載作業はそれほど手こずりませんでした。お客様ご指定のディーラーまでは11km程でしたが、お客様がディーラーに連絡済みでしたので、ディーラーまで搬送後に修理工場の担当者様に引き渡して、今回の事故車のレッカー搬送案件は完了しました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

名東区の警察署・区役所の連絡先

  • 名東警察署:名東区猪高台2-1009「TEL:052-778-0110」
  • 名東区役所:名東区上社二丁目50番地「TEL:052-773-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

エンジンオイルの役割と交換時期の目安

エンジンオイルの役割と交換時期の目安

車のエンジンオイルは車にとって重要な役割がありますので、定期的に新しいものに交換する必要があります。「交換してないけど問題ないから大丈夫!」と思っていると、重大なエンジン故障の原因になってしまいます。エンジオイルの役割を知ることで、「なぜ定期的な交換が必要か?」が分かると思います。

エンジンオイルの役割

車のエンジンオイルには、エンジンの「潤滑油・冷却・密封・洗浄・防錆」などの役割を担っています。

潤滑油としての役割

エンジンはピストンやクランクシャフトなど、様々な部品で構成されていますが、ピストンやクランクシャフトが上下運動や回転運動を行うことで、エネルギーが生み出され車が走行できています。エンジン内の部品は金属でできているものが多いですが、上下運動や回転運動を繰り返していると、金属同士が触れ合いますので次第に摩耗してしまいます。この金属の摩耗を軽減しているのがエンジンオイルです。

エンジンの冷却

エンジンの中でガソリンなどの燃料が燃焼しますので、エンジン内は非常に高温になりますが、エンジン内が高温になり過ぎないようにエンジンオイルが循環しています。エンジンオイルはエンジン内を循環して熱を吸収しますが、エンジンオイルを溜めているオイルパンに戻って冷却されます。この様にエンジン内を循環することで、エンジン内が高温になり過ぎないようにする役割を担っています。

エンジン内を密封する役割

エンジン内では金属部品が動いていますので、部品同士の間に多少の隙間があります。その隙間がエンジンオイルで密封されていないと、ガソリンを燃焼することで作ったエネルギーが漏れてしまいます。

エンジン内部を洗浄する役割

エンジン内部でガソリンなどの燃料が燃焼しますので、カーボンやスラッジなどの汚れが出ますが、これらの汚れが溜まってしまうとエンジンの性能が低下してしまいます。カーボンやスラッジなどの汚れがひどくなると、エンジン性能が低下しますので、エンジン内部をきれいに保つためにも定期的にエンジンオイルを交換する必要があります。

エンジン内部の防錆

エンジン内部の部品は金属でできていますが、エンジン内外で温度差が生じますので、結露の影響でエンジン内部に水分が発生することがあります。この結露の水分がエンジン内部の金属や空気と反応することで錆が発生する場合があります。エンジンオイルはエンジンの金属面に油膜を張り、水分と金属が反応するのを防いで錆の発生も防いでくれています。

エンジンオイルの定期的な交換の必要性

エンジンオイルは「潤滑油・冷却・密封・洗浄・防錆」などの役割を果たしていく過程で次第に劣化してしまいます。カーボンやスラッジなどの汚れが混じったり、酸素の影響で酸化するのも原因になりますが、劣化してしまえば性能も低下してしまいます。

劣化して性能が低下したエンジンオイルを交換しないで使い続けてしまうと、エンジン故障の原因になりますので、エンジンオイルは定期的に新しいものに交換する必要があります。

交換時期の目安

エンジンオイルの交換時期は、車の使用状況によっても変わってきます。一般的な走行とシビアコンディションの違いになりますが、シビアコンディション(発進・停止を繰り返す都市部や山道、低い気温)での走行が多い場合は、早めにオイル交換を行なった方が良いでしょう。

標準的な交換時期の目安は、車の取扱説明書に記載されていますので、定期的なオイル交換を行うことが車を良い状態で長持ちさせることに繋がります。

以前はガソリンスタンドで給油する時にエンジンオイルの点検を行なってくれましたが、最近はセルフサービスのスタンドが多くなりました。そのため、オイル交換の判断は車の所有者が判断しなければいけないケースが多くなってきました。定期点検を受けていない場合は、車検時の交換になるかもしれませんが、2年もしくは3年もエンジンオイルを交換しないのは、エンジンを故障しやすい危険な状態にしているかもしれません。

名東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→