守山区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 名古屋市守山区

守山区でのレッカー移動サービスに24時間対応

守山区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
守山区でのレッカー移動などロードサービス料金
守山区のロードサービス(レッカー移動業者)

守山区(名古屋市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

守山区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、瀬古/四軒家/金屋/小幡/志段味/森孝/本地/大森/瓢箪山/喜多山/吉根など守山区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

守山区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
守山区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

守山区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

守山区のレッカー移動サービス対応情報

瀬古/四軒家/金屋/小幡/志段味/森孝/本地/大森/瓢箪山/喜多山/吉根など、守山区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

守山区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

守山区でのロードサービス(レッカー)対応事例

守山区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

守山区竜泉寺:電気系統の故障車を日産ディーラーへ反応

出張場所:守山区竜泉寺の県道15号線路肩

車種:日産セレナ

作業内容:電気系統のトラブルで路肩に停車した故障車を日産ディーラーまで搬送。

コメント:運転中にバッテリーの警告ランプが点灯したのですが、特に何ともなかったので誤表示だと思ってそのまま5分くらい運転を続けました。その時はカーナビとラジオを使っていましたが、ラジオの音が消えたり、ナビの表示が消えたりしたので「誤表示ではないみたい!何が起きた!」と思ったのですが、アクセルを踏み込んでも加速しなくなり、ハンドルも重くなりました。

「車が止まってしまう!」と思いましたが、片側3車線の中央車線を走っていたので、何とか左車線に移動して路肩までは辿り着かなければと思い焦りました。

ウィンカーを点灯しようとしたのですが、ウィンカーも作動しない状態だったものの、左側を走ってくる車がなかったので何とか路肩に停車することは出来ました。

交通量が多い道路なので、故障で路肩に停車していることを知らせなければいけないと思ったので、ハザードランプを点灯しようとしましたが一瞬で消えてしまいました。三角表示板は持っていましたので、車から少し離れた後方に置いてレッカー者が到着するのを待っていました。

走行中に異常が起きたのでバッテリー上がりではないと思いますが、運転中にバッテリーの警告ランプが点灯しました。停車してからエンジンを始動しようとしましたが、エンジンはかかってくれませんでした。

この車を購入した日産の販売店までは大体15kmくらいだと思いますが、ここから日産販売店までこの車を搬送してくれる民間のロードサービスを探して電話しました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

守山区の警察署・区役所の連絡先

  • 守山警察署:守山区脇田町401「TEL:052-798-0110」
  • 守山区役所:守山区小幡一丁目3番1号「TEL:052-793-3434」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

冷却水不足によるオーバーヒートに注意

冷却水の点検(量と色の確認)

車の冷却水には、エンジンを冷やすという重要な役割があります。エンジンはガソリンや軽油を燃焼させることで動いていますので非常に熱くなります。そのため、冷却水が足りなかったり漏れていたりして熱くなり過ぎると、そのうちエンジンがオーバーヒートしてしまうので注意が必要です。

オーバーヒートの症状

オーバーヒートの症状を「初期・中期・末期」に分けると、段階的に以下のような症状が現れます。

初期症状:加速が鈍くなりエンジンの回転数が不安定になる。
中期症状:「キイキイ」というような異音が聞こえ、ボンネット内のエンジンルームから水蒸気が発生する。
末期症状:エンジンが停止してしまう。

夏の季節は気温も高くなりますので、冷却水の温度も高くなりやすくなります。そのためオーバーヒートになる可能性も高くなります。冷却水が不足していたりすると、なおさらオーバーヒートになりやすくなるので注意が必要です。

最悪の場合、オーバーヒートを起こしてしまうと、エンジン自体が壊れてしまうこともありますので、夏の暑い季節にはコマ目に冷却水の点検をすることで、オーバーヒートによるトラブルを未然に防ぐこともできます。また、冷却水以外にエンジンオイルにもエンジンを冷やす役割がありますので、暑くなる夏前の準備としてオイル交換しておくこともオーバーヒートの予防になります。

冷却水の点検(量と色の確認)

ボンネットを開けてエンジンルーム内を確認すると、冷却水のリザーバータンクがあります。リザーバータンクの側面に「MAXーMIN」または「FULL-LOW」という表示がありますので、冷却水の液面が「MAXーMIN」または「FULL-LOW」の間にあることを点検します。液面が分かりにくい時は、車体を少し揺らすことで液面が動きますので分かりやすくなります。

もしも、冷却水の液面がMINやLOWに達していない場合は、不足状態ですので冷却水を補充します。MAXやFULLを超えていることはほとんどありませんが、極端に冷却水が減っている場合は、液漏れしている可能性がありますので、補充してから減り具合をコマ目に点検するようにしてください。

冷却水の点検は量の点検も重要ですが色も点検してください。通常、冷却水の色は「赤・緑・青」などの場合が多いです。もし、濁りがあったり茶色に変色している場合は、劣化していたり錆が混じっている可能性があります。色に異常があった場合は、冷却水を交換するだけでなく原因を調べる必要がありますので、ディーラーや整備工場で点検を受けてください。

冷却水(LLC)の補充

冷却水のLLCとは、ロングライフクーラントの略で、防腐・防錆・不凍などの役割があり、不凍の効果はLLCの濃度によって決まります。冷却水がMINまたはLOWを下回っている場合は、原液のLLCを適度に薄めて補充するか、既に適度に薄めてある補充用のLLCをリザーバータンクに補充します。

LLCの濃度は、住んでいる地域の冬の最低気温を基準にします。LCCの濃度が高いと冷却水は凍りにくくなりますが、濃度が低ければ冷却水は凍りやすくなりますが、濃度が高いほど冷却効果が低下しますので注意して下さい。

応急処置的な場合であれば、水道水などの水を代用して補充することもできます。但し、水だけを使った場合には、防腐・防錆・不凍などの効果がありませんので、すぐに適切な冷却水(LLC)を使用してください。

冷却水の漏れ

冷却水は異常箇所がなければ減ることはありません。冷却水を補充してもすぐに減ってしまう場合は、冷却水の経路に漏れが起きている可能性があります。

LLCは「赤・緑・青」などの目立つ色をしていますので、車を停車していた場所の地面に色が付いている液体が付着している場合は、冷却水が漏れていると判断しても良いでしょう。そして漏れが確認できた場合は、ディーラーや整備工場に相談してください。

守山区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
守山区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→