天白区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 名古屋市天白区

天白区でのレッカー移動サービスに24時間対応

天白区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
天白区でのレッカー移動などロードサービス料金
天白区のロードサービス(レッカー移動業者)

天白区(名古屋市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

天白区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、天白/平針/原/植田/大坪/八事東/表山/山根/島田/高坂/相生/野並など天白区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

天白区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
天白区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

天白区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

天白区のレッカー移動サービス対応情報

天白/平針/原/植田/大坪/八事東/表山/山根/島田/高坂/相生/野並など、天白区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

天白区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

天白区でのロードサービス(レッカー)対応事例

天白区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

天白区平針:縁石乗り上げ車両をクレーンで路上に戻してからディーラーまでレッカー搬送

出張場所:天白区平針

車種:トヨタ プリウスα

作業内容:縁石乗り上げ車両をクレーンで路上に戻してからディーラーまでレッカー搬送。

お客様のコメント:最近はアクセルとブレーキを踏み間違えて店舗などに突っ込むニュースをよく聞きますが、まさか自分がアクセルとブレーキ踏み間違えて縁石に乗り上げてしまうとは思いませんでした。車の方向を変えるために何度か切り返しをしていたのですが、他の車が近づいてきたので少し焦ってしまったのが原因だと思います。

近づいてきた車はトラブルに巻き込まれたくないと思ったのか、気付いた時にはいなくなっていましたが、縁石に乗り上げた時に結構なショックがありました。アルミホイールの外周が変形したせいかタイヤの空気も抜けてしまいパンクしています。

多分、助手席側の前輪タイヤ付近は修理しないと走ることはできないと思いますので、縁石乗り上げ状態から戻せた後は近くのディーラーまでこの車を運んでください。

対応内容:近くに障害物があったため、ボディを傷つけないように保護してからクレーンで吊り上げて路上に復旧しました。外部から見ただけでも左前輪がパンクしており、ブレーキやシャフト関連にも異常があるため、最寄りのトヨタディーラまでレッカー搬送しました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

天白区の警察署・区役所の連絡先

  • 天白警察署:天白区植田南1丁目401「TEL:052-802-0110」
  • 天白区役所:天白区島田二丁目201「TEL:052-803-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

夏に注意する車のトラブル

夏に注意する車のトラブル

夏の暑い季節に起きやすい車のトラブルとして「エアコンの故障、バッテリー上がり、オーバーヒート」などがあります。エアコンが故障してしまうと真夏の運転は暑くて大変なことになり、バッテリーが上がってしまえばエンジンがかかりません。そしてオーバーヒートを起こしてしまうと、その車は整備工場などで修理しなければいけなくなります。

エアコンの故障

夏にしかエアコンを使わない方も多いと思いますので、夏が近づいた時にエアコンを使おうとして不具合に気づくことも多いです。エアコンは夏本番前になる前に効き具合をチェックしておけば、いざエアコンのお世話になろうとした時に困ることはなくなります。

エアコンの故障原因として多いのは、エアコンガスの不足によるものです。しかし、エアコンガスは基本的にほとんどなくなることはなく、劣化してしまうものでもありません。エアコンガスの不足には何らかの原因があるはずですので、エアコンの効き具合が悪い時は、信頼できる整備工場でエアコンガスが不足した原因を点検して修理してもらった方が良いでしょう。エアコンガスが不足状態になった原因を直さないで、エアコンガスの充填や交換しても、またすぐにエアコンガスが抜けてしまう可能性があります。

バッテリー上がり

車のバッテリーは寒さに弱い傾向がありますので、寒い冬の季節にバッテリー上がりのトラブルが起きることが多いです。しかし、暑い夏もバッテリー上がりは起きやすくなります。これは夏に使用する機会が多くなるエアコンのせいですが、エアコンは大量に電気を消費しますのでバッテリーの負担が大きくなり、充電不足の状態に陥りやすくなります。

バッテリーの寿命は一般的に2~3年ですが、車の乗り方や走行距離などによって左右されます。照明の明るさや電装品の動作などで電力不足を感じた場合は、早めにバッテリーの確認をされた方が良いでしょう。バッテリー交換の判断をするのは車の所有者になることが多いですが、判断に迷っている場合はバッテリー交換を早めに決断することが、不意のバッテリー上がりトラブルを未然に防ぐ対策になります。

日常的にできるバッテリーのメンテナンスは、バッテリー液の点検ですが、バッテリー液の補充は取扱に注意すれば誰にでも簡単にできることですので、バッテリー液が不足しないようにすることが大切です。バッテリー液を補充したばかりなのにバッテリー液がすぐに減ってしまう場合は、バッテリーの交換時期と判断されても良いでしょう。

オーバーヒート

オーバーヒートは冷却水の漏れや詰まりが原因になって起きることが多いです。冷却水が不足しているとエンジンを十分に冷やすことができなくなり、冷却水の温度が異常に上昇してエンジントラブルを起こしてしまいます。また、オーバーヒートは冷却水不足が原因ではなく、エンジン自体が故障して異常に熱くなり、冷却水で冷やしきれずにオーバーヒートしてしまうこともあります。

オーバーヒートは、メーターパネルの水温計の針の位置や警告灯で知ることができます。しかし、水温計や警告灯に気づかなかったり、無視して走行を続けてしまうと、エンジンルーム内にあるラジエーターキャップから高温の蒸気が出るなどして走行不能になってしまいます。

オーバーヒートを起こすと、エンジンに大きなダメージを与えることになってしまいますので、オーバーヒートが起きやすい夏場の運転時は、メーターパネルの水温計に注意を払いながら運転することも大事です。

人間も暑い夏の季節は熱中症や日射病などの病気に注意する必要がありますが、車も暑い夏に起きやすいトラブルがあります。暑い夏の季節には特に「エアコンの故障、バッテリー上がり、オーバーヒート」に注意されると良いでしょう。

天白区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
天白区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→