知立市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 知立市

知立市でのレッカー移動サービスに24時間対応

知立市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
知立市でのレッカー移動などロードサービス料金
知立市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

知立市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

知立市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、知立市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

知立市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

知立市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
知立市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

知立市のレッカー移動ロードサービス対応情報

知立市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

知立市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

知立市でのロードサービス(レッカー)対応事例

知立市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

知立市:修理が完了した車を知立市から静岡市まで搬送

出張場所:知立市内の修理工場から静岡市内のお客様ご自宅

車種:日産 スカイライン

作業内容:修理が完了した車を知立市から静岡市まで搬送。

お客様のコメント:知立市の知り合いの家から帰る時に車が故障してしまいました。道路脇に停車しましたが二度とエンジンはかかりませんでした。その時にちょうどすぐ近くに車の修理を頼めるところがあったので、そこに車の修理を頼んで自宅に帰りました。

修理できたと連絡があり、車を取りに行こうと思ったのですが、仕事が忙しくて車を取りに行けず困ってしまいました。誰かに車を取りに行ってもらおうとも考えましたが、車が加入している任意保険の関係で他の人に頼むことができませんでした。

修理を頼んだところでは、静岡市までは車を運んでくれないので、修理が完了した車を運んでくれるレッカー業者さんを探してお願いすることにしました。

知立市から静岡市までの車の搬送になりましたが、引き受けてくれる業者さんが見つかって良かったです。ホームページを見てロードサービスをしている業者さんでしたので、安心して車の搬送をお願いすることができました。

任意保険に加入する時に保険料を節約しようとして安く契約すると、こんな時に困るんですね。次回、任意保険を更新する時には、少し契約内容を見直そうと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

知立市の警察署・市役所の連絡先

  • 安城警察署(管轄):安城市横山町下毛賀知117「TEL:0566-76-0110」
  • 知立市役所:知立市広見三丁目1番地「TEL:0566-83-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オートマ車は急な坂でのエンストに注意しエンストしても慌てない

オートマ車は急な坂でのエンストに注意

オートマ車はマニュアル車の様にクラッチ操作が必要ないので、エンストの心配がなくて安心と思っている方は多いと思います。しかし、オートマ車でも車両トラブル以外で、急な坂道などでエンストすることがありますので注意が必要です。

オートマ車でも急な坂での発進時にエンストすることがある

マニュアル車はクラッチ操作のミスで発進時にエンストすることがありますが、クラッチ操作が必要ないオートマ車でも発進時にエンストすることがあります。それは「急な坂でギアの指定と逆の方向に動いた場合」ですが、以下の様なケースでエンストする場合があります。

●急な登り坂で「D(ドライブ)」レンジに入れた状態で後ろに進んでしまう。
●急な下り坂で「R(バック)」レンジに入れた状態で前に進んでしまう。

アクセルを踏み込めばエンジンの力が勝ってギアで指定している方向に進めますが、アイドリングのままの状態でエンジンの回転数が低い状態だと、ズルズルと下り方向に車が動いてしまいます。

急な坂でブレーキペダルから足を離してしまうと、車が進行方向と逆に動いてしまう場合は、サイドブレーキを使用してアクセルを踏み込むとエンストせずに車を発進することができます。車種によってどれくらいの傾斜の坂まで耐えられるか違いがありますので、坂道での発進が不安な場合には、初めからサイドブレーキを使用して発進すると良いでしょう。

走行中にエンストしても慌てないことが大事

オートマ車でもマニュアル車でも、オーバーヒートやエンジントラブルなど、何らかの車両トラブルが発生した時には、走行中にエンストしてしまうことがあります。パワーステアリングやブレーキブースターは、エンジンがかかっている状態で作動するするのが一般的ですので、エンストしてしまうとその機能が停止してしまいます。

油圧式ではなく電動式のパワステであればエンストしてもバッテリーの電力で機能するものもありますが、走行中にエンストした場合には、ハンドルもブレーキも想像以上に重たくなります。アシスト機能が作動しなくなっただけで、ハンドルが操作できなくなったり、ブレーキが効かなくなった訳ではありません。走行中にエンストしてしまった場合は、ハンドルをしっかりと握り、ブレーキもいつもより力を入れて踏み込んで、できるだけ安全な場所に移動して停車してください。

エンジンがかかっていない場合もある

最近の車はエンジン音がとても静かですので、エンジンがかかってないのにパーキングブレーキを解除してしまうと、急な坂道では車が動き出してしまうことがあります。この様なケースでは、アクセルを踏み込んでも何の意味もなく、ブレーキもハンドルも重たいのでパニックになることがあります。エンジンがかかっていないことに、すぐに気付くとは思いますが、必ずエンジンがかかったことを確認してから、シフトレバーやブレーキ操作をする様に習慣付けておくと良いでしょう。

「だろう運転」は事故の原因になることが多いですが、走行中ではなく発進する時に「エンジンがかかっているだろう」と思い込んでしまうと、大変危険ですので気を付けた方が良いでしょう。

お急ぎのロードサービスはこちら→