岡崎市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 岡崎市

岡崎市でのレッカー移動サービスに24時間対応

岡崎市でのレッカー移動などロードサービス料金
岡崎市対応の(レッカー移動業者)

岡崎市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

岡崎市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、岡崎市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

岡崎市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

岡崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
岡崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

岡崎市のレッカー移動ロードサービス対応情報

岡崎市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

岡崎市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

岡崎市でのロードサービス(レッカー)対応事例

岡崎市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

岡崎市矢作町:故障車をスバル販売店の整備工場までレッカー搬送

出張場所:岡崎市矢作町の矢作橋駅近く

車種:スバル レガシィ

お客様のコメント:走行中にアクセルペダルをいくら踏み込んでも、全然加速しなくなってしまいました。それほどスピードを出していない状態で、時速40kmくらいの速度で走っていた時なので、それほど慌てはしませんでしたが、惰性で少し走ることはできました。

しかし、あまり安全な場所には停車できなかったので、同乗していた妻にハンドルも操作してもらいながら、自分が後ろから50mくらい押して、あまり交通の邪魔にならないところまで移動しておきました。

エンジンはかかりますが、エンジンの動力がタイヤに伝わらない状態です。ボンネットを開けてみましたが、多分ベルトが切れてしまったのが原因だと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

岡崎市の警察署・市役所の連絡先

  • 岡崎警察署:岡崎市明大寺町字銭堤4-1「TEL:0564-58-0110」
  • 岡崎市役所:岡崎市十王町2丁目9番地「TEL:0564-23-6000」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

走行中に車が突然故障した時の対処法

走行中に車が突然故障した時の対処法

ハンドルが取られる、タイヤがパンクした、ボンネットから煙の様なものは出てきたなど、走行中に車が突然故障する場合があります。突然の出来事で慌ててしまうと思いますが、まずは落ち着いて後続車からの追突などの事故を防ぐために、安全かつ速やかに以下の様な対処をしなければいけません。

1.ハザードランプを点灯

何らかの故障が発生した時は、速度を落として安全な場所に移動して停車しなければいけなくなります。そのため、まずはトラブルが起きていることを後続車に知らせて、追突を防ぐためにハザードランプを点灯します。

2.速度を落として安全な場所に停車

スピードが出ている状態では危険ですので、徐々に速度を落として安全な場所に停車します。できればパーキングや空き地に停車できれば良いのですが、やむを得ない場合は路肩や路側帯に停車する様にします。

速度を落とす

ブレーキを踏んで徐々に速度を落とします。電気系統の不具合などでアシストがなくなり、なかなか速度が落ちない場合は、強くブレーキを踏み込みます。それでも速度が落ちない場合は、シフトダウンしてエンジンブレーキを使って速度を落とし、安全な場所を探して停車します。

速度を落とす最中に焦ってエンジンを停止してはいけません。電気系統がダウンしてしまうと返って危険な状態になりますので、停車できるまではエンジンはかけたままにしてください。

安全な場所に移動してパーキングブレーキ

停車する場所はできるだけ平坦な場所が良いですが、停車できた後は必ずパーキングブレーキをかけます。

3.故障車が停車していることを周囲に知らせて避難

発煙筒や停止表示器材を使って故障車が停車していることを周囲や後続車に知らせて、追突を避けるために安全な場所に避難します。

発煙筒や停止表示器材で故障車の停車を知らせる

発煙筒や非常信号灯を持って、故障車と人がいることを合図し、目安として停車している故障車の後方50メートルくらいの場所に停止表示器材を立てます。(ガソリンやオイルが漏れている場合は、引火しない様に発煙筒の取り扱いにはご注意ください。)

乗員全員が道路外の安全な場所に避難

路肩や路側帯に停車している車両に後続車が衝突する事故が時々発生しています。特に自動車専用道路や高速道路では、より後続車に衝突される危険性が高いですので、乗員全員を道路外(ガードレールがあればガードレールの外側に)の安全な場所に避難させます。

4.緊急連絡

車両火災が発生している場合は、消防「119番」に通報します。自動車専用道路や高速道路などで近くに非常電話がない場合は、道路緊急ダイヤル「#9910」による通報、その他の場合はロードサービスに電話してレッカー車を手配してください。

オーバーヒートでボンネットから水蒸気や煙が出ている場合は、安易にボンネットを開けてはいけません。最悪の場合は火が出ている可能性もありますので、車から離れてレッカー車や消防車の到着をお待ちください。

お急ぎのロードサービスはこちら→