豊明市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 豊明市

豊明市でのレッカー移動サービスに24時間対応

豊明市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
豊明市でのレッカー移動などロードサービス料金
豊明市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

豊明市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

豊明市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、豊明市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

豊明市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
豊明市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

豊明市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

豊明市のレッカー移動ロードサービス対応情報

豊明市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

豊明市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

豊明市でのロードサービス(レッカー)対応事例

豊明市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

豊明駅付近の駐車場:パンクした車両を駐車場からお客様のご自宅まで搬送

出張場所:豊明駅付近の駐車場

車種:レクサスLS460

作業内容:パンクした車両を駐車場からお客様のご自宅まで搬送。

お客様のコメント:駐車場に戻ったところ、自分の車だけ何となく斜めになっているので変だなと思ったら、運転席側の前輪がパンクしていました。タイヤの側面は何ともなかったので、タイヤに何か刺さっているのかと思い、接地面を確認したところ、ちょうど見える部分にネジが刺さっていました。

自分の車にはスペアタイヤはなく、パンク修理キットが積んであります。パンク修理は以前乗っていた車がパンクした時に自分で修理したことがあります。車に積んでいるパンク修理キットを使うと何かと後から問題がありそうなので、ロードサービスを頼んで自宅まで車を運んでもらうことにしました。

駐車場でパンク修理することも考えましたが、修理に必要な工具や修理材は車に積んでいないので、自宅に車を運んでもらうのが一番良いと思いました。ネットで検索して車を搬送してくれるロードサービスを見つけましたが、会員登録していなくてもすぐに対応してくれる民間のロードサービスがあって助かりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

豊明市の警察署・市役所の連絡先

  • 愛知警察署(管轄):愛知郡東郷町白鳥2-1-8「TEL:0561-39-0110」
  • 豊明市役所:豊明市新田町子持松1番地1「TEL:0562-92-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

運転中に車が突然故障した時の対処方法

運転中に車が突然故障した時の対処

走行中に運転している車が突然故障してしまった場合、後続車の追突などの事故を防ぐためにも、安全かつ迅速に適切な方法で対処する必要があります。突然のトラブルで気持ちが焦ってしまうかもしれませんが、まずは深呼吸して落ち着ついて冷静に対処してください。例としては以下のような手順で車のトラブルに対処すると良いでしょう。

(1)ハザードランプを点滅する

後続車の追突を避けるため、ハザードランプを点滅して車にトラブルが起きて停車またはスピードを落とすことを知らせます。

(2)スピードを落として安全な場所に停車

ブレーキを踏みスピードを落としますが、ブレーキのトラブルでスピードが落ちない場合は、ブレーキペダルをもう少し強く踏み込んでみます。それでもスピードが落ちない場合は、シフトダウンしてエンジンブレーキで徐々にスピードを落とします。もし、ハンドルが一方向に取られたり、タイヤ付近から金属音などの異音が聞こえる場合は、タイヤがパンクしている可能性がありますので、しっかりとハンドルを握って急ハンドルでスピンしたり、急に車線変更されないようにしてください。

そして、安全な場所に移動できたら停車して、パーキングブレーキをかけて車が自然に動かないようにします。スピードを落としている最中に焦ってエンジンを停止してしまうと、電気系統がすべて止まってしまい返って危険な状態になりますので、車が停車できるまではエンジンのスイッチは切らないようにします。

(3)故障して停車していることを周囲に知らせる

発煙筒を持って故障車と人がいることを後続車に合図しながら、三角表示板などの停止表示器材を停車している車の50メートル以上後方に置きます。そして、発煙筒を路上に置いて後続車に故障で停車していることを知らせますが、ガソリンやオイル類が漏れている場合は、発煙筒の火が引火しないように十分注意してください。

また、車の故障で気持ちが焦っている状態だと思いますが、車から出る時は周囲の安全に十分気を付けてください。後続車などに接触する危険性がありますので、不用意に車の周りを歩き回ってはいけません。
高速道路や自動車専用道路などを走行中に故障した場合は、後続車がスピードを出して迫ってきますので、後続車に追突される危険性も高いです。同乗者がいる場合は、ガードレールの外側などの道路外で安全な場所に避難誘導します。

(4)車の状態点検と緊急連絡

安全に気を付けながら車の状態を点検しますが、もしも出火している場合は119番に緊急連絡してください。その他の場合は、路上での修理は危険を伴いますので、ロードサービスなどに連絡して故障した車を整備工場に搬送してください。

ロードサービスが到着するまでは、道路外の安全な場所でレッカー車などの搬送車が到着するのをお待ちください。不用意に車の周囲をウロウロしていてはいけません。もし、ボンネット付近から煙が出ている場合は、エンジンルームから出火している可能性もありますので、安易にボンネットを開けると危険です。車には近づかず、ロードサービスの到着を安全な場所でお待ちください。

車の故障は、日頃から日常点検を行っていれば防げることも多いです。日常点検を行っていれば、もしかしたら故障を回避できたかもしれません。日頃の日常的な車の点検やメンテナンスは大変重要ですので、習慣付けると良いでしょう。

豊明市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
豊明市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→