名古屋市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 名古屋市

名古屋市でのレッカー移動サービスに24時間対応

名古屋市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
名古屋市でのレッカー移動などロードサービス料金
名古屋市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

名古屋市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

名古屋市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区など、名古屋市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

名古屋市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名古屋市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

名古屋市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

名古屋市のレッカー移動ロードサービス対応情報

千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区など、名古屋市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

名古屋市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

名古屋市でのロードサービス(レッカー)対応事例

名古屋市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

名古屋市北区:エンジンがかからなくなった車を整備工場までレッカー搬送

出張場所:名古屋市北区にお住いのお客様ご自宅

車種:スズキ スイフト

作業内容:オルタネーター故障と思える車をレッカーで整備工場まで移動

お客様のコメント:バッテリーを交換したばかりなのに、バッテリー上がりした時と同じ様にエンジンがかからなくなってしまいました。バッテリーは自分で交換したのですが、接続は間違っていないと思います。心配になりボンネットを開けてバッテリーの取り付け状態も確認してみましたが、特に問題は見当たりませんでした。

お世話になっている整備工場に相談してみたところ、発電する部品のオルタネーターが故障している可能性があるとも言われました。バッテリー上がりであれば駐車場でも対応可能ですが、オルタネーターの故障は整備工場でないと修理できないということで、レッカーで車を整備工場まで移動してもらうことになりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

名古屋市の警察署・市役所の連絡先

  • 中警察署:名古屋市中区千代田二丁目23番18号「TEL:052-241-0110」・・・他
  • 名古屋市役所:名古屋市中区三の丸三丁目1番1号「TEL:052-961-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

タイヤがパンクする原因と対処方法

タイヤがパンクする原因と対処方法

整備された道路が多くなり、以前ほどタイヤがパンクすることは少なくなっています。しかし、運転中にハンドル操作に異常を感じたり、アクセルが重いといった症状が現れた場合はタイヤがパンクしている可能性があります。

その場でタイヤ修理できない場合は、当社の様なロードサービスを利用して、タイヤを扱っているお店までレッカーで移動して修理してください。

タイヤがパンクする5つの原因

タイヤのパンクは、大きく分けると以下の5つの原因で起こります。

釘などの尖ったものが刺さる

道路には釘や尖ったガラス片が落ちていることがあります。これらの異物がタイヤに刺さることでパンクすることが多いです。

空気圧の不足

タイヤの空気圧が少ない状態で走行してしまうと、無理な負荷がタイヤにかかりタイヤが損傷してしまいます。ゴムが剥離したりタイヤが変形することでバーストする危険性もあります。特に高速道路を走る前には、タイヤの空気圧を点検することは必須です。

縁石などでタイヤの側面を擦る

うっかり縁石を見逃していたり、ハンドル操作を誤ってしまうと、縁石の角にタイヤの側面を擦り付けてパンクしてしまうことがあります。タイヤの側面がパンクした場合は修理はできませんので、タイヤを交換しなければいけなくなります。

ホイールリムの変形や劣化

ホイールリムはホイールの円周部分のことですが、どこかにぶつけて変形したり、長期間の利用で腐食して劣化していると、タイヤの空気が漏れてパンクしてしまうことがあります。

イタズラ

ニュースなどでも時々取り上げられていますが、タイヤに尖ったものを突き刺して空気を抜く、悪意を持ったイタズラをされる場合があります。タイヤの側面を刺されることが多いですので、タイヤの側面に擦った様な形跡はなく、何かを刺された様なキズ穴だけがある場合は、イタズラされた可能性が高いです。

パンクした時の対処方法

運転中にハンドル操作に異常を感じたり、アクセルが重いといった症状が現れた場合は、パンクしている可能性が高いです。走行中に周期的なカチカチという様な音が聞こえる場合は、タイヤに釘などが刺さっている可能性があります。釘などが刺さったままで、すぐにタイヤがペチャンコにならない場合は、タイヤ修理できるところまで自走する手段もあります。

空気が抜け切って走行できない場合は、無理に走行するとホイールも痛めてしまいますので、安全な場所に停車してタイヤ交換か修理を行うことになります。

最近の車にはスペアタイヤではなく、パンク修理キットが常備されるようになってきましたが、パンク修理キットの修理剤を使ってしまうと、基本的にパンク修理ができなくなりタイヤ交換することになります。そのため、パンク修理キットはタイヤの擦り減り具合によって使用するかどうか検討した方が良いでしょう。パンクしたその場で修理できない場合は、ロードサービスを利用して近くのタイヤを扱っている修理工場までレッカー移動されると良いでしょう。

名古屋市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名古屋市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→