豊田市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛知県 > 豊田市

豊田市でのレッカー移動サービスに24時間対応

豊田市でのレッカー移動などロードサービス料金
豊田市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

豊田市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

豊田市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、豊田・藤岡・小原・旭・稲武・足助・下山地区など、豊田市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

豊田市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

豊田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
豊田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

豊田市のレッカー移動ロードサービス対応情報

豊田・藤岡・小原・旭・稲武・足助・下山地区など、豊田市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

豊田市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

豊田市でのロードサービス(レッカー)対応事例

豊田市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

豊田市広久手町:走行中に故障した車両のレッカー搬送

出張場所:豊田市広久手町の飯田街道路肩

車種:トヨタ マークX

お客様のコメント:運転中に音がしたのですが、それからアクセルを踏み込んでも加速せず、徐々にスピードが落ちて路肩に停車するしかありませんでした。停車してからもエンジンは止まらず、エンジンを止めてからでもエンジンはかかります。

ディーラーに相談するしかありませんでしたが、恐らくファンベルトが切れてしまった症状と言われました。エンジンがかかっても走らせることができませんので、車の移動方法を考えなければいけなくなりました。ここから車を購入したディーラーまでは15kmありますが、今日中に車を運んでもらいたいと思いました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

豊田市の警察署・市役所の連絡先

  • 豊田警察署:豊田市錦町1丁目59-1「TEL:0565-35-0110」
  • 足助警察署:豊田市岩神町仲田6-4「TEL:0565-62-0110」
  • 豊田市役所:豊田市西町3丁目60番地「TEL:0565-31-1212」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

エンジン故障はロードサービスでレッカー移動

エンジン故障はロードサービスでレッカー移動

エンジンが故障すると、ほとんどの場合はエンジンが始動できなくなりますので、車を走行できなくなる状態になります。エンジンが故障する原因には複数ありますが、エンジンの故障は車にとって重大なトラブルですので、エンジンはなぜ故障するのかを知り、故障する原因と対処法を知ることも大切です。

オーバーヒート

ラジエーターはエンジンを冷やすための装置ですが、ラジエーターが故障するとオーバーヒートの原因になることが多いです。オーバーヒートするとエンジンの温度が上がり続けて、エンジンの焼き付きを起こす原因になります。

ラジエーターの本体や冷却水のホースは、経年とともに劣化するものですので、冷却水が漏れだしてしまうことがあります。また、事故で何かに衝突したことがあると、その時の衝撃でラジエーター本体にヒビ割れなどができて冷却水が漏れることもあります。

メーターパネルの水温計が上昇して、オーバーヒートの兆候が見られた時は、無理に走行を続けずに適切な対処を行う必要があります。冷却水量の点検はエンジンルームの冷却水リザーバータンクで確認できますが、明らかに冷却水が減っている場合は無理に運転しないで、ロードサービスを呼んで整備工場までレッカー移動した方が良いでしょう。

オイル漏れやオイルの劣化

オイル不足やオイルの劣化もエンジンにダメージを与えてしまいます。長く使用していると、エンジンオイルは劣化してしまいエンジンに負担がかかります。エンジンオイルは定期的に交換する必要があるものですので、劣化しない内に交換してください。また、オイル交換した後や何かに車の底を擦ったことがある場合は、オイル漏れしていないかも時々点検した方が良いでしょう。

エンジン故障時の対処法

冷却水・エンジンオイルの点検やメンテナンスで、ある程度のエンジン故障の予防策にはなりますが、どれだけ丁寧にメンテナンスしていても、突然エンジン故障が起こる場合もあります。エンジン故障した際は、被害を最小限に食い止めるのが大切です。

エンジンが不調なまま無理して走行してしまうと、さらに被害が拡大することもあり、エンジンに大きなダメージを与えてしまう場合もあります。

原因と症状の確認

エンジン故障が疑える場合、まずは原因と症状を確認する必要があります。状態を正しく把握することが大事ですが、エンジン故障はオーバーヒートやエンジンオイル関係以外にも原因があることがあります。一般の方では原因を調べることは難しいですので、まずはどんな症状かを把握してください。

また、点検や修理を行うためには、車両を整備工場に運ぶ必要がありますので、ロードサービスを利用して最寄りの整備工場やディーラー迄、車両をレッカー移動する手配を行ってください。エンジン故障時は、無理に手を加えずにプロに任せた方が無難なことが多いです。

お急ぎのロードサービスはこちら→