花見川区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 千葉県 > 千葉市花見川区

花見川区でのレッカー移動サービスに24時間対応

花見川区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
花見川区でのレッカー移動などロードサービス料金
花見川区のロードサービス(レッカー移動業者)

花見川区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

花見川区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、朝日ケ丘/柏井/検見川/こてはし台/作新台/花園/幕張/幕張本郷/宮野木台など花見川区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

花見川区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
花見川区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

花見川区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

花見川区のレッカー移動サービス対応情報

朝日ケ丘/柏井/検見川/こてはし台/作新台/花園/幕張/幕張本郷/宮野木台など、花見川区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

花見川区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

花見川区でのロードサービス(レッカー)対応事例

花見川区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

花見川区幕張町:車検切れ車両のレッカー搬送

出張場所:花見川区内国道14号線の路肩

車種:ジャイロキャノピー(配達用原付三輪車)

作業内容:故障した配達用三輪バイクを搬送。

コメント:配達中に突然エンジンが止まってしまいました。バッテリー上がりではなくエンジンが故障してしまったのは確実です。お店まで5kmくらいの距離があるので、この配達用の三輪バイクを押して帰ることはとてもできませんでした。

お店に電話して店長にどうしたら良いか相談したところ10分ほどしてから電話があり、バイクを車に積載して運んでくれる業者さんを手配したので、あと1時間ほどここで待っているように言われました。そしてバイクは修理が必要になるので、バイク屋さんまで一緒に行ってくるようにも言われています。搬送車に同乗させてもらってバイク屋さんまで一緒に行くことになりましたのでよろしくお願いします。

お客さんのところに配達終わって、その帰り道だったので良かったのですが、配達が済んでいない時にバイクが故障してしまっていたら大変だったと思います。また、故障したのが昼間で良かったです。夜中だったらバイク屋さんが閉まっていたと思います。

いつもはこんなに遠くまで配達に来ることはあまりないのですが、よりによって遠出した時にバイクが故障してしまいました。この三輪バイクを搬送していただくバイク屋さんは、お店の近くにあるのでそこからは歩いてお店に帰ることができます。店長にバイクを押して帰って来いと言われなくて助かりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

※花見川区の警察署・区役所の連絡先

  • 千葉北警察署-花見川交番:千葉市花見川区花見川9番3号「TEL: 043-259-7090」
  • 花見川区役所:千葉市花見川区瑞穂1丁目1番地「TEL: 043-275-6111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オーバーヒートによるトラブル

オーバーヒートによるトラブル

車の性能も向上していますので、最近はオーバーヒートで白い煙を出しながら路肩に停車している車を見かけることが少なくなりました。しかし、年式の古い車や走行距離が10万kmを超えているような車は、部品も劣化しているはずですので、オーバーヒートによるトラブルが発生する要因が増えていきます。

ファンベルトは走行距離などによって交換する必要がありますが、劣化していたりファンベルトの張り調整をしてしていないと、スリップしてしまい十分な機能を発揮できなくなります。ファンベルトのスリップで冷却機能がダウンすると結果的にオーバーヒートを誘発してしまいます。

冷却水不足もオーバーヒートの原因になります。冷却水が不足していると水温が上がりやすくなりますので、インパネの水温計でオーバーヒート前に確認することができます。冷却水の温度が上昇した時に赤い警告ランプが点灯して知らせてくれる車種もありますが、水温計を常時気にしながら運転しているドライバーは少ないと思いますので、水温計で事前にオーバーヒートを察知することが難しい場合も多いです。

ファンベルトや冷却水以外の原因でオーバーヒートになる場合もありますが、運良くオーバーヒートになる直前で察知できた場合は、すぐに安全な場所に停車してエンジンを停止し、ボンネットを開けて冷えるのを待ちます。この時、ラジエーターのキャップを開けては絶対にいけません。ラジエーターから沸騰した冷却水が勢い良く噴き出して火傷する危険性があります。また、早く冷やそうとしてペットボトルなどに入っている水をエンジンに直接かけて冷やそうとする様な行為もやめた方が良いでしょう。

十分冷えてから冷却水の温度が上昇した原因を調べることになりますが、ファンベルトが緩んでいる場合は調整すればそのまま走ることもできます。しかし、車の整備資格を持っていたり車に詳しい方でないと、この様な作業はなかなかできるものではありません。

突然ボンネットから湯気が出始める本格的なオーバーヒートになってしまう場合もありますが、エンジンがダメージを受けている可能性もあります。はっきりした原因が分からない場合は、減った分の冷却水を継ぎ足して走行したりせずに、当社のようなロードサービスを呼んでレッカー車や積載車で、車の整備ができるディーラーや整備工場に搬送した方が良いでしょう。

オーバーヒートの症状

オーバーヒート状態になると以下の様な症状が見られます。

これらの症状を感じたり確認した場合は、すぐに安全な場所に停車して原因を点検します。異常がある状態で走行を続けてしまうと、それだけ車にダメージを与えてしまい修理費用も高くなってしまう場合があります。

花見川区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
花見川区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→