千葉県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 千葉県

千葉県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

千葉県のロードサービス(レッカー業者)

千葉県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

千葉県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、千葉市/浦安市/佐倉市/市原市/市川市/松戸市/船橋市/柏市/木更津市/野田市/八千代市などを拠点としております。千葉県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

千葉県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

千葉県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千葉県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

千葉県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い千葉県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。千葉県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

千葉県のレッカーサービス対応エリア

千葉県対応ロードサービス

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

自動車の故障を早期に発見するために重要な日常点検

自動車のエンジンが故障した時の症状や原因

自動車は多くの部品で構成されていますので、様々な故障が考えられます。故障した場合、車の状態を日常的に点検していれば、故障の程度を最小限に抑えることもできます。最小限に抑えれば、修理費用も最小限に抑えることができます。

日常点検は、自動車の所有者の義務として「道路運送車両法」に定められています。日常点検を怠っても罰則や罰金などはありませんが、安全な状態で運転するためにも確実に行う必要があります。

車を運転する前に毎回点検するのは難しいと思いますので、最低でも月一回程度は確実に点検を行った方が良いでしょう。日常点検は一般のドライバーでもできる内容が多いですが、主に外装部やエンジンルーム、運転席での操作など、以下のような項目の点検を行います。

外装部の点検

まずは車の周りを一周して異常がないか確認します。特にタイヤ周りは重点的に点検します。タイヤは走行することで常にすり減っていますので、スリップサインが出ていないか確認します。空気圧や亀裂・ひび割れの有無、損傷していないかなども点検します。タイヤの溝に小石が挟まっている場合は、走行中の飛び石の原因になりますので取り外しておくと安全です。

フロントガラスが飛び石などで破損して小さなキズができている場合は、応急措置として透明なテープなどを貼ります。テープを貼ってキズに水分や汚れが染み込まないようにしておけば、リペアで補修することができます。

エンジンルームの点検

エンジンが故障してしまうと多額な修理費用がかかってしまいますが、ボンネットを開けてエンジンルームを点検することで早期に異常を発見でき、修理費用も最小限に抑えることができます。

エンジンルームの点検は、オイル類や各種液体が適切な量にあるかを点検します。エンジンオイルやブレーキオイル、冷却水やバッテリー液、そしてウォッシャー液など、適正な量でなければ補充する必要があります。また、ヘリが早い場合は、漏れが起きている可能性がありますので修理が必要になります。

日常的にオイル類や各種液体を点検していれば、異常が発生した場合にすぐに原因が分かるようになります。また、ボンネットを開けてエンジンルームを点検した時に、いつもとは異なる異臭がする場合は、ディーラーや修理工場で点検してもらった方が安心できます。

運転席で点検すること

外装部やエンジンルームの点検が終わった後は、運転席で各種操作を行って不具合がないか点検します。各種ライトやランプ類が正常に点灯するかどうかも点検しますが、必要に応じて一度外に出て確認してください。運転席で点検する項目は、ブレーキやパーキングブレーキ、ワイパーやウィンドウウォッシャーの稼働状態、クラクションやウィンドウの開閉具合、そしてエンジンのかかり具合や異音の確認です。

車の異常は普段から気にしていないと、正常な時と区別ができない場合があります。定期的な点検やメンテナンスを行うことで異常を早期に発見でき、大規模な故障を未然に防ぐこともできます。日常的な点検を行って、正常な状態と異常が発生している状態を区別できるようになると安心です。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

千葉県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
千葉県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→