千葉市稲毛区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 千葉県 > 千葉市稲毛区

千葉市稲毛区でのレッカー移動サービスに24時間対応

稲毛区でのレッカー移動などロードサービス料金
千葉市稲毛区のロードサービス(レッカー移動業者)

千葉市稲毛区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

千葉市稲毛区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、園生町/小仲台/長沼原町/長沼町/山王町/稲毛東/宮野木町/穴川/稲毛/轟町/天台/六方町/稲毛町/小中台町など千葉市稲毛区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

千葉市稲毛区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

千葉市稲毛区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千葉市稲毛区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

千葉市稲毛区のレッカー移動サービス対応情報

園生町/小仲台/長沼原町/長沼町/山王町/稲毛東/宮野木町/穴川/稲毛/轟町/天台/六方町/稲毛町/小中台町など、千葉市稲毛区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

千葉市稲毛区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

千葉市稲毛区でのロードサービス(レッカー)対応事例

千葉市稲毛区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

千葉市稲毛区稲毛東:車検切れ車の搬送

出張場所:千葉市稲毛区稲毛東

車種:トヨタ ヴァンガード(平成24年式)

作業内容:車検切れ車の「トヨタ ヴァンガード」を千葉市稲毛区のお客様ご自宅から成田市のご実家までローダー車で搬送。

コメント:今回、千葉市稲毛区から実家がある成田市に引っ越すことになりました。半年ほど前に夫が他界したのですが、夫の愛車だった車も実家に持っていくことにしました。実家の庭は広いので車の置き場所には困りませんが、車の車検が切れているので、公道を運転して乗っていくことができません。

任意保険の契約内容を調べたところ、付帯サービスでロードサービスも使えるようでしたが、故障した訳ではありませんので、そのロードサービスは利用できないと思いました。

廃車してしまうことも考えましたが、息子にとっては形見の車で運転免許証が取れるようになったら、自分の車にしたいと言っているので、廃車して手放さず実家に持っていくことにしました。車検切れの車を搬送するためには、どこかの運送会社さんに頼むしかありませんでしたので、ネット検索で車検切れ車の搬送をお願いする運送会社さんを調べてみました。

ネットで検索するまでは、どこの運送会社さんに頼めばよいか困っていたのですが、民間のロードサービスで車検切れ車の搬送を引き受けてくれることが分かり、Webサイトで料金表を確認してから御社に車検切れ車の搬送をお願いすることにしました。

半年間、車を動かしてはいませんが、時間がある時に息子が車を掃除していたので、外回りや内装はピカピカ状態です。あと3ヶ月ほどで息子が免許を取れるので、それまで引越先の実家に持っていくことにしました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

稲毛区の警察署・区役所の連絡先

  • 千葉北警察署:千葉市稲毛区長沼原町199-1「TEL: 043-286-0110」
  • 稲毛区役所:千葉市稲毛区穴川4丁目12番1号「TEL: 043-284-6111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オルタネーターの役割と寿命や故障による症状

車が故障した場合の対処例

オルタネーターは車が走行するために重要な役割をしていますので、故障や寿命が近づいてくるとエンジンや電装品の動作に影響が出てしまいます。バッテリーの寿命と間違えてしまうこともありますが、走行中にエンストした場合などは、オルタネーターの故障も疑ってディーラーや整備工場に連絡を取った方が良いでしょう。

オルタネーターの役割

オルタネーターは交流の電気を作る発電機です。エンジン始動にはバッテリーの電力を使用しますが、エンジン始動後はバッテリーからの電力ではなく、オルタネーターが発電した電力を使っています。そしてオルタネーターからの電力でバッテリーの充電が行われています。
オルタネーターが故障してしまうと、電力を車に供することができなくなり、バッテリーも充電されなくなってしまいますので、エンジンをかけたり走行することができなくなり、レッカー車でディーラーや整備工場に搬送しなければいけなくなります。

オルタネーターの寿命が近づいた時に出る症状

オルタネーターの寿命が近づくと発電力が弱まり車に供給できる電圧が下がります。すると電圧の低下によって、燃料噴射や混合気を爆発させるために必要な電力不足でエンジンの吹け上がりが悪くなります。

また、車の電装品は12Vまたは24V仕様にで作られていますので、電力が低下すると電装品の動作が不安定になります。この様な症状が感じられるようになった場合は、メーターパネル内のバッテリー警告灯が点灯したりする場合もありますが、オルタネーターの寿命が原因で点灯している可能性もあります。バッテリー上がりと見分けができない場合は、いつオルタネーターが動かなくなってしまうか分かりませんので、早めにディーラーや整備工場で点検してもらった方が良いでしょう。

オルタネーターが故障した時の症状

完全にオルタネーターが故障してしまうと、車に電力を供給できなくなりますのでバッテリーに充電されている電気を使うことになります。走行中にバッテリーの充電が行われずに電力が使われてしまうと、いずれバッテリーの電力もなくなります。

オルタネーターが故障して発電できず、バッテリーの電力もなくなってしまうと、車への電力供給がストップしてしまいエンジンがストップしてしまいます。電力不足でエンジンが止まってしまえば、エンジンを始動しようとしてもセルモーターを動かす電力がバッテリーに残っていませんので、エンジンを始動することはできません。

バッテリー上がりを疑ってジャンピングで他車から電力を分けてもらってエンジンをかけたとしても、ブースターケーブルを取り外せば再びエンストしてしまいます。

オルタネーターの故障と気づかずに新しいバッテリーに交換してしまう場合もあると思いますが、新しいバッテリーの電力を使い果たしてしまえば、やはりエンストが再発してしまいます。

走行中にエンストした場合などはオルタネーターの故障も疑い、バッテリー上がりのようにご自分でジャンピングしたり、新品のバッテリーに交換したりして対処できませんので、走行できるようであれば速やかにディーラーや整備工場で点検や修理を受けた方が良いでしょう。

オルタネーターが寿命に近づくとエンジンの吹けが悪くなったり、電装品の動作に不具合が出るなどの症状が現れます。また、完全にオルタネーターが故障してしまうと、エンストしてエンジンを始動することも走行することもできなくなります。

バッテリー上がりであれば、ジャンピングやバッテリー交換を行えばその場で対処可能ですが、オルタネーター故障はディーラーや整備工場に持ち込み修理になる場合がほとんどですので厄介な故障です。

お急ぎのロードサービスはこちら→