市川市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 千葉県 > 市川市

市川市でのレッカー移動サービスに24時間対応

市川市でのレッカー移動などロードサービス料金
市川市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

市川市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

市川市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、市川・南行徳・八幡・鬼高・国府台・塩浜・曽谷・原木・二俣など、市川市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

市川市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

市川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
市川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

市川市のレッカー移動ロードサービス対応情報

市川・南行徳・八幡・鬼高・国府台・塩浜・曽谷・原木・二俣など、市川市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

市川市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

市川市でのロードサービス(レッカー)対応事例

市川市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

市川市南行徳:故障して路肩に停車中の車両をレッカー移動

出張場所:南行徳駅近くの道路脇

車種:日産 ステージア

お客様のコメント:今日は日差しが強くて気温もどんどん上がってきましたが、そのせいか車が故障してしまいました。水温計が警告レベルで、アクセルを踏んでも反応がいつもと異なり加速しなくなってしまいました。

明らかにエンジンの調子が悪くなったと思い、何とか路肩に停車することはできたのですが、アイドリング中にエンジンが止まりそうになり、そのまま止まってしまいました。

エンジンが止まった後は、2度とエンジンはかからなくなりました。車のことはあまり詳しくないので、ボンネットを開けたりはしていません。自宅近くの車屋さんに相談したところ、多分オーバーヒートかも知れないと言っていました。

取りあえず車を運んで来てと言われたので、レッカー車を自分で手配することになりました。自宅近くの車屋さんまで、車のレッカー移動をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

市川市の警察署・市役所の連絡先

  • 市川警察署:市川市鬼高4丁目4-1「TEL: 047-370-0110」
  • 行徳警察署:市川市塩浜3丁目10-18「TEL: 047-397-0110」
  • 市川市役所:市川市南八幡2丁目20番2号「TEL: 047-334-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

自動車同士の追突事故予防策

自動車同士の追突事故予防策

自動車同士の交通事故で多いのは追突事故ですが、交差点での信号待ちや渋滞時の減速時に、先行車に後続車が追突するケースが多いです。自動車同士の追突事故は、車が破損するだけでなく、人の命に係わる重大な事故になる場合もあります。

特に高速道路走行中の渋滞では、先行車が減速しているのに早めに気付かないと、スピードが出ていますので追突した時の衝撃が強くなり、複数台を巻き込んでしまう玉突き事故になってしまうこともあります。

追突事故の加害者にならないための予防策

追突事故は、主にわき見運転などの油断によって発生してしまうことが多いです。道路を走行しているのは自分だけではないという意識を持ちながら、安全に運転することが大切です。

追突事故の加害者になるのは避けたいものですが、予防策としては以下の様なことが挙げられます。

車を運転しないという選択

車を運転しなければ、自動車同士の追突事故の加害者になることはありません。当たり前のことですが、体調が悪い時、睡眠不足、精神的にイライラしている時などは、車の運転は控えた方が良いでしょう。運転に集中できないと適切な判断が遅れたり、間違った反応をしてしまいがちですので、追突事故を起こしてしまう確率が高くなります。

十分な車間距離

追突事故を避けるためには、前方の車が急に減速しても反応できる様に、十分な車間距離を取って運転することが必要になります。高速道路では時速80キロ以上で走る機会が多いですが、高速道路走行中は少なくても時速以上の車間距離が必要です。時間的には約2~3秒くらいになりますが、時速80キロで走行している場合の車間距離は80メートル以上、時速100キロで走行している場合の車間距離は100メートル以上は必要です。

高速道路では、所々に車間距離を確認する標識(車間距離確認区間)が設けられていますので、それを参考にして安全な車間距離を保つ方法や、レーンマークを目安にして車間距離を確かめる方法があります。高速道路のレーンマークは、8メートルの白線が12メートル間隔で引かれており、1セットで20メートルです。

2~3台前方の車の動きも確認

運転中は直前を走っている車の動きだけでなく、2~3台前方の車の動きも確認しながら運転すれば、直前を走行している車の動きを予測することができます。例えば、2~3台前方を走っている車のブレーキランプが点灯すれば、直前の車もブレーキをかけると予測できます。また、2~3台前方の車が急な割り込みをされた場合なども、割り込みされた車が減速することを早めに予測することができます。

前方を走っている車の減速を早めに予測できることで、自分も早めに減速できますので、追突事故を未然に防いでいることになります。

携帯電話やスマホ操作

運転中の電話やスマホ、カーナビなどの操作は禁じられていますが、操作中によそ見していることになりますので危険です。操作が必要な場合は、信号待ちなどの停車中に行い、時間がかかりそうな場合には、安全な場所に停車して行う必要があります。

電話はハンズフリーであれば違反にはなりませんが、大声でしゃべっていると緊急車両の音が聞こえないなど、周囲の状況把握の妨げにもなりますので、運転しながらの電話もなるべく控えた方が無難でしょう。

お急ぎのロードサービスはこちら→