八幡西区・東区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福岡県 > 北九州市八幡西区・東区

八幡西区・東区でのレッカー移動サービスに24時間対応

八幡西区・東区でのレッカー移動などロードサービス料金
八幡西区・東区のロードサービス(レッカー移動業者)

八幡西区・東区(北九州市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

八幡西区・東区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、八幡西区-ひびきの南/黒崎/穴生・陣原/引野・小嶺/折尾/八枝・三ヶ森/木屋瀬・香月地区、八幡東区-中央/前田/尾倉/河内/大倉/高槻/槻田/枝光地区など、八幡西区・東区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

八幡西区・東区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

八幡西区・東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
八幡西区・東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

八幡西区・東区のレッカー移動サービス対応情報

八幡西区-ひびきの南/黒崎/穴生・陣原/引野・小嶺/折尾/八枝・三ヶ森/木屋瀬・香月地区、八幡東区-中央/前田/尾倉/河内/大倉/高槻/槻田/枝光地区など、八幡西区・東区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

八幡西区・東区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

八幡西区・東区でのロードサービス(レッカー)対応事例

八幡西区・東区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

八幡西区折尾:250ccビッグスクーター故障車を最寄りのバイク修理店まで搬送

出張場所:北九州市八幡西区折尾:国道199号線の路肩

車種:HONDA フォルツァ(250ccのビッグスクーター)

作業内容:ベルト切れで故障したため走行不能になった、250ccビッグスクーターを最寄りのバイク屋さんまでレッカー搬送。

お客様のコメント:バイクの駆動ベルトが走行中に突然切れてしまったみたいです。走行中に変な音がしたのですが、それからアクセルを回しても加速しなくなりました。40キロくらいの速度で走っている最中でしたので、惰性で走って路肩でバイクを停めて確認しましたが、やはりベルト切れの様子でした。

エンジンオイルやオイルフィルターの定期的な交換やタイヤ交換は自分でしていましたが、250ccのビッグスクーターなので車検は受ける必要がないのですが、バイク屋さんで点検も受けずにノーメンテナンスで4年くらい乗っています。通勤にも使っているバイクなので、結構な距離を走っており、そろそろどこか故障するかもと少し心配はしていましたが、とうとう壊れてしまいました。

大きなバイクなので乗っている時は大変楽なのですが、故障して走れなくなってしまうと、これほど重くて大変になるとは思ってもみませんでした。バイク屋さんに押して修理に行くことも無理でした。また、この辺は土地勘がないのでバイク屋さんに救援依頼をしようとしても、どこに頼んだら良いか分かりません。

こんなことになるなら、全国に店舗があるレッドバロンなどのチェーン店でバイクを購入すれば良かったと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

八幡西区・東区の警察署・区役所の連絡先

  • 八幡西警察署:八幡西区東王子町2-1「TEL:093-645-0110」
  • 八幡東警察署:八幡東区大谷1丁目1-1「TEL:093-662-0110」
  • 八幡西区役所:八幡西区黒崎三丁目15番3号「TEL:093-642-1441」
  • 八幡東区役所:八幡東区中央一丁目1番1号「TEL:093-671-0801」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

真夏に注意が必要な車内の暑さ対策

真夏の車の運転で注意すること

近年は真夏に猛暑日が続くことも多くなっていますが、炎天下に車を駐車していると車の中はサウナ状態になるばかりでなく、ダッシュボード付近に置いたものが暑さで壊れたり、溶けて変形してしまう場合もあります。また、スプレー缶の爆発の危険性もあり、炭酸飲料の缶やペットボトルが破裂して、車の中で噴水状態になる場合もあります。運転中にその様なことになった場合は、大事故につながる危険性がありますので注意が必要です。

真夏の暑さは避けることができませんが、ちょっとした点検や工夫で夏の車のトラブルを回避することも可能です。

エアコンのトラブル対策

真夏の運転ではエアコンが必需品になりますが、エアコンは車内の空気を冷やすという大事な役割がありますので、エアコンが全く効かなくなる事態になると大変です。エアコンが不調な場合は、エアコンガスの不足が原因になっていることも多いですので、本格的に暑くなる前にエアコンガスを点検しておくと良いでしょう。エアコンガスのチェックは、スタンドなどでも点検や補充に対応しているところも多いですので、給油のついでに相談してみるのも良いと思います。

エアコンガスを補充したのに冷え方が調子悪い時は、コンプレッサーの故障やエアコンガスの漏れ、ラジエーターや配管からの水漏れ、エアコンフィルターへのゴミの付着なども原因として考えられます。エアコンの効き具合が悪いと思った場合は、渋滞中にエアコンが効かなくなったら大変悲惨な事態になりますので、早めに点検やメンテナンスをしておくと安心です。

バッテリーへの負担のかけ過ぎに注意

車の電装品の中でもエアコンは、電気の消費量が多いのでバッテリーへの負担を考えなければいけません。エアコンを常時使い続けるのではなく、夕方涼しくなってきたら窓を開けて自然の風をエアコン代わりにれば、バッテリーの負担を軽減することができ、ばってりーの充電効率も高くなります。

また、駐車していた車に乗る場合は、車内が暑くなっていますので、エアコンを全開にしてスタートすることも多いと思います。少しでもバッテリーの負担を軽減して、なるべく早く車内の温度を下げる場合は、スタート時は前後の窓を全開にして車内の熱気を出しながら走行します。熱気が出たら窓を閉めてエアコンの設定は「内気循環」で使用した方が良いでしょう。

それから、駐車中にもエアコンを使う場合もあると思いますが、駐車中にエアコンを長時間使っているとバッテリーに負担がかかるだけでなく、冷却水の水温が上がりオーバーヒートの起因になることもありますので注意が必要です。

車内の暑さ対策

真夏の車内はサウナ状態になり、特にダッシュボード付近は高温になりますので注意が必要です。直射日光を遮ることが対策になりますので、サンシェードやタオルなどを使って日差し対策すると効果があります。

サンシェード

車の中にはフロントガラスからの日差しが影響を多く及ぼしますので、サンシェードなどによって直射日光を和らげることが基本になります。日中に陽当りの良い場所に車を駐車した場合、サンシェードを使うか使わないかでは、車内の温度がかなり違ってきます。

サンシェードは、車のフロントガラスのサイズに合ったものを使うのが基本ですが、使わない時にはコンパクトに折り畳めるものが便利です。

熱遮蔽カーフィルム

日差しは窓ガラスから差し込みますので、窓ガラスにカーフィルムを貼ることも暑さ対策になります。但し、フロントガラスとフロントドアガラスには、道路交通法でカーフィルムの条件が定められており、濃過ぎるフィルムは違反になりますので注意が必要です。

色付きのカーフィルムを貼ると、車内が少し暗くなり車内から見る外の景色の色も多少変わってしまいますが、透明のフィルムもあります。透明でも特殊金属がフィルムにコーティングされていていますので、暑さの元になる赤外線を遮蔽してくれます。また、車内の暑さ対策だけでなく、車内の内装品の色あせ防止にもなります。

窓ガラスを少し開けておく

急な雨に注意する必要がありますが、駐車する時に少しだけ全部の窓ガラスを開けておけば、車内に風が入りますので、車内の温度上昇を避ける効果があります。

熱くなるハンドル対策

ハンドルに触った時に火傷しそうな熱さを感じたことがある方も多いと思います。急速冷却スプレーなども効果がありますが、駐車中のハンドルに簡単にかぶせることができるハンドルカバーに利用も有効です。

買い物などでお店の駐車場に車を停める時に、エアコンをかけた状態で小さな子どもやペットなどを車の中で待たせることもあると思います。但し、エアコンが急に停止してしまうこともあります。暑い車の中で脱水症状や熱中症になる危険性もあり、命にも関わりますので十分過ぎるほどの注意が必要です。

お急ぎのロードサービスはこちら→