福岡市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福岡県 > 福岡市

福岡市でのレッカー移動サービスに24時間対応

福岡市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
福岡市でのレッカー移動などロードサービス料金
福岡市のロードサービス(レッカー移動業者)

福岡市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

福岡市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、東区/博多区/中央区/南区/西区/城南区/早良区など、福岡市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

福岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

福岡市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

福岡市のレッカー移動ロードサービス対応情報

東区/博多区/中央区/南区/西区/城南区/早良区などの福岡市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

福岡市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

福岡市でのロードサービス(レッカー)対応事例

福岡市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

福岡市博多区:故障してエンストした車両を最寄りの整備工場にレッカー搬送

出張場所:福岡市博多区内県道の路肩

車種:【トヨタ】ハリアー

作業内容:何度かエンストしながら走り続けたものの、エンジンが始動できなくなり、路肩に停車中の故障車両を最寄りの整備工場までレッカー搬送。

お客様のコメント:エンストするしばらく前から、信号待ちなどで車が停止している時にエンジンが止まりそうになっていました。止まりそうになった時にアクセルを少し踏むとエンジンは止まらないのですが、アクセルから足を離してしまうとエンジンが止まってしまいました。

しばらくはそのままの状態でもエンジンを再始動できて走れたのですが、何度かエンスト繰り返してしまい、とうとうエンジンもかからなくなってしまいました。エンジンを始動する時のセルモーターは問題ないと思いますので、エンジンのどこかが故障してしまったみたいです。

とりあえず車は路肩に停めることができたのですが、信号待ちや道路の真ん中でエンストしてしまったら大変でした。ロードサービスのお世話になるのは初めてですが、スマホで検索して初めてロードサービスを利用してレッカー搬送してもらうことになってしまいました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

福岡市の警察署・市役所の連絡先

  • 福岡市中央警察署:福岡市中央区天神1丁目3番33号「TEL:092-734-0110」 他
  • 福岡市役所:福岡市中央区天神1丁目8番1号「TEL:092-711-4111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

AT車がエンストした場合の原因と対処方法について

AT車がエンストする時の症状と原因

AT車は人為的な操作ミスでエンストすることはほとんどありませんので、エンストはMT車でクラッチの操作ミスをした時に起きるイメージがあります。しかし、AT車も車両本体の故障などでエンストする場合がありますので、もしエンストしてしまった時に慌てない様に、エンストする原因や対処方法について知っておくことも大切です。

エンストする時のMT車とAT車の原因の違い

MT車も車両本体が故障すればエンストしてしまいますが、主にMT車のエンストの原因として挙げられるのは、クラッチの操作ミスやギアの位置などの人為的な操作ミスが多いです。

AT車は人為的な操作ミスでエンストすることはほとんどありませんが、AT車がエンストする場合は、車両に何らかの不具合が起きていますので、できるだけ早めに整備工場などで修理する必要があります。

AT車がエンストする時の症状と原因

AT車は、主に以下の様な症状が現れてエンストする場合があります。

エンジンが「ガクガク」という様な動きをしてエンストしそうになる

エンジンが「ガクガク」という様な動きをしてから徐々に止まりそうになる場合は、燃料系統に何らかの不具合が起きている可能性があります。原因としては、燃料ホースの詰まりや燃料ポンプの詰まりが考えられます。

アクセルを踏んでいないとエンストする

アクセルを踏んでいない(足を離す)とエンストしてしまう場合は、スロットルバルブをコントロールしているバキュームセンサーなどの制御系が故障している可能性があります。

坂道やカーブなどの特定の場所でエンストする

燃料ポンプの故障など、燃料系統に不具合が起きている可能性があります。

エンジンルームから「シュー」と空気が抜ける様な音がする

エンジン周辺のホースなどに経年劣化によるひび割れできたり損傷が原因で、エア漏れしている可能性があります。

アクセルを踏み込んだ時にエンストする

坂道や一気に加速しようとしてアクセルを踏み込んだ時にエンストする場合は、燃料の噴射量を制御している燃料センサーなどの制御系統に不具合が起きている可能性があります。

走行中に突然エンストする

走行中に何の前兆もなく静かに突然エンストしてしまう場合は、点火プラグが発火しなくなる何らかの不具合が起きている可能性があります。走行中のエンストは大変危険ですのでご注意ください。

AT車がエンストした時の対処方法

最近はほとんどの車がAT車ですが、停車中または走行中にエンジンが止まってしまった場合は、落ち着いて以下の様な対処をすると良いでしょう。

停車中にエンスト

停車中にエンストした場合は、何度かギアを変えてからエンジンを始動してみてください。それでもエンジンがかからない場合は、ハザードランプ点灯や停止表示器材で安全措置を行ってから、ロードサービスなどに救援の連絡をします。

走行中にエンスト

走行中にエンストしてしまうと、ハンドルやブレーキの操作が重くなるため大変危険です。運転操作の感覚が全く変わってしまいますので、ハザードランプを点灯してギアを「N」に入れます。
ハンドルやブレーキの操作が重くなりますが、エンスト後も惰性で車は動きますので、しっかりとハンドルを握り、ブレーキもしっかりと踏み込んで徐々にスピードを落とします。できるだけ安全な場所に車を停車後に停止表示器材で安全措置を行ってから、ロードサービスなどに救援の連絡をします。

AT車はほとんどエンストしないですが、ガス欠以外でエンストした場合は、車両本体に何らかの不具合や故障が発生している可能性が高いです。もし、エンストしてしまった場合は、エンジンが始動できたとしても再発する可能性があります。エンストした時の状況を整備士に伝えて一度点検してもらった方が良いでしょう。

福岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→