中原区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 川崎市中原区

中原区でのレッカー移動サービスに24時間対応

中原区でのレッカー移動などロードサービス料金
中原区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

中原区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

中原区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、中原区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

中原区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

中原区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
中原区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

中原区のレッカー移動ロードサービス対応情報

中原区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

中原区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

中原区でのロードサービス(レッカー)対応事例

中原区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

川崎市中原区等々力(とどろきアリーナ):駐車場でパンクした車をイエローハットまでレッカー搬送

出張場所:川崎市中原区等々力 とどろきアリーナの駐車場

車種:【トヨタ】プリウスアルファ

作業内容:とどろきアリーナの駐車場でタイヤの空気が抜けてパンクしたプリウスアルファを近くのイエローハットまでレッカー搬送。

お客様のコメント:とどろきアリーナにバレーの試合で来たのですが、駐車場に戻ったところ自分の車だけが傾いた状態でした。何かおかしいと思いながら車に近づいたところ、運転席側の前輪タイヤがパンクしていることが分かりました。

車にはスペアタイヤやジャッキはなく、パンク修理キットが積んでありましたので、その使い方のマニュアルを読んでいました。するとバレーの仲間が近寄って来て、パンクした時にパンク修理キットを使うと、タイヤの本修理を行う時に費用が多くかかったり、タイヤやホイールを交換することになるかもしれないことを教えてくれました。

車の任意保険にはロードサービスがセットになっておりませんので、レッカー搬送費用は自己負担になります。それで、パンク修理キットを使うか民間のレッカー業者に車を運んでもらうか、ネットを検索しながら30分ほど悩み、近くのパンク修理してくれるところまで車を運んでもらうことにしました。いつもイエローハットで車の用品を購入しているので、近くにあるイエローハットまで車を運んでください。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

中原区の警察署・区役所の連絡先

  • 中原警察署:川崎市中原区小杉町3丁目256「TEL:044-722-0110」
  • 中原区役所:川崎市中原区小杉町3-245「TEL:044-744-3113」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のタイヤがパンクした時の対処方法について

車のタイヤがパンクした時の対処

タイヤのパンクの原因になる釘などは、道路のどこに落ちているか分かりませんので、タイヤのパンクを完全に避けることはできません。タイヤのすり減りや空気圧不足が原因で起きるパンクは、日頃の点検で未然に防ぐことが可能ですが、路上に落ちている釘などによるパンクは回避できないものです。

そのため、タイヤがパンクしてしまった時の対処方法について知っておくことで、もしタイヤがパンクしてしまった場合でも、落ち着いて適切に対処することができます。

ほとんどのパンクは空気が緩やかに抜けていく

タイヤがパンクした時の空気の抜け方を大別すると「一気に空気が抜ける」「緩やかに空気が抜ける」に分けられます。タイヤがすり減り過ぎていたり、タイヤの空気圧が不十分な状態で走行していれば、走行中にタイヤが突然バーストすることもあります。また、タイヤの側面を鋭利なものに擦った場合なども、空気が一気に抜けることがあります。

しかし、一気に空気が抜けてしまうことは少なく、タイヤのパンク原因の多くは、路上の釘などを踏んでしまったことによるものが多いですので、空気は緩やかに抜けていきます。そのため、いつどこで釘を踏んだのか分からないことが多いです。大抵の場合は、パンクしたことに気付くのは走行中ではなく、車に乗り込む時に車体が傾いて、タイヤがペチャンコになっている状態で気付くことが多いようです。

車にスペアタイヤとジャッキが搭載されていれば、ご自身でスペアタイヤに履き替えて、パンクしたタイヤを修理工場に持っていくことができます。しかし、最近の車は重量軽減や車内スペース確保のためにスペアタイヤやジャッキを搭載していない車が増えています。その代わりにこのようなタイプの車には「パンク修理キット」が搭載されています。

パンク修理キットを使うと・・・

パンク修理キットが使えるのは、釘などを踏んで地面との接地面にできた小さな穴から空気が抜けている場合です。タイヤの中に修理剤を流し込んでその穴を一時的にふさぎ、空気が漏れ難くなったところで空気の注入器でタイヤに空気を入れて走行できる状態にします。

しかし、パンク修理キットは便利なものですが、使う前に覚悟しておかなければいけないことがあります。
●走行できる距離に制限がある(本修理が必要)
●パンク修理時に費用が割り増しになったり、タイヤ交換を勧められる。

などですが、修理剤はただの液体ではなく接着剤のようなものですので、時間が経つと固まってしまいます。固まってしまった修理剤は厄介で、タイヤの本修理をする際に非常に剥がし難いので、タイヤを再利用できなくなったり、ホイールも利用できなくなる場合もあります。

また、剥がし難い修理剤をきれいにするのに時間がかかるため、もしタイヤを再利用してくれる業者さんが対応しても、工賃が非常に割高になってしまいます。

それから、タイヤ交換になってしまった場合は、1本だけタイヤの状態や種類か変わってしまうことになりますので、4本のタイヤのバランスにも影響があります。

パンクの場合もレッカー(ロードサービス)利用がお勧め

原則としてパンクは故障と判断して、ロードサービスを利用して車ごとレッカーなどで修理工場に運ぶのがお勧めです。パンク修理剤は、時間がなく急いでいる場合や、その場所に車を置いておくと交通の迷惑にになってしまうしまうなど、やむを得ない状況で使用するのが良いでしょう。パンク修理キットを使うことによって、修理費用が万単位で変わる可能性があります。

タイヤがパンクして走行できなくなってしまうと、どうしても焦ってしまいがちですが、その時の状況をよく考えて、パンク修理キットを使うか、ロードサービスを利用してタイヤの修理工場にレッカー搬送するかご判断ください。

お急ぎのロードサービスはこちら→