神奈川県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県

神奈川県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

神奈川県のロードサービス(レッカー業者)

神奈川県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

神奈川県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、横浜市/川崎市/相模原市/厚木市/海老名市/大和市/藤沢市/茅ヶ崎市/平塚市/横須賀市などを拠点としております。神奈川県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

神奈川県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

神奈川県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
神奈川県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

神奈川県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い神奈川県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。神奈川県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

神奈川県のレッカーサービス対応エリア

神奈川県対応ロードサービス

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

車のブレーキの効き具合が悪くなった場合の原因や対処方法

車のブレーキの効き具合が悪くなった場合の原因や対処方法

同じ車に長年乗り続けていると、ブレーキオイルの劣化やブレーキパッドの摩耗などが原因で、ブレーキの効き具合が徐々に悪くなってきますが、かなり症状が悪化するまで気付かない場合もあります。

ブレーキは車を停止させる大事なパーツですので、車のブレーキに今迄とは異なる何らかの違和感を感じた場合は、速やかに原因を調べて整備工場などに相談して、点検や部品交換、整備など適切に対処することが重要です。

ブレーキの効き具合の関係する原因

ブレーキはブレーキパッドやブレーキキャリパー、ブレーキローターなど、様々なパーツで構成されていますが、ブレーキの効き具合が悪くなる原因としては、主に以下のようなことが考えられます。

ブレーキオイル(ブレーキフルード)の劣化

車のブレーキは油圧で制御されていますので、ブレーキオイル(ブレーキフルード)の状態がブレーキの効き具合に関係してきます。ブレーキオイルは空気中の水分を吸収する性質(吸水性)がありますので、ブレーキオイルを長い間交換しないで使い続けていると、オイルが水分を含んでしまい沸点が下がってしまいます。

沸点が下がると気泡を含むようになりますので、ブレーキの効き具合に影響を与えます。ぺパーロック現象と言いますが、ブレーキオイル交換時にエア抜きが不十分な場合にも同じような現象が起きます。

ブレーキパッドの摩耗

ブレーキパッドとは、タイヤと連動して回転しているブレーキディスクを挟んで制動するパーツです。走行中は回転しているブレーキディスクに、ブレーキディスク両側から挟み込むブレーキパッドが、ブレーキディスクを押さえ付けることによってブレーキがかかり車が停止します。

ブレーキパッドは、ブレーキを多用すればするほど摩耗しますので、その減り具合の程度に応じて交換する必要があります。車の使い方や運転の仕方によってブレーキパッドの摩耗による減り方は変わってきますが、摩耗でブレーキパッドの厚みが薄くなると、しっかりとブレーキペダルを踏んでも停止することがなかなかできなくなるため、ブレーキを踏んでからの停止距離も長くなってしまうため、重大な事故につながる原因になり危険です。

ブレーキの効き具合が悪くなったり、ブレーキをかけると「キーキー」というような音がする場合は、ブレーキパッドが摩耗して交換時期を迎えている可能性があります。

ブレーキキャリパーやブレーキローターの不具合

ブレーキオイルやブレーキパッド以外にも、ブレーキパッドをブレーキローターに押し付ける役目を担っているブレーキキャリパーや、ブレーキパッドを挟み込んで回転を止めるブレーキローターなどの不具合が発生してブレーキの効き具合が悪くなることがります。

ブレーキの効き具合が悪くなった時の対処方法

ブレーキオイルやブレーキパッド、ブレーキキャリパーやブレーキローター以外にも、油圧系のホースやセンサーなど沢山のパーツがブレーキの効き具合に関係しています。専門の整備士さんに点検してもらわないと、ブレーキの効き具合に関する原因の特定と修理対応は難しいと思います。

ブレーキは車を停止させるための重要な機能ですので、いざという時にブレーキが効かないと大変危険で大事故になる可能性もあります。原因の特定と不具合の対処には、専門的な知識と技術が必要ですので、ブレーキの効きが悪いと感じた場合は、自分で判断せずに信用できる整備士さんがいる、設備が整った整備工場や車の専門店に相談して、できるだけ速やかに適切な対処をすることが重要です。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

神奈川県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
神奈川県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→