高津区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 川崎市高津区

高津区でのレッカー移動サービスに24時間対応

高津区でのレッカー移動などロードサービス料金
高津区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

高津区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

高津区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、高津区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

高津区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

高津区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
高津区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

高津区のレッカー移動ロードサービス対応情報

高津区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

高津区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

高津区でのロードサービス(レッカー)対応事例

高津区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

川崎市高津区:パンクした車両をオートバックスまでレッカー搬送

出張場所:川崎市高津区内の空き地

車種:トヨタ ヴォクシー

作業内容:空き地でUターン中にタイヤ側面が裂けてパンクしてしまった車両をお客様ご指定のオートバックス迄レッカー搬送。

お客様のコメント:道を間違えてしまい、空き地を借りてUターンしようとしたのですが、角が尖った縁石みたいなものにタイヤの側面を擦ってしまいました。Uターンする時に気を付ければ良かったのですが、急にタイヤの空気が抜けてしまいました。

タイヤの側面が裂けたことでパンクしてしまったのですが、タイヤの側面なのでパンク修理キットを使って応急措置することもできませんでした。もう夕方近い時間ですが、いつも行っているオートバックスなら夜の8時までは営業しているはずです。オートバックス迄レッカー搬送してもらって、バンクしたタイヤの修理をしたいと思います。

半年ほど前にタイヤを4本とも交換したばかりなのに、すぐにタイヤ交換することになり残念で仕方ありません。何があるか分かりませんので、あまり空き地みたいなところには入り込まない方が良いですね。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

高津区の警察署・区役所の連絡先

  • 高津警察署:川崎市高津区溝口4丁目5-1「TEL:044-822-0110」
  • 高津区役所:川崎市高津区下作延2-8-1「TEL:044-861-3113」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のエンジンがオーバーヒートした時の症状や原因

車のエンジンがオーバーヒートした時の症状や原因

車は様々な部品で構成されていますので、何らかのトラブルが起きることがあります。その中には「オーバーヒート」がありますが、言葉の通りの意味でエンジンが高温になり過ぎた状態です。エンジンにとって決して良くない状態ですので、早く気付いて適切な対処をする必要があります。そのためには、オーバーヒートになる原因を知っておくことも大切です。

車のエンジンのオーバーヒートとは?

車のエンジンは、空気とガソリンの混合気を爆発・燃焼させることで動力を作っています。そのため、エンジン内部は非常に高温になりますが、高温になり過ぎない様に同時に冷却も行われています。冷却水やエンジンオイルがその役目を担っていますが、エンジンの熱量が冷却性能を超えてしまうとオーバーヒートが起きてしまいます。

オーバーヒートした時の症状

オーバーヒートは起こりそうな状態の内に適切な対処をするのが理想的ですが、オーバーヒート状態になると以下の様な症状が現れます。

水温計の異常値や水温警告灯の点灯

オーバーヒートの兆候は、メーターパネルの水温計の異常値で知ることができます。水温計は冷却水の温度を示していますが、「Hの赤い領域」を示している場合は、エンジンがオーバーヒートを起こしている可能性があります。水温計が付いていない車種もありますが、その場合は水温警告灯が点灯や点滅して知らせてくれます。

異音や異臭

エンジンルームから「キンキン」とか「カンカン」といった様なノッキング音が聞こえたり、「キイキイ」といった様な音が聞こえた場合にもオーバーヒートの疑いがあります。この時にオイルが焼ける様な臭いを感じた場合は深刻な状態になっている可能性があります。

運転時の違和感

エンジンの回転数が安定しなくなったり、アクセルを踏み込んでも思ったように加速しない症状が出た場合は、オーバーヒートの疑いがあります。そのままの状態で運転していると、エンジンが停止してしまいます。運転時に違和感を感じた場合には、エンジンが停止してしまう前に安全な場所に車を移動して停車する必要があります。道路の真ん中でエンジンが停止して立ち往生してしまうと大変危険を伴います。

ボンネットから煙の様なものが出る

オーバーヒートというと一番思い浮かべるのは、ボンネットの隙間から立ち上がる白い煙だと思います。この煙の正体は冷却水が気化した水蒸気です。この状態はより深刻な状態ですが、異常がかなり進んでから現れる症状です。

オーバーヒートが起きる原因

オーバーヒートは、日頃の冷却水やエンジンオイルの点検である程度防ぐことができますが、主に以下の様な事が原因で発生します。

冷却水の漏れや不足

冷却水(LLC)と呼ばれる専用の液体ですが、エンジンが高温になり過ぎない様にラジエーターや冷却ファン、ウォーターポンプなどの働きで冷やされてエンジン内部に循環されています。この冷却水がラジエーターやホースから漏れて不足状態になっていると、エンジンの冷却効果が悪くなりエンジンを冷やせなくなってしまいます。

エンジンオイルの漏れや不足

エンジンオイルもエンジンが異常に加熱しない様に排熱の役割をしています。エンジン内部の部品を滑らかに動作させるためにエンジンオイルが必要ですが、エンジンオイルの量が規定量よりも少なくなってしまうと、内部部品の摩擦熱が異常に高まってしまいます。

冷却水やエンジンオイルの劣化

冷却水やエンジンオイルは、使用状態や期間などによって交換が必要な消耗品です。鮮度が悪くなると機能も劣化してしまいますので、オーバーヒートなどの異常発生の原因になってしまいます。

ウォーターポンプの故障

ウォーターポンプは、冷却水を循環させる役割をしていますが、ウォーターポンプが故障してしまうと、冷却水が正常に循環できなくなり、エンジンが異常に加熱されて冷やされなくなってしまいます。

高負荷・高回転での長時間走行

長い坂道を低速ギアで走り続けると、エンジンも高い回転数の状態が続きますので、エンジンにかなりの負担をかけてしまいます。エンジンの冷却が間に合わなくなりますので、オーバーヒートに注意する必要があります。また、長時間の渋滞走行も同じ様な状態ですので、渋滞道路を避けたりサービスエリアなどで適度に休憩を取り、エンジンを冷やしてあげるのも、オーバーヒートの回避策になります。

お急ぎのロードサービスはこちら→