宮前区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 川崎市宮前区

宮前区でのレッカー移動サービスに24時間対応

宮前区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
宮前区でのレッカー移動などロードサービス料金
宮前区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

宮前区(川崎市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

宮前区(川崎市)内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、宮前区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

宮前区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
宮前区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

宮前区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

宮前区のレッカー移動ロードサービス対応情報

宮前区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

宮前区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

宮前区でのロードサービス(レッカー)対応事例

宮前区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

川崎市宮前区鷺沼:タイヤをパンクさせられた車両を最寄りのオートバックスにレッカー搬送

出張場所:川崎市宮前区鷺沼(フレルさぎ沼の駐車場)

車種:日産 ラフェスタ(平成26年式)

作業内容:駐車中にタイヤ側面に何かをタイヤ側面に刺されてタイヤをパンクさせられた車両を最寄りのオートバックスにレッカー搬送。

お客様のコメント:フレルさぎ沼の駐車場に車を駐車して、買い物をしたりお昼を食べたりしてから車に戻ったところ、左後輪のタイヤがパンクしていました。タイヤはほとんど空気が抜けてしまいペチャンコ状態でしたが、釘でも踏んでしまったかと思いました。

ロードサービスのスタッフさんが来てくれるまで、タイヤの接地面に刺さっているもの探したのですが見つか釘などは見つかりませんでした。スタッフさんがレッカー車に乗せる前にタイヤの空気を入れている時に、タイヤの側面に小さな穴が開き、そこから空気が抜けているのが分かりました。

ノミや千枚通しではなく、画鋲の様に細いものを刺された様な小さな穴でしたが、駐車中に誰かに刺されたのかもしれません。すごく頭に来ていますが、自分の車だけパンクしていたのも許せません。タイヤ側面の穴やキズはパンク修理できないと聞いたことがあります。半年前に4本ともタイヤ交換したばかりなのに・・・!
近くのオートバックスにパンクした車をレッカー車で持ち込むことを連絡してありますので、この車を搬送してください。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

宮前区の警察署・区役所の連絡先

  • 宮前警察署:川崎市宮前区宮前平2丁目19-11「TEL:044-853-0110」
  • 宮前区役所:川崎市宮前区宮前平2-20-5「TEL:044-856-3113」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

エンストするのはMT車だけではなくAT車でも起きる

エンストするのはMT車だけではなくAT車でも

車のエンストとは、何らかの理由でエンジンの回転が停止して、発進や走行に必要な駆動力を作り出せなくなる現象です。よく、「エンジンストップ(Engine Stop)」と思われることが多いですが、正しくは「エンジンストール(Engine Stall)」です。

エンストは、ギアやクラッチ操作を必要とするMT車で起きやすいですが、AT車も車両本体の故障によってエンストする場合があります。

MT車のクラッチ操作ミスで起きるエンス

車を停止状態から発進させるためには、アイドリングのエンジン回転数だけでは不十分ですので、アクセルを踏んでエンジンの回転数を上げてトルクを増加させてから、ギヤとクラッチを操作して発進します。

AT車の場合は、これらの操作を自動的に行ってくれますが、MT車の場合はドライバーがクラッチを踏み、ギアを入れてアクセルを踏みエンジンの回転数を上げながら、半クラッチを経てクラッチをつないで発進します。この一連の操作に失敗すると、MT車はエンストしてしまいます。

エンストは、車の運転が下手クソと思われるだけではなく、同乗者の身体にもエンスト時の衝撃を与えてしまいます。また、坂道発進でエンストしてしまうと、後ろに停車している車に衝突する危険性もあります。

その他にも、エンジン回転数が不十分な状態でクラッチをつないだり、発進時に2速や3速などのギアに入れ違いでエンストすることもあります。車がスムーズに発進するためには、エンジン回転数を上げて十分なトルクを発生させてからギアをつなぐ作業が必要ですが、その操作が上手くいかないとエンストしてしまいます。

エンスト原因

エンストするのはMT車の操作ミスと思われがちですが、MT車でもAT車でも車両本体に不具合が発生した場合はエンストしてしまいます。最近の車は品質も上がっておりますので、昔と比べればほとんど故障することはありません。そのため、頻度としては多くありませんが、AT車がエンストする場合は、何らかの車両トラブルが原因で起きるケースもありますので、万が一エンストしてしまったり、エンストを頻繁に繰り返してしまう場合は、その原因を調べて速やかに修理する必要があります。

発進する時にエンストする場合

AT車はシフトレバーをN(ニュートラル)またはP(パーキング)から、D(ドライブ)に入れることで発進できますが、その時にアイドリングの回転数が低過ぎると、トルク不足でエンストする場合があります。これはMT車も同じで十分にエンジン回転数を上げない状態でクラッチをつなぐとエンストするのと同じような原理です。

また、急な上り坂や下り坂でシフトレバーの操作を誤ると、エンジンが停止する場合がありますので注意する必要があります。急な上り坂でAT車のシフトレバーをDレンジにしたまま後ろに下がったり、下り坂でRレンジで前に進んだりすると、エンジンが停止して事故につながる恐れがあります。

走行中のエンスト

車両本体に何らかの故障が起きると、走行中にエンジンが停止する場合があります。燃料計のトラブルで最適量の燃料を噴射できなかったり、点火系のトラブルで点火プラグが正常にスパークできなくなると、エンジンの回転がばらついたり回転数が上がらなくなり、次第にエンストしてしまいます。

また、最近はほとんどのスダンドがセルフサービスになっていますが、燃料の入れ間違いでエンストすることもあります。ガソリン車に軽油を入れたり、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうと、走行中のエンストの原因になりますので、給油時には油種の間違いにご注意ください。

宮前区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
宮前区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→