海老名市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 海老名市

海老名市でのレッカー移動サービスに24時間対応

海老名市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
海老名市でのレッカー移動などロードサービス料金
海老名市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

海老名市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

海老名市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、海老名市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

海老名市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
海老名市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

海老名市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

海老名市のレッカー移動ロードサービス対応情報

海老名市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

海老名市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

海老名市でのロードサービス(レッカー)対応事例

海老名市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

海老名市中新田:月極駐車場にて運転席側前輪の出張スペアタイヤ交換

出張場所:海老名市中新田でお客様がお借りの月極駐車場

車種:日産 プレサージュ

お客様のコメント:月極で駐車場を借りていますが、運転席側の前輪がパンクしてペチャンコになり、空気が全部抜けていました。タイヤ交換を自分でしたことはないのですが、スペアタイヤはあるので自分でタイヤ交換してみようと思いました。

しかし、タイヤのボルトが2箇所緩めることができず、タイヤが外せませんでした。レンチを足で踏み付けたりもしてみましたが、どうやってもボルトを緩めることができませんでした。

レッカー車でタイヤ屋さんまで運んでもらうしかないと思いましたが、出張でタイヤ交換をしてもらった方が安いと思ったので、レッカー移動ではなくタイヤ交換で申し込みました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

海老名市の警察署・市役所の連絡先

  • 海老名警察署:海老名市大谷2-1「TEL:046-232-0110」
  • 海老名市役所:海老名市勝瀬175番地の1「TEL:046-231-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

高速道路での本線合流のコツ

高速道路での本線合流のコツ

高速道路の本線を走行している車は、スピードを出して走ってきますので、合流車線から本線へ合流する時に心理的な不安を感じ、本線の合流に苦手意識を持っているドライバーは少なくないと思います。

慣れや経験も必要ですが、以下の様な合流時のコツを実践できれば、徐々にスムーズな本線への合流ができる様になります。

ウィンカーは早めに出す

合流車線を走行している車よりも、本線を走行している車の方が優先ですが、合流車線から本線に合流してくることがウィンカーでも早めに気付けば、本線を走行してくる車は追い越し車線に移動してくれたり、スピードを緩めくれたりして合流を手助けしてくれることもあります。

ドライバーは様々ですので、必ず手助けしてくれるとは限りませんが、効果はありますので合流車線に入ったら、すぐにウィンカーを点灯して合流の意思を示すと良いでしょう。

思い切ってスピードアップ

早めにウィンカーを点灯して合流意思を示したら、安全を確認しながらスピードを上げて行きます。この時にもたもたして中途半端な速度で合流してしまうと、本線を走ってきた車が追突するリスクが高まってしまい危険です。高速道路の走行車線を走って車は、時速80~90kmくらいで走行していますので、思い切って同じくらいの速度までスピードアップして合流すると良いでしょう。

慌てず落ち着いてハンドル操作

スピードアップしながら、本線を走って来る車の位置をサイドミラーとバックミラーで把握し、本線に合流するタイミングを決めます。ミラーや目視での確認に時間をかけ過ぎないことがポイントになりますが、合流するタイミングを決めたら、慌てず落ち着いてハンドル操作を行ってください。

合流するタイミングでは、本線走行中の車と同じくらいの速度で走行していますので、後続車との距離が急に近くになることはありません。また、スピードが出ている状態ですので、急にハンドルを切って本線に合流と危険ですのでご注意ください。

渋滞している本線に合流する時

混んでいたり渋滞している本線に合流する時は、思い切りさは必要ありませんので、ウィンカーを点灯しながら合流の意思表示を行い、徐行または停止して本線の車が合流させてくれるのをしっかりと確認してから徐々に合流してください。

低速であっても合流する時に急に割り込むと、トラブルの元になりますので、割り込みと思われない様にご注意ください。ほとんどのドライバーは、1台ずつであれば合流させてくれることが多いです。

合流後は安定した速度で走行

高速道路は、信号も交差点もありませんので、単調な運転が長く続きます。勾配の大きい上り坂などでは、気付かない内に走行速度が落ちていることがあります。速度の低下は後続車との車間距離が詰まったり、渋滞の原因にもなってしまうため、安定した速度で走行してください。

海老名市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
海老名市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→