藤沢市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 藤沢市

藤沢市でのレッカー移動サービスに24時間対応

藤沢市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
藤沢市でのレッカー移動などロードサービス料金
藤沢市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

藤沢市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

藤沢市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、藤沢・明治・片瀬・鵠沼・辻堂・村岡・湘南大庭・善行・湘南台・六会・長後・遠藤・御所見地区など、藤沢市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

藤沢市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
藤沢市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

藤沢市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

藤沢市のレッカー移動ロードサービス対応情報

藤沢・明治・片瀬・鵠沼・辻堂・村岡・湘南大庭・善行・湘南台・六会・長後・遠藤・御所見地区など、藤沢市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

藤沢市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

藤沢市でのロードサービス(レッカー)対応事例

藤沢市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

藤沢市湘南台:タイヤ交換中のトラブルに出張対応

出張場所:藤沢市湘南台にお住いのお客様ご自宅

車種:トヨタ クラウン

お客様のコメント:自宅でスタッドレスタイヤに交換していたのですが、ジャッキが外れてどうしようなくなりました。ジャッキは変形してしまって取り出すこともできません。車両保険にロードサービスが付いていますが、自分でタイヤ交換している時のトラブルは、無料では助けてくれないと思いました。

それで助けてくれる業者さんをネットを検索して探しました。最初は自動車の修理工場を探してみましたが、民間のロードサービスでも、この様な状況に対応してくれることが分かりました。

ジャッキが取り出せてもジャッキが壊れてしまったので、タイヤ交換することができません。出張でタイヤ交換もしてくれるということでしたので、ジャッキを取り出した後にタイヤ交換もお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

藤沢市の警察署・市役所の連絡先

  • 藤沢警察署:藤沢市本鵠沼4丁目1-8「TEL:0466-24-0110」
  • 藤沢北警察署:藤沢市円行2丁目5-1「TEL:0466-45-0110」
  • 藤沢市役所:藤沢市朝日町1番地の1「TEL:0466-25-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

故障の前兆が現れたら早めに修理

故障の前兆が現れたら早めに修理

車は長く使い続ければ、いつかは何らかの故障が生じるものです。突然故障してしまうこともありますが、故障する前兆が現れることも多いです。普段とは違う違和感を感じた場合は、できるだけ早めに点検して修理することが大事です。

車検や定期点検などをしっかりと行うことも重要ですが、いつも運転している車の故障の前兆を見逃さないことも大切です。

故障する前に現れる主な前兆

突然の故障で慌てる場合もありますが、故障前に何らかの前兆があるケースも多いです。故障の前兆は「異音・臭い・運転時の違和感」、そしてメーターパネルの警告灯などで気付くことができます。

異音

車は様々な部品で構成されていますが、異音は走行中だけでなく、アイドリング時にも聞こえることがあります。エンジンルームや足回りなど、異音が起こる箇所は様々ですが、大体どの辺りから異音がするか把握する必要もあります。

また、どんな操作を行った時に異音がするかでも、どの辺に不具合が生じているかの判断材料になります。ハンドルを回した時、ブレーキを踏んだ時などに異音が聞こえることもあります。特にハンドルやブレーキが正常に操作できなくなったら大変危険ですので、できるだけ早めに点検や修理を行う必要があります。

「急に異音がしなくなった」ということもありますが、自然に不具合が直ることはあまりありませんので、異音がしなくなった場合でも、点検は必要と思った方が良いでしょう。

冷却水漏れなどが原因で冷却水が不足すると、オーバーヒートを起こしてしまいます。エンジンルームから異音が聞こえ始めた場合は、メーターパネルの水温計など警告灯が点灯しているか確認して、走行中であっても車を安全な場所に停車して症状を把握して適切な対処をすることが必要です。

臭い

車にはオイルやバッテリー液などの液体、ゴム製品やビニールなども使われています。オイルなどの液体などは、液体そのものが臭いますので、オイル漏れしていると臭いで異常に気付くことができます。また、ゴム製品やビニールは高温な部分に触れていたり、配線に異常が生じて焦げる場合もあります。オイルの臭い、ゴムやビニールが焦げる臭いがした時は、引火する危険性もありますので要注意です。

排気設備に故障が生じると、車内に排気ガスが充満することも考えられます。排気ガスには一酸化炭素も含まれていますので注意が必要ですが、排気ガスの臭いがした場合は、まずは窓を開けてください。

運転時の違和感

ブレーキの効き具合が悪い、アクセルを踏み込んでも加速しない、ハンドルが重く感じたりハンドルが一方向にとられるなどの運転時の違和感にも注意が必要です。違和感を感じながらの運転は、事故を起こす起因になることもありますので、早急に修理する必要があります。

警告灯の点灯

メーターパネルの警告灯は、車のどこかに異常がある時のサインです。誤動作している可能性や自動的に車側で制御されることもありますが、一度警告灯が点灯した場合は、念の為にディーラーなどで何故点灯したかを確認しておくと良いでしょう。

故障の前兆に気付いたらすぐに点検修理

車の故障は放っておいて直るものではありません。無理に運転を続けると故障個所以外の箇所にも不具合が生じたり、より故障具合が悪くなる可能性も高くなります。症状が軽い内に修理すれば、修理費も安く済ませることもできますので、状態が悪くなる前に修理することをお勧めします。

また、症状によっては運転を続けられない場合もあります。その様な場合には、当社の様なロードサービスに連絡して、車両をレッカー車で移動してください。

藤沢市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
藤沢市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→