川崎市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 川崎市

川崎市でのレッカー移動サービスに24時間対応

川崎市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
川崎市でのレッカー移動などロードサービス料金
川崎市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

川崎市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

川崎市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区など、川崎市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

川崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
川崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

川崎市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

川崎市のレッカー移動ロードサービス対応情報

川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区など、川崎市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

川崎市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

川崎市でのロードサービス(レッカー)対応事例

川崎市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

川崎市宮前区:事故で右前部が潰れ自走不能になった車両をレッカー移動

出張場所:川崎市宮前区の国道246号線

車種:フォルクスワーゲン ゴルフ

お客様のコメント:急に追い越し車線に割り込んできた車が自分の車に衝突してきたので、中央分離帯にぶつかってしまいました。幸いにもスピードはそれほど出ていませんでしたので、自分は怪我などはしていないのですが、車は大怪我をしている状態です。

相手の車がぶつかった左側は凹んだ程度ですが、右前部分が中央分離帯の構造物にぶつかって潰れた状態です。タイヤは破裂しておりシャフトにも被害が及んでいるみたいです。レッカーで修理工場に運んでもらうしか車を移動する方法がありませんでしたので、自分でレッカーを手配して現場まで来てもらいました。現場検証などは済みましたので、既に運んでもらえる状態になっています。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

川崎市の市役所の連絡先

  • 川崎市役所:川崎市川崎区宮本町1番地「TEL:044-200-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オーバーヒートの対処法と防止方法

オーバーヒートの対処法と防止方法

昔の様に路肩に停車して、エンジンルームから煙が出ている車に遭遇することは減っていますが、オーバーヒートは絶対にありえないトラブルではありません。特に年式の古い車や輸入車などで、ラジエーターやホース類が劣化していたり冷却性能が不足気味の車は、暑い時期に渋滞に巻き込まれた場合などは注意が必要です。

運転中にメーターパネルの水温計が上昇し、エンジンルームから水蒸気が立ち上がってくると、ほとんどの人は慌ててしまい冷静さを失ってしまうかも知れません。オーバーヒートの症状を知らないと、車が爆発してしまうと勘違いして慌ててしまうこともあると思います。しかし、オーバーヒートの症状や基本的な対処方法さえ分かっていれば、落ち着いて対処することができます。

速やかに安全な場所に車を停車

メーターパネルの冷却水の温度上昇を知らせる警告灯が点灯した場合は、水温計の値を確認してください。水温計がいつもより高い温度を示しており、エンジンルームから水蒸気が立ち上がっている様であれば、オーバーヒートの可能性が高いです。この様な状態になった場合は、まずは落ち着いてスピードを落としながら周囲の安全を確認して、安全な場所に停車してください。

エンジンルームから水蒸気が立ち上がっている状態で、すぐにボンネットを開けるのは危険ですので、エンジンを停止して水蒸気が収まるのを待ちます。警告灯や水温計でオーバーヒートに気付いても、水蒸気が出ていない場合は、ボンネットを開けてからリザーバータンクの冷却水の量を確認してください。

冷却水がリザーバータンクに十分残っており、冷却用電動ファンが作動していれば、水温の上昇を抑えて冷やすこともできます。冷却水が不足している場合や冷却水が漏れたり蒸発してなくなっている場合は、エンジンを停止した状態でボンネットを開け、エンジンが冷えるのを待つことになります。

オーバーヒート状態の時にラジエーターのキャップを開けてはいけません。非常に熱い水蒸気が噴き出して火傷してしまう危険性があります。

車の仕組みに詳しく冷却水の漏れが微量ずつであれば、冷却水の代わりにミネラルウォーターなどを補充しながら、修理工場まで走行することも可能なことがあります。しかし、冷却水漏れの状態が分からなかったり、ラジエターキャップの位置が分からない様であれば、ロードサービスを呼んで最寄りの工場までレッカー移動してもらってください。

日常点検でオーバーヒート防止

オーバーヒートは日頃の点検で防止することも可能です。定期的にボンネットを開けて冷却水の水量を点検していれば、水量の変化に気付くことができます。異常がなければ冷却水は減るものではありませんので、水量を定期的に確認していれば、冷却水漏れを早期に発見することができ、オーバーヒートの防止に繋がります。

また、行楽や帰省で長距離を運転する場合にも、出掛ける前にはボンネットを開けて、冷却水のリザーバータンクを点検すると良いでしょう。

川崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
川崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→