横浜市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 横浜市

横浜市でのレッカー移動サービスに24時間対応

横浜市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
横浜市でのレッカー移動などロードサービス料金
横浜市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

横浜市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

横浜市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、青葉区/旭区/泉区/磯子区/神奈川区/金沢区/港南区/港北区/栄区/瀬谷区/都筑区/鶴見区/戸塚区/中区/西区/保土ケ谷区/緑区/南区など、横浜市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

横浜市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
横浜市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

横浜市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

横浜市のレッカー移動ロードサービス対応情報

青葉区/旭区/泉区/磯子区/神奈川区/金沢区/港南区/港北区/栄区/瀬谷区/都筑区/鶴見区/戸塚区/中区/西区/保土ケ谷区/緑区/南区など、横浜市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

横浜市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

横浜市でのロードサービス(レッカー)対応事例

横浜市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

横浜市戸塚区:走行中のエンジン停止による販売店までの車の搬送

出張場所:横浜市戸塚区の国道1号線道路脇

車種:日産 フェアレディZ

作業内容:走行中のエンジン停止による販売店までの車の搬送

お客様のコメント:国道1号線を運転していたら、アクセルを踏み込んでも車が加速しなくなってしまいました。何とか安全な場所にクルマを停車できたのですが、自宅が近くなので父親に来てもらい、どうしたら良いか相談しました。父親は若い頃に車が好きで、多少の修理はできるみたいです。しかし、バッテリー上がりなどではないので、修理工場に頼むしかないということで、車を購入した販売店まで車を運んでもらうことにしました。

今回は運よく交通の邪魔にならないところに停車することができましたが、道路の真ん中で立ち往生したら大変なことになったと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

横浜市の市役所の連絡先

  • 横浜市役所:横浜市中区本町6丁目50番地の10「TEL:045-664-2525」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

エンジンが故障した時の症状や原因

エンジンが故障した時の症状や原因

自動車やバイクが故障する原因や故障する箇所は様々ですが、エンジンが故障してしまうと修理費用が高額になる場合があります。場合によっては廃車を検討せざるを得なくなるケースもありますので、症状が軽い内に適切な対処をする必要があります。

廃車につながるケースもあるエンジン故障

エンジンが故障してしまうと、その原因や程度にもよりますが、修理費用が高額になり廃車を前提に考えなければいけなくなることもあります。そのため、エンジンにいつもと違う何らかの異常を感じた場合は、無理して運転しないで整備工場などにアドバイスをもらった方が良いでしょう。
また、異常がある状態で車の運転を続けてしまうと、エンジンの焼き付きなど重傷な故障につながる恐れがありますので、無理に運転せずレッカーを手配して整備工場に搬送することをお勧めします。

エンジンが故障すると

エンジン故障の原因は様々ですが、エンジンが故障した場合には、一箇所だけでなく複数個所が故障している可能性があります。エンジン故障の原因を調べていくほど修理や部品交換が必要になり、部品代も含め修理費用が高額になる恐れがあります。

エンジン本体の故障はエンジン交換が一般的

エンジンそのものの故障ではなく、その周辺の部品が故障の原因であれば、部品交換などで修理できる場合もあります。しかし、エンジンそのものが故障している場合は、エンジンを交換して修理しなければいけなくなるケースもあります。

エンジン交換の修理になってしまうと修理費用も高額になりますので、車の使用年数や走行距離などを考慮して、「廃車する」という判断をしなければいけなくなることもあります。

エンジンに関連する故障

オイル漏れやラジエーターの異常は、エンジンの焼き付きにつながる恐れがあります。異常に気付いた場合は、そのまま運転せずにレッカーを手配して修理工場に車を運ぶことを考えた方が良いでしょう。

エンジンオイル漏れ

エンジンオイル漏れは、オイルタンクの破損やゴム部分の経年劣化などが原因で起こります。少しずつエンジンオイルが漏れて規定の量よりも不足してしまうと、エンジンの負担が大きくなります。エンジン稼働中にピストンやシリンダーといった部品の摩擦量が大きくなり、最終的にはエンジンの焼き付きを起こす原因になります。

エンジンオイル漏れは、メーターパネルの警告灯ランプでも知ることができますが、駐車中に漏れたオイルが地面に溜まっていることもあります。エンジンオイルが漏れている場合は、どこから漏れているかを確認することも重要ですが、できる限りオイル不足状態では走行しない方が良いでしょう。レッカーを手配して修理工場に車を運ぶのが賢明です。

ラジエーターの故障

ラジエーター本体に不具合が出たり、ラジエーターホースが破損してしまうと、ラジエーター内部の冷却水が漏れ出してしまいます。また、不純物や錆などがラジエーター内部で詰まってしまうと、冷却水が正常に機能しなくなりますので、エンジンの温度が次第に上昇することでオーバーヒートして、最悪の場合にはエンジンが焼き付いてしまいます。

冷却水の漏れが微量であれば、ミネラルウォーターなどを補水しながら修理工場へ辿り着く方法もあります。しかし、オーバーヒートした場合は、その場でレッカー手配した方が無難でしょう。

その他

エンジンベルトの異常など、他にもエンジン故障につながる不具合はありますが、いつもと違う異常と思える症状に気付いた場合は、無理して運転を続けずに整備工場などに相談した方が良いでしょう。

横浜市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
横浜市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→