旭区(横浜)でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 横浜市旭区

旭区(横浜)でのレッカー移動サービスに24時間対応

旭区(横浜)での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
旭区(横浜)でのレッカー移動などロードサービス料金
横浜市旭区のロードサービス(レッカー移動業者)

旭区(横浜)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

旭区(横浜)内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、旭/今宿/上白根/希望が丘/左近山/都岡/鶴ケ峰/本宿/万騎が原/南希望が丘/二俣川など旭区(横浜)内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

旭区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
旭区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

旭区(横浜)でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

旭区(横浜)のレッカー移動サービス対応情報

旭/今宿/上白根/希望が丘/左近山/都岡/鶴ケ峰/本宿/万騎が原/南希望が丘/二俣川など、旭区(横浜)内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

旭区(横浜)でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

旭区(横浜)でのロードサービス(レッカー)対応事例

旭区(横浜)で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

横浜市旭区下川井町:パンク車両をご自宅までレッカー搬送

出張場所:横浜市旭区下川井町

車種:トヨタ プリウス

作業内容:左後輪がパンクしたがスペアタイヤ未搭載で自走できなくなり、ご自宅までレッカー搬送。

コメント:

左後輪がパンクしてしまいました。スペアタイヤを車に積んでいないためタイヤ交換をすることができません。タイヤの接地面に太い釘が刺さっており、少しずつ空気が抜けてしまいました。これ以上このまま空気が抜けた状態で走ると危ないと思ったので、この場所に車を停車しました。

家に帰ればパンクの修理キットがあるので、自分でパンク修理できると思うのですが、そのためには家まで車を移動する必要がありました。家は厚木市なのですが電車やバスに乗って行き来するのは、時間的にも大変で面倒だと思いました。

レッカー車で移動してもらう方法も考えましたが、果たして料金がいくらくらい掛かるかネットで調べてみました。ロードサービスには未加入ですので、会員でなくてもすぐにレッカー搬送してくれる業者さんを探しました。ホームページに掲載されている料金表示と、電話でも料金を確認しましたが、自分で予想していたよりは安かったのでお願いすることにしました。

今度からは、スペアタイヤを必ず車に積んでおくようにして、パンクの修理キットや空気入れも積んで、どこでパンクしても自分で対応できるようにしておきたいと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

旭区の警察署・区役所の連絡先

  • 旭警察署:横浜市旭区本村町33-5「TEL:045-361-0110」
  • 旭区役所:横浜市旭区鶴ケ峰一丁目4番地12「TEL:045-954-6161」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

メーターパネルの警告灯が点灯した場合

メーターパネルの警告灯が点灯した場合

エンジンをかける時にはメーターパネルにある様々な警告灯が点灯しますが、車を運転中に点灯すると驚いてしまうと思います。普段はあまり気にしていない警告灯だと思いますが、突然警告灯が点灯すれば不安な気持ちになり、対処方法に迷ってしまうかもしれません。

車やトラック、バスなどには様々なセンサーが取り付けられており、特にエンジンの周辺にはたくさんのセンサーがあります。半ドアやシートベルトの警告灯の点灯は時々経験することもあると思いますが、エンジン関係の警告灯が点灯すると焦ってしまうと思いますが冷静に対処することが大切です。

警告灯の色

メーターパネルの警告灯は、赤色とオレンジ色に分けることができますが、赤色の警告灯が点灯した場合は、直ちに安全な場所に車を停車して運転をやめた方が良いでしょう。

一方、オレンジ色の警告灯が点灯した場合は、異常が検知できた状態ですが走行は可能という様な意味もあります。しかし、何らかの異常が検知されていますので、ディーラーや整備工場に連絡して指示に従った方が良いでしょう。

エンジン警告灯

エンジン電子制御システムまたは電子制御スロットルシステムなど、エンジンの制御系などに異常が生じている時に点灯します。点灯した時は、なるべく走行を控えて原因を調べる必要があります。

排気温度警告灯

触媒装置がオーバーヒート状態で高温になった時に点灯します。火災の危険がありますので、可燃性のものがない安全な場所に停車します。そして、ディーラーや整備工場に連絡して指示に従った方が良いでしょう。

油圧警告灯

エンジンオイルの圧力が不足している時に点灯します。速やかに安全な場所に停車して、エンジンオイルの量を点検してください。オイル量が十分な状態で点灯している場合は、速やかにディーラーや整備工場に点検修理を依頼してください。

ABS警告灯

ABS(アンチロック・ブレーキシステム)またはブレーキアシストシステムに異常がある時に点灯します。ABS警告灯が点灯している時は、滑りやすい路面でブレーキをかけた時や急ブレーキを踏んだ時にタイヤがロックすることがあります。

AT警告灯

ATフルードがオーバーヒート状態になると点灯します。すぐに安全な場所に停車して、ボンネットを開けて警告灯が消えるまで冷却します。原因を調べる必要がありますので、ディーラーや整備工場に相談してください。

ブレーキ警告灯

パーキングブレーキ(サイドブレーキ)が引いてあるまたは踏んだままの状態の時や、ブレーキ液が不足している場合などに点灯します。ブレーキを戻しても消えない場合は、走行は控えてディーラーや整備工場に点検を依頼してください。

充電警告灯

充電系統(オルタネータやベルトなど)に異常があり、十分な発電がされていない場合に点灯します。バッテリーも充電されず、電気系統のトラブルなどの危険もありますので、速やかにディーラーや整備工場に点検修理を依頼してください。

これらの他にも様々な警告灯がありますが、そのまま走行を続けると危険なケースもありますので、不安な場合は速やかにディーラーや整備工場に相談してください。また、レッカー搬送が必要になった場合は、当社のレッカー移動ロードサービスにお問い合わせください。

旭区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
旭区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→