泉区(横浜)でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 横浜市泉区

泉区(横浜)でのレッカー移動サービスに24時間対応

泉区(横浜)でのレッカー移動などロードサービス料金
横浜市泉区のロードサービス(レッカー移動業者)

泉区(横浜)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

泉区(横浜)内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、岡津/中和田/泉が丘/中田/上飯田/いずみ野/立場/下和泉など泉区(横浜)内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

泉区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
泉区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

泉区(横浜)でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

泉区(横浜)のレッカー移動サービス対応情報

岡津/中和田/泉が丘/中田/上飯田/いずみ野/立場/下和泉など、泉区(横浜)内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

泉区(横浜)でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

泉区(横浜)でのロードサービス(レッカー)対応事例

泉区(横浜)で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

横浜市泉区中和田:事故車のレッカー搬送

出張場所:横浜市泉区中和田

車種:日産スカイライン

作業内容:事故で自走できなくなった車両を修理工場までレッカー搬送。

コメント:片側2車線の道路で中央分離帯に車をぶつけてしまいました。左前方を走っていた車が突然割り込んできたので、急ハンドルと急ブレーキで衝突を回避しようとしたのですが自爆してしまいました。割り込んできた車には衝突せず、その車はそのまま走り去ってしまいました。

中央分離帯に衝突したので車の右側が損傷しています。右前輪のタイヤが中央分離帯にぶつかってタイヤが削れてしまい、タイヤが左側に傾いて自走することはできません。そしてボディーの右側が擦れてしまいました。

車は壊れてしまいましたが、シートベルトをしていましたので自分の体は全然平気です。事故の現場検証が終わり車を修理工場に移動するため、レッカー移動をしてくれるロードサービスをWeb検索して来てもらいました。

レッカー移動の基本料金と移動距離に応じた料金は、Webサイトを見て分かったのですが、壊れた車を搬送する時の料金がよく分かりませんでした。それでも電話した時に分かりやすく説明してもらったので、総額いくら位の費用がかかるか理解でき安心できましたので、修理工場までのレッカー移動をお願いすることにしました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

泉区の警察署・区役所の連絡先

  • 泉警察署:横浜市泉区和泉町5867番地26「TEL:045-805-0110」
  • 泉区役所:横浜市泉区和泉中央北五丁目1番1号「TEL:045-800-2323」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

脱輪したり雪やぬかるみでスタックした時に脱出する方法

スタックした時に脱出する方法

最近ではほとんどの道路が舗装されて側溝などにも蓋がされており、昔と比べれば側溝などに脱輪することは少なくなって来ました。しかし、夜間の運転で見通しが悪い時や普段走り慣れていない道で溝に落ちたり、雨でぬかるんでいる道や雪道から脱出できなくなることは珍しくありません。

FF車なら後輪の片方、FR車なら前輪の片方が溝に落ちた場合など、駆動輪ではないタイヤの片方が溝に落ちたケースであれば、ある程度簡単に簡単に脱出できることもあります。しかし、駆動輪が溝に落ちた場合は結構厄介で、なかなか脱出できないばかりでなく、脱出時に車体に余計なキズを付けてしまうこともありますので、ロードサービスなどのプロに脱出を依頼した方が良いでしょう。

溝に落ちた時やぬかるみや雪道でスタックした時の脱出方法

FF車や4WDの車両で、後輪の片方が狭くて浅い溝に脱輪した様なケースであれば、自力で脱出できる場合もあります。この様な場合は、ハンドルを脱出方向に一杯に切ってハンドルを固定した状態で、徐々にアクセルを踏み込み込めば、脱輪したタイヤが溝から這い上がってきます。この時、シフトレバーは2速にセットして、タイヤが急回転しないようにすることがポイントです。

また、比較的重量が軽い軽自動車であれば、大人が数人集まれば脱輪したタイヤ側を持ち上げて動かしてしまうことも可能です。

ジャッキを使って脱出
ジャッキを使って脱輪したタイヤを浮かして、タイヤの下に木材や大きな石などを置いて段差をなくして脱出する方法もあります。但し、脱輪している側の車体をジャッキで浮かしますので、ジャッキをしっかりと固定できるポイントにセットするのに苦労すると思います。ジャッキアップ中に外れてしまうと、怪我をしたり車体にキズを付ける危険性がありますので注意してください。

タイヤの下に木材や石を置いて脱出する時は、アクセルを徐々に踏んでゆっくりと抜け出すことがポイントです。アクセルを強く踏んでタイヤが急回転してしまうと、タイヤの下に置いた木材や石が吹っ飛んでしまうことがあります。

牽引ロープで引っ張る
ぬかるみや雪道でスタックした場合、牽引ロープを持っていて車がもう1台ある場合は、牽引ロープで引っ張り出してもらう脱出方法もあります。

アンカーに牽引ロープかけて引っ張り出すだけですが、ロープがバンパーに当ってバンパーをキズ付ける場合もありますので注意が必要です。また、路面が舗装されていないところで引っ張り出す場合は、牽引側の車両のタイヤを急回転して石を跳ねないように注意した方が良いでしょう。

ロードサービスを利用
脱輪やスタックした車両を救援する時は、慣れてない人が作業を行なうと車両をキズ付けてしまう場合が多いです。周囲の人が善意で手伝ってくれたことですので、脱出時に車両がキズ付いても文句を言ったり、弁償してもらうことはできないでしょう。

生活トラブルSOSロードサービスのプロのスタッフであれば、車両にできるだけキズを付けないように脱出する技術と機材を持ち合わせております。また、もしもの場合にも賠償保険に加入しておりますので、作業中の事故や損傷に対しても安心いただけます。

泉区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
泉区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→