港北区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 横浜市港北区

港北区でのレッカー移動サービスに24時間対応

港北区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
港北区でのレッカー移動などロードサービス料金
港北区のロードサービス(レッカー移動業者)

港北区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

港北区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、城郷/大綱/高田/新田/新羽/日吉台/篠原/樽町/菊名/綱島/小机/大豆戸など港北区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

港北区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
港北区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

港北区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

港北区のレッカー移動サービス対応情報

城郷/大綱/高田/新田/新羽/日吉台/篠原/樽町/菊名/綱島/小机/大豆戸など、港北区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

港北区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

港北区でのロードサービス(レッカー)対応事例

港北区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

港北区小机町:故障車のレッカー搬送

出張場所:横浜市港北区小机町にお住まいのお客様ご自宅

車種:日産 ジューク

作業内容:故障して自宅の車庫から動かせなくなった車をお客様ご指定の整備工場まで8キロレッカー搬送。

コメント:ギアをドライブに入れるとエンジンが停止してしまいます。エンジンはかかりますのでバッテリー上がりではないと思いましたが、家にバッテリーの充電器があるので、しばらく充電してから車のエンジンをかけてもギアをドライブに入れると、やはりエンジンが停止してしまいます。バッテリーを充電してみましたが、今使っているバッテリーは半年前に交換したばかりなので、エンジンが止まってしまうのはバッテリーが原因ではないと思います。

車の整備工場に問い合わせてみましたが、実際に点検してみないとエンジンが止まってしまう原因も分からず、修理もできないと言われてしまいました。それで、自分でレッカー車を手配して車を持ってきてくれれば、すぐに点検と修理をしてくれると約束できました。

レッカー車を自分で手配した場合に料金がどれくらい必要なのか分かりませんでしたが、ネットで検索したら予想していたよりも手頃な料金でした。そして、すぐに電話してみましたが、1時間くらいで自宅まで来てくれるということでしたので、整備工場までのレッカー搬送をお願いすることにしました。

車が故障したまま自宅から動かせなくなってしまうのかと心配になりましたが、今日中にレッカー車の手配ができ、故障した車を整備工場まで運ぶことができて助かりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

港北区の警察署・区役所の連絡先

  • 港北警察署:横浜市港北区大豆戸町680-1「TEL:045-546-0110」
  • 港北区役所:横浜市港北区大豆戸町26番地1「TEL:045-540-2323」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

暑い季節の車の故障について

暑い季節の車の故障

日差しが強く気温も高くなる夏の季節は、熱中症や日射病に気を付けなければいけませんが、暑い季節になると車にも発生しやすいトラブルがあります。暑い季節に備えてどの様なトラブルが発生しやすいか知っておくことで、点検などで事前に故障を回避できたり、万一故障してしまっても適切な対処ができる様になります。

オーバーヒート

冷却水の温度が上がり過ぎてエンジンを十分に冷やすことができなくなると、オーバーヒートになってしまいます。オーバーヒートの主な原因は、冷却水の漏れや詰まり、ラジエーターの故障ですが、エンジン自体が異常な熱を発生して冷却水では冷やしきれないでオーバーヒートするケースもあります。

オーバーヒート状態になると、メーターパネルの水温計や警告灯で知らせてくれますが、そのまま走行を続けてしまうと、エンジンルームのラジエーターキャップから蒸気が出て走行不能になります。そのため、暑い季節は運転前に冷却水の量を点検し、運転中は水温計にも注意した方が良いでしょう。

車内の温度上昇によるトラブル

真夏の炎天下に車を駐車すると、車内の温度はドンドン上昇してハンドルやダッシュボードなどは熱くて触れなくなるほどの高温になります。もし、ガスライターやスプレー缶、炭酸飲料などをダッシュボードなどに置いたままにしてしまうと、爆発する危険性があります。

また、携帯電話やメガネ、CDケースなどのプラスチック製品などは、故障や変形してしまうこともあります。やむを得ず炎天下に駐車する場合は、フロントガラスからの日差しをサンシェードで遮るなど、車内が暑くならないようにした方が良いでしょう。

エアコンの故障

暑い季節に運転する時は、エアコンを使う機会が多くなりますが、夏本番になる前にエアコンの効き具合を点検しておいた方が良いでしょう。真夏にエアコンの効きが悪くなると、熱中症になる危険があります。

エアコンの効きが悪くなる原因は様々ですが、エアコンガスが不足している場合があります。エアコンガスの不足は充填や交換すれば良いのですが、信頼できる整備工場や車を購入したディーラーで行なった方が良いでしょう。信頼できる整備工場でエアコンガスを点検してもらえば、ガスが抜けてしまった原因などについても点検して修理してもらえます。

バッテリー上がり

暑い季節の運転中はエアコンを使う機会が増えますが、エアコンが大量の電気を消費するため、バッテリーに与える負荷も大きくなります。そのため、バッテリーが弱っていればバッテリー上がりになる可能性が高くなります。

バッテリーの寿命は2~3年くらいですが、車の使い方によっては5年以上使える場合もあります。バッテリーの交換時期が近づくと、ライト類が暗くなったりパワーウィンドウの動きが鈍くなったりします。また、バッテリー液の減り方が早くなったり、液漏れしている場合は交換時期が近づいているサインです。

バッテリー上がりで突然エンジンがかからなくなると厄介ですので、交換時期を早めに判断してバッテリー交換しておいた方が良いでしょう。

故障して自力走行が困難になった場合は、生活トラブルSOSのロードサービスにご相談ください。最寄りの整備工場やディーラーにレッカー搬送いたします。

港北区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
港北区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→