栄区(横浜)でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 横浜市栄区

栄区(横浜)でのレッカー移動サービスに24時間対応

栄区(横浜)でのレッカー移動などロードサービス料金
横浜市栄区のロードサービス(レッカー移動業者)

栄区(横浜)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

栄区(横浜)内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、豊田/本郷/上郷/笠間/小菅ヶ谷/上郷地区など栄区(横浜)内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

栄区(横浜)でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

栄区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
栄区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

栄区(横浜)のレッカー移動サービス対応情報

豊田/本郷/上郷/笠間/小菅ヶ谷/上郷地区など、栄区(横浜)内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

栄区(横浜)でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

栄区(横浜)でのロードサービス(レッカー)対応事例

栄区(横浜)で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

横浜市栄区:事故車のレッカー搬送

出張場所:横浜市栄区公田町

車種:ホンダ オデッセイ

作業内容:事故で前部が破損してエアバックが出てしまった車をディーラーまでレッカー搬送。

コメント:事故でバンパーが取れてしまいエアバックも出ている状態です。走ってみないと分かりませんが、タイヤは大丈夫だと思います。エンジンはかかりますが車を購入したディーラーに電話で相談して、車をディーラーまで持っていくことになりました。

事故った車を取りには来てくれないそうなので、自分でこの車を持っていくことになりましたが、何処かに頼んでレッカー車で運んでもらおうと思いました。ロードサービスには加入していないので、自分でレッカー車の手配をすることになりましたが、今までレッカー車のお世話になったことはありませんでしたので、ネット検索でレッカー移動に対応してくれる業者さんを探しました。

横浜市でレッカー移動に対応してくれる業者さんが見つかって良かったです。会員にはなっていないので割増料金を覚悟していましたが、スポット的に利用できるロードサービスで、誰でもいつでも同じ料金体系で利用できるということでしたので助かりました。・・・割増料金と聞いてしまうと損した気分になってしまうので!ディーラーには先程もう一度電話しておきましたので、待ってくれていると思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

栄区の警察署・区役所の連絡先

  • 栄警察署:横浜市栄区桂町320-2「TEL:045-894-0110」
  • 栄区役所:横浜市栄区桂町303番地19「TEL:045-894-8181」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

エンジンオイルの役割と交換時期

エンジンオイルの役割と交換時期

車のエンジンがかかっている時は、常にエンジンオイルがエンジン内を循環しています。エンジンオイルが足りなかったり、劣化や汚れているとエンジンに負担をかけてしまうため、エンジン不調の原因になり、最悪の場合はエンジンが壊れてしまいます。

エンジンは多くの金属部品の組み合わせで構成され、回転運動や往復運動を繰り返すことで、車を動かす駆動力を発生していますが、それらの金属が動くためにエンジンオイルが大変重要な役割を担っています。

エンジンオイルの役割

潤滑:エンジンには多くの金属部品が使われていますが、もしエンジンオイルが潤滑の役割を果たしていないと、それらの金属部品が滑らかに動かなくなり、金属と金属の摩擦でエンジンが壊れてしまいます。

冷却:エンジンオイルが爆発を繰り返して高温になるエンジンの熱を吸収しています。

密封:ピストンリングとシリンダーの間の気密を保持し、爆発や圧縮ガスの吹き抜けを防ぐ役割をしています。

洗浄:エンジンオイルを交換しようとすると汚れて真っ黒になっていますが、これはエンジンオイルがエンジン内部に付着する汚れや金属カスを洗い落としているからです。

防錆防食:金属の表面に膜を作り、水分付着を防止してエンジン内部に錆が発生するのを防いでいます。

交換時期

一般的にエンジンオイルの交換は、前回交換してからの走行距離と期間で判断しますが、基本になるのはメーカーが指定している交換時期です。車種やエンジンによっても異なり、メーカーが指定するエンジンオイルの交換時期にも違いがあります。ただし、メーカー指定の交換時期は、一般的な条件を前提にしていますので、気候や使用条件によっては交換時期を早めた方が良い場合もあります。特に近所のお店への買い物などでチョイ乗りばかりが多い場合は、オイルを酷使していますので早めに交換した方が良いでしょう。

エンジンオイルは、車を使わなくても徐々に劣化しますので性能も悪くなります。走行距離が短い場合でも、前回交換してから1年以上経っている場合はオイル交換した方が良いでしょう。

カーショップやホームセンターのカー用品コーナーに行くと、たくさんの種類のエンジンオイルが陳列されていますので、どのオイルを選んで良いか迷ってしまうと思います。しかし、迷ってしまった時は各自動車メーカーで指定している純正エンジンオイルを選ぶと良いでしょう。ただし、純正エンジンオイルは、同程度の市販エンジンオイルに比べると、多少価格が高いことが多いです。

それぞれの車に使えるエンジンオイルは、メーカー純正のものだけではありません。各自動車メーカー以外から市販されているエンジンオイルの中にも純正のものと同程度、もしくはそれ以上の性能を持っているものもたくさんあります。

お急ぎのロードサービスはこちら→